• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「僕はママが好きです!」競い合うように日本語を話す少年たち

Opportunity Schoolで教えてみる【その15】

  • 林 壮一

バックナンバー

2010年2月10日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(前回「少年たちの人生に「セカンド・ウィンド」よ、吹け」から読む)

 少年Bとの別れの日がやって来た。
 ボクシングのミットを持って、私に笑顔を向けた顔が蘇る。

 前夜、考えてはみたのだが、最後の言葉は思い浮かばないままだった。
 この日はテイラー・ハーパーが出勤しており、授業前に彼女の部屋で話をする時間を作った。

「Bね、あなたに本当に感謝しているわよ。お別れ会にも出てほしいって、私たちに言ってきたわ」
「来週はリノにいないから、無理なんだよ。でも、淡々とした別れの方がいい。彼も新たな地で再出発しなきゃならないんだから。嫌な思い出のあるリノのことは一刻も早く、忘れさせてあげようよ」
「ドライなことを言うわね」
「ところで、ニューフェイスのCは、何をやらかしたの? 『僕のガールフレンドにちょっかいを出した奴を、叩きのめしてやった』なんて語っているけれど」
「あの子が一年生のときの担任は私なの。テレビも買えない貧困家庭。母親と、17歳の兄との3人暮らし。生活保護でなんとかやっているわ。17歳の兄っていうのがギャングでね、先日、人を刺して、今は留置所に入っている」
「Cは、一年生の頃から問題児だったの?」
「そうでもないわ。でも、話し言葉や倫理観がギャングそのものになって来たから、私が面倒を見ることにしたのよ」
「どのくらいの予定?」
「最低でも5週間はここで付き合うわ」

 少年Aについても、テーラーは話した。

「私がクレイジーって評する彼の母親ね、精神科の病院に送られるかもしれない。そうなると、Aには保護者がいなくなってしまうから、里親を捜すか、あるいは彼自身と妹も、そういう子が集まる施設に入らなければいけなくなるかも……」

 Opportunity Schoolは確かに画期的なシステムだが、「貧困」「崩壊家庭」という根本的な問題を解決できるわけではない。我々の取り組みは、客観的に見れば「焼け石に水」のようなものであろう。

*    *    *

「ライスボールを食べたことはあるかい?」

 3人に向かって私は問いかけた。

「寿司とは違うの?」
「違うんだ。もっとライスの塊が大きい」
「僕はないな」
と少年A。
「ベースボールくらいの大きさなんでしょ?」
とB。
「もうちょっと小さいかな」
「僕も知らない」
とC。

 この日の授業は「おむすび ころりん」の絵本を読み聞かせする予定でいた。

「ハワイでコンビニエンス・ストアに行くと、レジの横に『スパム・ムスビ』って書いて売っているけれど、メインランドではほとんど売られていないかな」

 私は絵本の表紙を見せながら、「おむすび ころりん」をその場で英訳した。1頁、1頁と進むたびに、彼らは笑った。

「何でランチのライスボールを落としちゃうんだよ」
「畑仕事って、このお爺さんは小作人なの? それとも自分の畑を持っているの?」
「ライスボールが穴に転がるなんて、そんな大きさの穴が畑の傍にあるかよ」

 少年たちは思い思いに感想を述べた。彼らの発言を耳にしながら、3人がいかに幼く、そして純粋なのかが伝わってくる。

「餅もライスからできるの?」
「美味しいの?」
「ネズミの国が地下にあるのか」

 集中力のない少年Bが、この日は絵本からまったく目を逸らさないことにこちらが驚く。ストーリーを英語で説明しながら、私は感じた。

 彼らには、親に本を読んでもらった経験があるのだろうか、と。

コメント7

「ルポ:“弱者”として生きるアメリカ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長