• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

番外編その1 中国の婚恋サイトで、セイントセイヤが大活躍?

2010年2月10日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「聖闘士星矢」(車田正美作)というコミック、アニメをご存じだろうか。

 ちょっと懐かしい! と思う方も日経ビジネスオンラインには多そうだ。読みは「セイントセイヤ」となる。この「聖闘士」がいま中国で急増中。ただし、活躍の場所は婚恋(婚姻恋愛)サイト。最初の文字の「聖」は「セン」と読むのだが、同じ読みの「剰」という字を当てはめている。

 「中国“A女”の悲劇」の中でも(2008年3月14日掲載、リンクはこちら)お話ししたように、中国では「売れ残り」の、でも仕事はデキル女たちを「剰余」の「剰」(あまり)という文字を用いて「剰女(セン・ニュイ)」と呼ぶことがある。が、それではあまりに侮辱的だということから、同じ発音の「聖女」(セン・ニュイ)という文字を当てはめた。しかし、「聖女」は「永久に結婚しない、聖なる女性」ということで、かえってその皮肉度は増すばかり。そんなお話をご紹介した。

 そして昨年あたりから、今度は「聖」の文字を「剰」に変えるという逆方向型が始まった。「聖闘士星矢」の「聖闘士」の部分にある「聖」の文字だけを、同じ発音の「剰」に置き換えて、「剰闘士」という造語がネットに出現したのである。

 これは「売れ残った闘士」という意味で、「剰女」(売れ残り女)および「剰男」(売れ残り男)たちが、婚恋サイト等を通して自分の伴侶を求めようと必死で闘っている姿を揶揄したものだ。

 しかし中国の実態を見れば、揶揄などという呑気なことは言っていられない。

 ある調査によれば、中国はいま「単身潮」(独身潮流)にあり、北京、上海、広州等の都市における結婚適齢期の男女の独身率はいずれも30%を突破している。社会のニーズと婚姻恋愛観の変化により、ネットによる婚姻紹介マーケットは「高速発展期」に突入、婚恋サイトはインターネット業界の新しい創業のホットスポットとなっている。

遠藤誉の新刊が
当サイト連載をベースに登場!

 中国は、「共産党が支配する社会主義国家」がこの地球から消えていくのを防ぐため、個人による金儲けを解禁、奨励してきた。その結果、中国経済は大躍進を遂げ、人々はリッチになった。しかし、その一方で、職に就けない大卒者が七百万人にも達し、階級差が生まれ、農民たちは最下層で貧しさに喘いでいる。さらに結婚できない女性が増え、次代を担う子供たちの人口増加率も減少している……。

 国は生き残ったが、果たして「社会主義」は生き残ったのだろうか?

 昨年、60周年を迎えた新中国は、経済だけは加速しながら、その影で様々な問題が浮き彫りになってきている。「銭」に向かって進んだ結果、今何が起きているのか?

中国で生まれ育った作者ならではの視線で、「金儲け」と「社会主義」の矛盾とからくりに迫る。

 日経ビジネスオンライン連載の「中国“A女”の悲劇」をベースに、改革開放によって中国がどう変わったのかを庶民目線で斬り込み、中国の現在を軽妙なタッチで描いた1冊。

 おまけに今年の2月14日は中国の春節(旧正月)に当たるため、中国語で「情人節」と呼ばれているバレンタインデーと重なり、婚恋仲介業者は大わらわ。婚恋サイトは激しい競争を展開し、各種の「相親」(お見合い)イベントが真っ盛りである。

 今回は「剰闘士」たちの実態をご報告しよう。

「剰闘士」の分類と闘士レベル

 中国語のネットで「剰闘士」と入力すると、親切なことに「剰闘士ってなあに?」という質問が何種類も出てくる。それらをクリックし、一応私なりに整理してみると、概ね次のようなことになる。ここでいう「剰客」とは「剰女」および「剰男」のことで、これは婚恋サイト運営者や婚恋仲介業者から見れば「お客さん」なので、総称して「剰客」という。

25歳~27歳の剰客:初級剰客。
中国では25歳が結婚適齢期の最初のボーダーラインとされているので、「剰余度」が初級。将来の伴侶を探し求めるべく奮闘し続けるだけの気力を十分に持っているので、授けられた呼称は「剰闘士」。
28歳~31歳の剰客:中級剰客。
勝利をつかむチャンスはやや少なくなっている。仕事が忙しく異性の友人に会っている時間が取れない。しかしここで「必勝」を目指さなければ、次のレベルに上ってしまう(落ちてしまう?)ので、頑張らなければならない。よって授けられた呼称は「必剰客」。

※中国語ではピザハットを「必勝客」と書く。この「勝」の文字の発音は、またもや「セン」。「勝」と「剰」の文字の発音の共通性を用いて、「必勝」を「必剰」に置き換えたもの。こういった時のセンスは、さすが漢字の国。

 次あたりからいよいよレベルが上がってくる。

コメント8

「中国“A女”の悲劇」のバックナンバー

一覧

「番外編その1 中国の婚恋サイトで、セイントセイヤが大活躍?」の著者

遠藤 誉

遠藤 誉(えんどう・ほまれ)

筑波大学名誉教授

1941年、中国長春市生まれ、1953年帰国。理学博士。中国で国務院西部開発弁工室人材開発法規組人材開発顧問、日本では内閣府総合科学技術会議専門委員などを歴任。2児の母、孫2人。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本当の問題は労務費ではありません。 熟練技能を持つ職人さんが 少なくなっていることです。

押味 至一 鹿島社長