• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

韓国企業が日本を見限る日

ウイン・ウイン関係をつぶしかねない「韓国脅威論」

2010年1月27日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 連載の第2回目は国立ソウル大学国際大学院教授のキム・ヒョンチョル氏に世界不況の中で韓国経済がいち早く回復できた要因などについて聞いた。

(聞き手は坂田亮太郎=日経ビジネス北京支局長)

前回から読む)

 ―― 今、日本と韓国の関係はどのような関係にあると捉えていますか?

 キム 日本と韓国の関係は、百済以来最高の時期にあると言えるでしょう。

 韓流ブームの影響で日本国民の中で韓国、特にハングル語や韓国文化に対する関心は相当高まりました。2009年に韓国を訪れた日本人は300万人にも達しています。一方、韓国でも日本のマンガが大変な人気を博しています。

一部の韓国企業に日本を見限る動き

キム・ヒョンチョル氏
1985年ソウル大学経営学部卒業。86年に慶応大学ビジネススクールにて博士号取得。名古屋商科大学、筑波大学を経て2002年より国立ソウル大学教授に就任。企業変革論や日本企業論に詳しく、日本と韓国で30以上の企業に対して経営課題を助言している。「コンビニエンス・ストア業態の革新」(有斐閣)、「三星電子の営業改革」(韓国経済新聞社)など著書多数(撮影:坂田亮太郎、ソウル市内にて)
画像のクリックで拡大表示

 ただ、良好なのは国民レベルの話です。企業レベルでは交流が乏しくなっており、私はとても心配しています。サムスン電子やLGエレクトロニクスの業績が日本の同業企業に比べて好調であるため、日本国内では「韓国脅威論」が渦巻いています。

 日本がバブルの後遺症で苦しんできた2000年代、韓国企業は日本企業が得意とする高級品市場で世界を席巻しました。携帯電話しかり、薄型テレビしかり。

 グローバルな高級品市場で存在感を高めたのはサムスンやLGであって、日本企業ではありませんでした。その反動から「打倒サムスン」や「打倒LG」の動きが強まってしまったのでしょう。

 韓国に対する脅威論を反映したのか、一部の韓国企業はマーケットとして日本を見限る動きが出始めています。

 人口減少が始まった日本でヒト・モノ・カネを投入するぐらいだったら、世界には魅力的な市場はほかにいくらだってある。そういう考えが根底にあるからです。これは、これまで日本市場の開拓にずっと手こずってきた韓国企業なりの反動があるのかもしれません。

韓国は日本企業の「いいお客さん」

 私はこうした動きは間違っていると思います。韓国と日本の交流は国民レベルでここまで盛んなのですから、韓国と日本の企業はグローバル競争に勝ち残るためにも、もっと協力すべきだと思うのです。

 ―― ライバル企業と協力することに対して、抵抗観を抱く経営者は少なくありません。

 ここに面白いデータがあります。韓国の対日貿易赤字は、ここ数年過去最高額を更新しています。これはサムスン電子など好調な韓国企業が、日本の部品メーカーや素材メーカーから製品をたくさん買っていることが大きな要因となっています。

コメント18件コメント/レビュー

サムスンのブランドイメージってそんなに高いのでしょうか?欧米に於ける韓国製品のTVCMで富士山や桜をバックにしたもの、相撲の小錦を起用したものなどが実在しました。これは日本のブランド力を利用した、はっきり言えば日本製と騙してまで買わせるってことですね。実際にサムスンを日本企業だと思っている欧米人はかなりいます。また韓国製品の取扱説明書の自社紹介のページに地図が出ているのですが、その中心には日本列島がありました。これも日本のブランドイメージを拝借してます。このような戦略を取ることは日本人には信じられません。そこまでして販路拡大を計るってことはある面見上げた根性なのでしょう。しかしながら、騙されていた事に気がついた消費者はそんなイメージを持つでしょうか?スパイ行為、特許侵害、契約不履行など商道徳に掛ける姿勢。あまりにもメンタリティーが異なる民族。これらが既に暴露され訴訟沙汰になってきています。こういうお国を見習ってもよろしいのでしょうか??日経さん、こういう面も『公平』報道すべきでは?『報道しない自由』にはそうとう頭に来ている人が多くなってます。マスコミは自らの存続を掛けて『真実』を報道しないといけない時代ですよ。またこれも掲載されないのですかね?(2010/02/20)

「韓国に学べ」のバックナンバー

一覧

「韓国企業が日本を見限る日」の著者

坂田 亮太郎

坂田 亮太郎(さかた・りょうたろう)

日経ビジネス副編集長

東京工業大学大学院修了後、98年日経BP入社。「日経バイオテク」「日経ビジネス」を経て2009年から中国赴任。北京支局長、上海支局長を経て2014年4月から日経ビジネスに復帰

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

サムスンのブランドイメージってそんなに高いのでしょうか?欧米に於ける韓国製品のTVCMで富士山や桜をバックにしたもの、相撲の小錦を起用したものなどが実在しました。これは日本のブランド力を利用した、はっきり言えば日本製と騙してまで買わせるってことですね。実際にサムスンを日本企業だと思っている欧米人はかなりいます。また韓国製品の取扱説明書の自社紹介のページに地図が出ているのですが、その中心には日本列島がありました。これも日本のブランドイメージを拝借してます。このような戦略を取ることは日本人には信じられません。そこまでして販路拡大を計るってことはある面見上げた根性なのでしょう。しかしながら、騙されていた事に気がついた消費者はそんなイメージを持つでしょうか?スパイ行為、特許侵害、契約不履行など商道徳に掛ける姿勢。あまりにもメンタリティーが異なる民族。これらが既に暴露され訴訟沙汰になってきています。こういうお国を見習ってもよろしいのでしょうか??日経さん、こういう面も『公平』報道すべきでは?『報道しない自由』にはそうとう頭に来ている人が多くなってます。マスコミは自らの存続を掛けて『真実』を報道しないといけない時代ですよ。またこれも掲載されないのですかね?(2010/02/20)

少なくても日本のオンラインゲーム市場によっては韓国企業製の独壇場です。それを見ていると韓国のクリエーターのスキルは馬鹿に出来ないと思うのですが。(2010/02/04)

韓国企業が見限るのではなく、日本の消費者が韓国企業を見限っているという現状認識ができていないことが、致命的のように思います。日本の市場は特殊でもなければ、閉鎖的でもありません。アップルコンピュータの製品は高いシェアを占めていますし、欧州車は、日本車よりも高い価格を維持しています。パソコンの分野では、台湾メーカーの商品が売れています。携帯新規契約台数でトップを独走するソフトバンク社長は、同族の方でしょう。別に偏見があるわけではありません。では何故、シェアがとれないのでしょう。それは韓国に信用と独創性がないからです。海賊版や違法コピーに対し罪悪感を感じない体質や特許問題を解決せずに製造・販売を開始するなど品質以前の問題があります。芸術分野において、国を挙げて熱心に支援活動をされていると伺っていますが、クリエーター育成以前にそういう人として最低限必要なモラルは守ったほうがよいと思いますよ。失礼かもしれませんが、見ていて失笑してしまいます。私は10年前、いずれ画期的な新商品を繰り出してくるのだろうと消費者としてサムスンに期待していました。10年経った今言えることは、「なんだ、私達の製品と何も変わらないじゃないか。」という失望です。10年経って何も出せなかったのです。今後、出してくる可能性は極めて低いと言わざるを得ないでしょう。だから、私は韓国製の商品を買いません。(2010/02/02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長