• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

アップルの「iPad」、訴求力不足で苦戦は必至?

新ジャンルの市場をどう創出するか

  • BusinessWeek

バックナンバー

2010年2月10日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Arik Hesseldahl (BusinessWeek.com記者)
米国時間2010年2月5日更新 「Apple's Hard iPad Sell

 米電子機器大手アップル(AAPL)は、新型タブレット機「iPad(アイパッド)」の発表で、新しい文化の発信源という企業イメージをさらに高めた。

 米ワシントンD.C.にある報道博物館「Newseum(ニュージアム)」が集めた各地の新聞の1面記事をざっと調べた結果では、米国の47の州とコロンビア特別区のほか、世界6大陸の24カ国で、iPadの写真や記事が1面を飾っていた。その範囲は、ブルガリア、ウルグアイ、トルコ、ポルトガルにまで広がっている。

 特に問題を起こしたわけでもないのに、これほどの注目を集めた企業がかつてあっただろうか。経営破綻して一から出直したわけでも、世界の金融システムの崩壊を引き起こしたわけでも、アクセルペダルが戻らない車を製造したわけでもないのだ。メディアがアップルに熱を上げる現象(BusinessWeek.comの記事を参照:2006年1月12日「The Media's Crush on Apple」)は、衰えを知らないばかりか、世界中に拡大している。

 アップルはこの10年間、携帯音楽プレーヤー「iPod(アイポッド)」とスマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」で、音楽業界と携帯電話業界に大変革をもたらしてきた。このところ同社に大きな注目が集まっていたのは、今度はiPadで出版業界にも同じような変革をもたらすのではと期待されていたからだ。だが、現段階での反応を見る限り、今回発表されたiPadでは、その達成は望み薄だ。

 急激な凋落が続く新聞各社は、業界に活気を取り戻すための突破口としてiPadに期待している。ウェブでは見られないコンテンツを取り入れた斬新なアプリケーションをダウンロードできるようにして、需要を掘り起こそうという考えだ。

 出版各社は、電子書籍の購入を促進する媒体としてiPadに期待し、また出版社による価格決定権をアマゾンに認めさせたいとの思惑から、電子書籍市場で先行する米インターネット通販大手アマゾン・ドット・コム(AMZN)との競争を歓迎する側面もある。

 iPhone向けのアプリ販売で成功を収めたソフトウエア各社(BusinessWeek.comの記事を参照:2009年10月22日「Inside the App Economy」)は、iPhoneより大型のiPadの画面を生かした新型アプリで、さらなる売上拡大を目論んでいる。

新ジャンルの市場を創出できるか?

 だが、先月発表されたiPadの機能やサービスでは、iPodやiPhoneのようには、人々の生活をいかに変革するのかが見えてこない。iPodの場合、2001年の発売時点で、携帯できる音楽再生機器というジャンル自体はソニー(SNE)の「ウォークマン」などで既に確立されており、iPodはその利便性を大きく向上させた。iPhoneについても同じことが言える。携帯電話は既に広く普及していたし、スマートフォンの利用者も相当数いた。iPhoneは、スマートフォンの利便性を大きく高めた。

 iPadには、既に確立したジャンルの刷新ではなく、新たなジャンルの市場の創出という難題が待っている。とはいえ、すべての人にとって未知のジャンルというわけではない。

 筆者は、同社の携帯型電子機器「iPod touch(アイポッド・タッチ)」を愛用しているので、iPadの存在意義は分かる。さらに筆者は、メールをチェックしたり、米大手SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)サイト「Facebook(フェースブック)」で友人と交流したり、米マイクロブログサービス「Twitter(ツイッター)」に投稿したりといった用途にもiPod touchを使う。

コメント6件コメント/レビュー

ケータイでちまちま操作するのが嫌いな僕は買うかもしれない。日経ビジネスの記事もこれで読みたい。起動時間の速さとバッテリーが何時間位持つかがポイント。(2010/02/11)

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ケータイでちまちま操作するのが嫌いな僕は買うかもしれない。日経ビジネスの記事もこれで読みたい。起動時間の速さとバッテリーが何時間位持つかがポイント。(2010/02/11)

失敗しても大丈夫というよりは、リスクが少ないと言った方があっていると思う。使い方がよくわからない新規の端末でありながら、既存の資産(iPhoneアプリ)が使えて、周辺機器(コネクタの形状が一緒なので、たくさん出てくることは確実)も多いので、ある程度は売れるでしょう。そしてアプリ開発者にとっては、市場が広がることになるのは確実なので、そういう意味では魅力的。新しいゲームが出てくることも確実でしょう。(2010/02/11)

iPod Touchは そのうち消えていく商品だと思います。スマートフォンがさらに普及しランニングコストが安くなれば皆、iPhoneを持てば済む。それともうひとつ。私は母にiPod Touchを薦めたいのだが、その大きさがネック。ウェブサーフィンが出来ない事は無いけど、年寄りにはきつい。(ジョブスは 老眼ではないのだろうか?。)iPadなら文句無く薦められる。iPhone、iPod Touchは そのサイズ故に失っているものもある。わたしには ラインナップの意義が充分理解出来ます。(2010/02/10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長