• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「孤独死」はそんなに大きな問題か

「いのちを守りたい」連発への違和感、偽善に惑わされまい

  • 吉田鈴香

バックナンバー

2010年2月10日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 かつて、谷垣現自民党総裁は、「絆(きずな)」を掲げて総裁選を戦った。昨年末には「今年の漢字」として鳩山首相は、まさしく、この「絆」の一字を「私の好きな一字」として選定した。

 1月29日、鳩山首相は施政方針演説において「いのち」を連発した。「いのちを大切にする政治」を目指すのだという。

 1月31日、NHK番組「無縁社会」が放映された。一人静かに息を引き取る「孤独死」が急増しているのだという。

 「きずな」、「いのち」と「縁」、3者にはある共通点がある。

「無縁社会」の背景に流れるもの

 1月31日夜、NHKの番組「無縁社会」が放映された。「一人で息を引き取る」イコール「無縁」「悲惨」とくくられていた。

 高齢者が一人寂しくひっそり孤独死しているケースが急増している、身元不明の遺体が多く無縁仏として埋葬されている、あなたもそうなるかもしれませんよ、と言わんばかりである。

 特に強調されていたのは、離婚や失業を機に生活苦に陥ったケースのいくつかである。あたかも、離婚するとこうなる、結婚できず子どももいないと一人の老後はみじめ、と恐怖心をあおっているかのようだった。

 しかし、人との縁を大事に暮らすことで「有縁社会」を復活させることができるだろうか。

 「きずな」を重要視すれば可能となるのだろうか。

 現在唱えられている「新しい公共」がまさしく、有縁社会を目指しているのだろうか。

 新しい共同体が、人々の生活と破綻寸前にある政府財政を救ってくれるのだろうか。

 そして、つながりあうことを標榜するツイッターを推進することが新たな直接民主主義の可能性を開き、縁やきずなを復活させ、新しい公共、共同体となるのか。

全体主義の言い換えのようで薄気味悪い

 どうも違うような気がする。残念ながら、「新しい公共」では「縁」は、復活しないだろう。

コメント159

「吉田鈴香の「世界の中のニッポン」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏