• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

“サンドイッチ”の恐怖に鍛えられた

国家存亡の危機で身に付けた3つの力

2010年1月29日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 連載の第4回では、韓国産業資源部の元次官で大韓貿易投資振興公社(KOTRA)のチョ・ファンイク社長に、韓国企業の競争力と政府の役割を聞いた。

(聞き手は山崎良兵=日経ビジネス記者)

 ──世界的な経済危機から韓国が真っ先に立ち直りつつある現状をどう見ていますか。

 チョ・ファンイク 危機対応という意味で、韓国は学習能力の高い国だと思っています。リーマンショック後の経済低迷を短期間で克服しつつあるのは、韓国の国民に3つの特徴があったからだと考えています。

 環境が激変しても素早く適応する「変化対応力」、厳しい時にみんなが協力する「団結力」、同じミスを繰り返さない「学ぶ力」です。

同じ過ちを繰り返さない

チョ・ファンイク氏
国立ソウル大学卒、米ニューヨーク大学MBA(経営学修士)、漢陽大学で経営学の博士号を取得。韓国通商産業部産業政策局長、産業資源部次官、韓国輸出保険公社社長を経て、2008年から大韓貿易投資振興公社(KOTRA)社長。韓国の産業、貿易に関する政策に詳しい
画像のクリックで拡大表示

 1997年の通貨危機後に韓国は、後から考えてみれば手痛い失策を犯しました。多くの企業が、短期的に収益を上げられないからと研究所を閉鎖し、エンジニアや研究者を大量に解雇したことです。その結果、韓国メーカーの潜在的な競争力が著しく低下しました。

 しかし今回の危機では、グローバル企業は研究開発分野の人材を解雇しませんでした。今後、韓国企業が競争力を高める力になるはずです。

 逆境に立ちすくむのではなく、厳しい時こそチャンスだと考えて迅速に動いている企業が多い。世界で攻撃的なマーケティングを加速させています。その結果、いろいろな分野で韓国企業の製品の世界シェアが高まっている。

 さらに政府、企業、国民が一致団結して危機を乗り越えようという機運が生まれている。これは通貨危機以降に発揮されるようになった、韓国の新しい競争力だと思います。

日中に押しつぶされる危機感がバネに

 ── 危機を逆に踏み台にして、韓国は躍進しようとしているように見えます。

 韓国では90年代から繰り返し語られてきた「サンドイッチ論」という有名な理論があります。価格競争力に優れる中国と強い技術力を持つ日本。その2国に挟まれて韓国は押しつぶされるといった内容です。この危機感をバネに韓国は努力してきました。

コメント7件コメント/レビュー

韓国企業は下との議論があるが、要は自分の製品の競合相手を良く観察し、それ勝てる工夫をしつつ商売を展開するということであって、それが韓国であろうが米国であろうが、本質的には関係のないことのはずだ。韓国だから方針決定が早いなど、相手の行動予測の上で経営陣の性向を考慮するのは重要である面もあるが、それ以外の要素で韓国だからうんぬんなど議論しているようでは、そのような社員を持つ会社の未来は余り明るく無いのではないかと思う。(2010/02/01)

「韓国に学べ」のバックナンバー

一覧

「“サンドイッチ”の恐怖に鍛えられた」の著者

山崎 良兵

山崎 良兵(やまざき・りょうへい)

日経ビジネス副編集長

日経ビジネス編集部、ニューヨーク支局、日本経済新聞証券部などを経て、2017年1月から日経ビジネス副編集長。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

韓国企業は下との議論があるが、要は自分の製品の競合相手を良く観察し、それ勝てる工夫をしつつ商売を展開するということであって、それが韓国であろうが米国であろうが、本質的には関係のないことのはずだ。韓国だから方針決定が早いなど、相手の行動予測の上で経営陣の性向を考慮するのは重要である面もあるが、それ以外の要素で韓国だからうんぬんなど議論しているようでは、そのような社員を持つ会社の未来は余り明るく無いのではないかと思う。(2010/02/01)

朝鮮人が何を言っても尊敬されないと思います。彼らの言っていることを分析すると、面白いことが解ります。彼らの主張は、実は彼ら自身に最もよくあてはまる事柄なのです。ジャック・アタリ氏が説いておられる通り、21世紀は他利主義の時代だと思います。自己利益のみを追求し、アクセル全開で突っ込み、チキンレースで富を得た朝鮮人が、これからどのような末路を迎えるのか、私達は興味はありません。一方、このままいけば一度、日本は破綻するでしょう。その後にどうやってこの国を再建するのか、その点こそよく検討し、今から備えなければならないことだと思います。そう考えると、韓国のことなどに構っている余裕は、私達にありませんし、検討すべき事例ともなり得ないでしょう。(2010/01/30)

つまり日経新聞は企業を超優遇して労働者は技能を持つ労働者以外は取替え可能な派遣労働者にしていつでも切り捨てられるようにしろといいたいんだろうな。そうすれば確かに企業は高い利益を上げられるだろうからな。「努力するものが報われる社会」「自己責任」というわけだな。(2010/01/30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員