• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

2010年、韓国携帯電話市場はスマートフォンで競争が激化

勝敗を決めるのはOSか

  • 毎経エコノミー

バックナンバー

2010年2月19日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 スマートフォン(高機能携帯電話)は、パソコンのように様々なアプリケーションソフトをダウンロードできるうえ、インターネット接続もできる。韓国通信最大手KTが米アップルの「iPhone(アイフォーン)」の販売を始めて以降、韓国携帯電話最大手のSKテレコムとLGテレコムは、サムスン電子の「OMNIA(オムニア)*フォン」を使ったサービスを始めた。

*OMNIAはラテン語でeverythingという意味を持つ

 サムスン電子は、スマートフォン専用のOSである「パダ」を開発し、モバイルインターネット事業における主導権を逃すまいという強い意志をみせた。iPhoneが韓国携帯電話市場における競争を今やスマートフォン本位に再編しようとしているからだ。

 これまで携帯電話市場は、サムスンとアップルが競争する構図だったが、これからはLG電子とモトローラが新たに競争に加わることになる。フィンランドのノキアと、「ブラックベリー」で有名なカナダのリサーチ・イン・モーション(RIM)も、スマートフォン市場で巻き返しに出てくる。昨年、新しく事業をはじめたSKテレシスも、今年から本格的に製品ラインを拡大する計画だ。

画像のクリックで拡大表示
画像のクリックで拡大表示
画像のクリックで拡大表示
画像のクリックで拡大表示

 激しい競争のおかげで、スマートフォンの価格は大幅に下落した。iPhoneが韓国市場に登場して以降、各通信会社が補助金(端末を購入する際、通信会社が消費者に代わって端末の代金を一部肩代わりする)を上げていることに加え、端末メーカー各社も販売価格を下げているからだ。事実上、今やスマートフォンは無料で手に入る時代になっている。

 2009年の世界のスマートフォン市場の規模は約1億8000万台だった。携帯電話市場の平均年間成長率は9~10%と高いことを考えると、今年はさらに1億台ほど増えて、2億8000万台に達すると予想されている。

 特に韓国の場合、通信会社が消極的だったことからスマートフォン市場の拡大は遅れた。2009年の韓国におけるスマートフォン利用者数は約128万人とされ、通信会社が抱えている全加入者数の2.7%に過ぎない。今年、韓国のスマートフォン利用者数は50万~100万人に増えると予想する業界関係者は多い。

コメント0

「韓国発 毎経エコノミー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「昔、SOMPOは保険会社だったらしい」と言われたい。

桜田 謙悟 SOMPOホールディングス グループCEO社長