• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

何だったんですか?政権交代って

もう待てない。「ウィッシュリスト」を出そう

  • 吉田鈴香

バックナンバー

2010年3月10日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 政権交代から半年がたった。
 残念なことであるが、今、日本を失望感が覆っている。
 失望とは、事前の期待値と事後の実現値との差が大きければ大きいほど、起きるものだ。

 昨年の総選挙前に国民の民主党政権への期待は、非常に大きかった。大き過ぎたのかもしれない。自民党への失望がそのまま民主党への期待に移り、「政権交代すれば自民党よりは少なくとも何かましな政治をしてくれるのでは」「自民党にお灸をすえる」という思いが加わって、バブルを呼び込んだのだった。

 ああ、われわれ国民は、この政党を選んでしまったのだ。やりきれない思い、失望と怒りと、またか、の思いが交錯する。

 この失望感を、「何だったんですか?政権交代って」と言い表したい。

ネガティブ情報ばかりの政権

 われわれは、いまだに政権交代の利益を一切実感できていない。それどころか、ネガティブな情報ばかりを耳にする。

 日教組など組織ぐるみの選挙違反行為を裏づけにした政治活動。

 国の根幹をなす安全保障と外交では「新たな日米関係を一から構築し直す」との掛け声ばかりで、方向性すら示されない。

 民主党に投票したはずが、国民新党に肝心な経済と財政の方針を決められる。

 幹事長にはカネにまつわる黒い噂が絶えず、首相は「法的責任を果たせば道義的責任はなし」とばかりに責任逃れをする。

 前回書いた選択的夫婦別姓と非嫡出子の相続権を含む民法改正だけが、民主党らしさのうかがえる項目だが、実現はなかなかに厳しそうだ。

選挙を繰り返しても溝は埋まらない

 では、民主党の政治は選挙を重ねれば落ち着くかといえば、そうとは思えない。理由はいくつかある。

コメント278

「吉田鈴香の「世界の中のニッポン」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長