• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「タイソンはなぜ1億ドルも稼いだのに破産したと思う?」

Opportunity Schoolで教えてみる【その17】

  • 林 壮一

バックナンバー

2010年3月11日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(前回「賢く強く健気な子に、何もしてあげられないのか?」から読む)

 翌日も少年Aは私の授業を受けられなかった。なので、少年Cとの個人レッスンになった。

「今日も眠たそうだな。また遅くまで働いたのか?」
「うん・・・」

 Cの左目の上には傷があった。

「どうしたんだい?」
「フリーマーケットで喧嘩になっちゃって」
「ボクシングを使っていないだろうな?」

 私はかなりきつい口調で咎めた。

「少し、パンチを出した・・・」
「約束を破ったのなら、俺はもうお前にボクシングを教えないよ」
「違うよ! 先生。自分を守るためには仕方なかったんだ。仕掛けて来たのは向こうなんだから」
「とにかく、今日は教えない」
「ごめんなさい」

 前日に続いて、教室の隅からAがチラチラと我々に視線を送っている。

 この日、私はCに日本語で曜日を教えた。数同様、非常に飲み込みが早い。ノートもきちんと取るし、集中力も切れない。

「今日は何曜日だ? 日本語で言ってごらん」

 そんなふうに問いかけても、正しい答えが返って来る。

 次に「僕の誕生日は●月×日です」を教え、母親や兄のバースディを日本語で説明してみろと伝えた。

母親の誕生日を知らないC

「知らないや、ママの誕生日がいつだか」
「嘘を言うなよ」
「本当に知らない」
「お兄さんのも?」
「うん」

 シングルマザーの下で育ち、ギャングの実兄が人を刺し、収監されていることは知っていたが、家族の絆が希薄なのかな、と案じる。

「眠いか?」

 Cの目の下には隈がある。それを指差しながら、私は質した。

「ちょっとね」
「じゃあ、『僕は眠たいです』って言ってみようぜ」

 と、私は3つのセンテンスをホワイトボードに記した。

 ぼくは、きのう、とてもながくはたらきました。
 ぼくは、つかれています。
 ぼくはねむたいです。

 発音してみろと促すと、Cは口を尖らせ、必死でホワイトボードに書かれた文字を読み上げた。

「いいねぇ。飲み込みが早いねぇ。3つとも覚えちゃおうねぇ!」

 褒めると、Cはやる気を見せる。
 だが、顔に疲労の色が滲んでいるので、わたしは40分ほどで授業を切り上げた。

「バスケットでもやろうか? リフレッシュになるかもしれない」

 Opportunity Schoolには小さな庭があり、180センチくらいの高さのリングが備えられている。10分弱、私は彼とフリースローをして遊んだ。

 シュートを打ちながら、彼に質問した。

コメント3

「ルポ:“弱者”として生きるアメリカ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本音と建前が違うことが問題の温床になっている。

川野 幸夫 ヤオコー会長