• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

クリーンエネルギー投資、アジアが世界を牽引

世界金融危機による激減から回復基調に

  • BusinessWeek

バックナンバー

2010年3月25日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Angus McCrone (Bloomberg New Energy Financeチーフエディター)
Alice Hohler (Bloomberg New Energy Financeエディター)
米国時間2010年3月16日更新「Clean Energy's Bright Rebound

 クリーンエネルギー産業はこの1年半、市場環境の激動に翻弄されてきた。まず、ウインドファーム(大規模風力発電施設)やソーラーパーク(大規模太陽光発電施設)などのプロジェクトの資金繰りが困難になったことや、昨年12月にデンマークのコペンハーゲンで開催された第15回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP15)の成果が期待外れに終わったことに苦しんできた。

 その一方で、再生可能エネルギー技術のコストが大幅に低下し、業界のコスト競争力の向上や、主要各国が1840億ドル(約16兆6000億円)に上る「グリーン・ニューディール政策」の実施を打ち出したことなど、明るい材料もあった。

 3月17~19日に英ロンドンで開催の年次会議「ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス・サミット」での主要議題は、今後10年間のクリーンエネルギー産業の見通しと、二酸化炭素(CO2)排出削減に向けた適正な政策メカニズムの確立だ。同会議には、世界中の関連産業界や投資業界、政府のクリーンエネルギーやCO2排出削減問題の専門家ら総勢300人が参加する。

 2009年、クリーンエネルギー投資は前年比で減少したが、驚くほど急速な回復を見せた。2009年は、ほぼ一貫して、クリーンエネルギー投資は2008年の水準よりも大幅に減少するとの見方が強かったが、最終的な投資総額は1450億ドル(約13兆円)に達し、過去最高だった2008年の1550億ドル(約14兆円)と比べ、わずか6.5%減にとどまった。

 昨年の投資の勢いは、世界の地域ごとに大きく違った。小規模なプロジェクトや民間・政府のRD&D(研究開発・実証)プログラムを除いた新規投資は、欧州・中東・アフリカ(EMEA)地域では15%減、米州地域では26%減となった一方、アジア・オセアニア地域では、風力発電投資が主な牽引力となって25%近く増加した。アジア・オセアニアのクリーンエネルギー分野の新規投資額は373億ドル(約3兆4000億円)で、290億ドル(約2兆6000億円)だった南北米州を初めて上回った。EMEAの投資額は453億ドル(約4兆1000億円)で、地域別では依然として世界一の規模だった。

クリーンエネルギー投資が回復

 2004~2008年、世界のクリーンエネルギー投資は、330億ドル(約3兆円)から1550億ドル(約14兆円)に急拡大した。2008年後半、金融危機がクリーンエネルギー産業の目覚ましい成長に急ブレーキをかけ、最も冷え込んだ2009年第1四半期には、クリーンエネルギー産業への金融投資はわずか1年少し前の最盛期から5割以上減少した。

 その後、中国の急成長や、大型洋上ウインドファーム計画の実現に向けた資金確保、金融市場の着実な市況改善といった好材料を受け、クリーンエネルギー投資は急速に回復。数年前に比べれば成長率は鈍化しているものの、政府系開発銀行の迅速な支援策や政府の景気刺激策により、民間の投資活動は再び活発化している。

 2009年のクリーンエネルギー産業への金融投資総額(RD&Dを除く)は、1120億ドル(約10兆1000億円)に上り(2008年は1220億ドル=約11兆円)、第2~4四半期の四半期平均の投資額は310億ドル(約2兆8000億円)に達した。

 投資回復の原動力となっているのは、中国の大型風力発電所や英国の洋上ウインドファーム、スペインの太陽熱発電所など、特定の技術や国を対象とする投資だ。

 アセットファイナンス(資産の担保価値に依存した資金調達)によるクリーンエネルギー事業向けの投資は、2009年の投資総額1450億ドル(約13兆円)のうち、920億ドル(約8兆3000億円)を占めた。一方、新エネルギー関連の発電機器メーカーや技術企業が株式市場で調達した資金は130億ドル(約1兆2000億円)、ベンチャー投資会社やプライベートエクイティ(非上場株)投資会社から調達した資金は66億ドル(約6000億円)だった。残りが、政府や企業の研究開発(R&D)と小規模プロジェクトへの投資だった。

政府のグリーン・ニューディール政策が民間投資を促進

 政府の景気対策予算は、予想された金額よりは小規模だったものの、2009年のクリーンエネルギー投資を下支えした。英銀大手HSBC(HBC)の推計では、世界中の政府が「温暖化対策」目的に割り当てた財政予算は計4300億ドル(約39兆円)に上るという。

コメント0

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リストラなどつらい経験もありましたが、多くの山に登ったことで、別の景色が見えやすくなりました。

吉田 秀俊 VAIO社長