• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「仲間のために働くことこそ、スランプに耐える方法だ」

  • 林 壮一

バックナンバー

2010年3月4日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 1975年7月20日にアメリカ空軍基地で産声を上げた少年は、親の配属に伴い、ドイツ、イギリス、米国内ではオクラホマ州、カリフォルニア州、サウス・キャロライナ州などを転々とした。5人きょうだいの3番目。

 父親は空軍内で、溶接のスペシャリストと呼ばれていた。母親はアーカンソー州の綿花畑で土まみれになって働く幼少期を過ごしている。彼女が空軍に入隊した理由は外の世界を覗いて、視野を広げてみたかったからだ。空軍は、ほぼ3年ごとに転属となる。彼女にとって、新しい土地で生活することは冒険であり、刺激でもあった。

 両親が軍人であったから食うには困らないし、基地内の教育は充実している。そんな状況下で少年はバスケットボールと出会い、腕を磨いた。

(写真/高堂 悠、以下同)
画像のクリックで拡大表示

 高校に入る頃には全米で指折りの選手に成長し、サウス・キャロライナ州最強チームを率いるようになる。コネチカット大学に進学すると、さらにビッグネームとなっていった。

 強豪、ボストン・セルティックスのシューティング・ガード、レイ・アレン。2008年にチャンピオンとなり、9度オールスターに選出されたエリート選手である。次の誕生日で35歳となる彼を「ピークを過ぎた」と報じるメディアもあるが、現在もNBAのトップ選手として活躍し、1800万ドル強の年棒を稼ぐスターだ。

スパイク・リーの映画に準主役で出演

 アレンは若手時代、スパイク・リー監督の映画「He Got Game」に準主役として出演した。主役は、あのデンゼル・ワシントンだ。

 「He Got Game」の粗筋を記しておこう。

 住まいは黒人街の小さなアパート。所謂ゲットーである。アパートに隣接されたコートで、父親は来る日も来る日も幼い息子にバスケットボールを教えた。息子が人生を切り拓き、貧困から抜け出すには、他に術が無いと信じていた。

 ある日、スパルタ指導に嫌気がさした息子は父に反抗する。ボールを放り投げ、自宅に戻った。夕食のテーブルに着いても、父は息子への説教をやめない。それを止めようと間に入った母親を、父は殴り倒す。母は、その一打が原因で命を失ってしまう――。

画像のクリックで拡大表示

 数年後、高校バスケット界のスーパースターとなった息子は、数々の大学やエージェントから甘い言葉を囁かれる。周囲の大人たちも金を握らされ、天才プレイヤーの説得係を命じられる。収監されている父親もであった。

 スパイク・リーらしく、黒人社会を鋭く抉った作品だ。映画が公開された1998年、私はアメリカンの記者仲間に「お前好みの映画だから、絶対に観ろ」と言われ、シアターに足を運んだ。息子役を演じたレイ・アレンを知ったのは、同作品においてである。

 名門ボストン・セルティックスのまとめ役であり、ベテランとして安定したパフォーマンスを見せるアレンは、紳士として知られる。1月下旬、試合前の彼にマイクを向けてみた。スクリーンの彼より老けてはいたが、笑顔は変わらない。

コメント1

「ルポ:“弱者”として生きるアメリカ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト