• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ニューヨークを仕切る男
ハワード・ルーベンスタイン

2010年3月5日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ハワード・ルーベンスタイン。
 日本のメディアが彼を取り上げることはまずない。だが、ニューヨークのメディアで仕事をしていて彼の名を知らないとしたら、その人はもぐりである。

 「パワーブローカー」「ディーン・オブ・ダメージ・コントロール」「ザ・フィクサー」など様々な異名を取るルーベンスタインは、ニューヨークの名士たちがいさかいを起こすと間に割って入り、名士が窮地に追い込まれるとメディア対策に辣腕を発揮する。ニューヨークのパワーバランスを誰よりも深く理解し、いかにふるまえば影響力を行使できるかを確かに理解している男、それがハワード・ルーベンスタインである。

 その影響力の源泉はどこにあるのか。6番街54丁目にあるオフィスを訪ねインタビューした。

ニューヨーク・ヤンキースも顧客

 ハワード・ルーベンスタインは1932年にブルックリンで生まれた。父は新聞記者。ペンシルベニア大学で経済学を学び卒業した後、母の希望に従いハーバード・ロースクールに入学したが、法律の世界になじめず2カ月で退学している。

画像のクリックで拡大表示

 その後、父の助けを得ながらPRの仕事に進み、1954年にルーベンスタイン・アソシエーツを設立。以後、PR業一筋の人生を歩んでいる。ただし、その後、別の夜学のロースクールに入り直して弁護士の資格を取得している。

 ルーベンスタイン・アソシエーツは、近代美術館、コロンビア大学、ロックフェラーセンター、ニューズ・コーポレーション、ブルームバーグL.P.など450を超えるクライアントを持ち、200人以上のスタッフをかかえる。

 妻のエイミーは、ニューヨークで評判のレストラン、ピーター・ルーガー・ステーキハウスのオーナーである。

 ルーベンスタインの活躍ぶりを、「ニューヨーカー」2007年2月12日号に掲載された記事から紹介しよう。

 例えば、タブロイド紙「ニューヨークポスト」が「ニューヨークデイリーニューズ」発行人のモート・ザッカーマンの私生活を、「デイリーニューズ」が「ポスト」を所有するニューズ・コーポレーションCEO(最高経営責任者)のルパート・マードックの私生活を書きたてたことがあった。この時に事態の収拾にあたったのはルーベンスタインで、彼のとりなしによりまもなく両紙からライバル紙のオーナーの記事は消えた。

コメント1

「茂木崇の「タイムズスクエアに魅せられて」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック