• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

チェンマイ・イニシアチブと国際金融制度の行方

IMFだけでない地域金融協力システムが必要な理由

  • 黒田 東彦

バックナンバー

2010年4月2日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2008年9月のリーマンショックで深刻化した欧米の金融危機も、その後の欧米当局による金融機関の救済と財政金融の超緩和により、いまや峠を越したかに見えます。欧米向け輸出の急減の影響で2009年前半には景気後退に陥ったアジア新興国も、1997~98年のような金融危機を経験することなく、内需中心のV字型回復を遂げています。

 しかし、アジア諸国はかつての金融危機の経験を忘れていません。1999年に始まったASEAN+3(日中韓)による金融協力は2000年にチェンマイ・イニシアチブの合意をもたらしましたが、その後もさまざまの拡充努力が続けられ、2009年には、チェンマイ・イニシアチブのマルチ化が決定されました。これは1997年に提案されたものの実現しなかった「アジア通貨基金」に似た機能を持っています。

 一方、欧州の金融危機はギリシャの財政危機を通じてユーロ制度に影響を与えており、「欧州通貨基金」構想が議論される事態になっています。これは「アジア通貨基金」やマルチ化されたチェンマイ・イニシアチブを連想させるものです。

 そこで、今回は、チェンマイ・イニシアチブの経緯と今後を展望し、それによって将来の国際金融制度の行方を占うことにしたいと思います(なお、その際、最近アジア開発銀行=ADB=とアジア開発銀行研究所=ADBI=がコロンビア大学と共催した「今後の国際準備通貨制度」というコンファレンスにおける議論を活用しますが、もとより私見であり、ADBの公式見解ではありません)。

チェンマイ・イニシアチブのこれまでの経緯

 1997~98年に東アジアを襲った金融危機は、「21世紀型」の通貨・金融危機といわれました。それは、従来よく途上国に見られた「放漫財政-通貨増発-インフレ-国際収支危機」というものと異なり、健全財政の下で、民間金融機関が過剰な外貨借り入れを行ったことからバブルが発生し、その崩壊とともに資本が急速に流出して通貨・金融危機に陥ったものだったからです。そして、それは、1997年7月にタイで始まり、瞬く間にインドネシア、韓国と東アジア全域に広がって行ったのです。

 こうした危機に対し、国際通貨基金(IMF)は従来と同様な財政金融の引き締めと為替切り下げをこれら諸国に要求しました。しかし、財政は引き締める必要がなく、むしろ不況に対して財政政策を発動すべきでした。また、為替下落による物価上昇に対して金融を極端に引き締めさせたことから、企業や金融機関の倒産が続出し、通貨・金融危機は全面的な経済危機に進行していったのです。

 当時、日本は、財政金融の過度な引き締めより、危機に陥った金融機関の救済と十分なIMF支援の必要性を主張しました。しかし、欧米諸国とIMFは旧来型の対応に固執していました。そこで、日本は、タイにIMFが40億ドルの金融支援しか供与しないなかで、IMFと同額の40億ドルを支援するとともにアジア諸国に呼びかけて総額105億ドルの2国間支援パッケージを主導しました。それでもタイの危機は収まらず、インドネシアなどに波及していきました。

コメント0

「マニラ便り―アジア経済の現場から」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「昔、SOMPOは保険会社だったらしい」と言われたい。

桜田 謙悟 SOMPOホールディングス グループCEO社長