• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

世界チャンプと息子、貧民街での誓い

  • 林 壮一

バックナンバー

2010年4月15日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「子供を育てるようになってみて、親父がどんな気持ちで、お前さんの成長を見守っていたのかが、よく分かるだろう?」
「痛いほどに」
「キミらを守るために45歳までリングに上がって、血みどろになっていたんだぜ」
「はい、理解しています。父は僕の誇りですよ」

 ペンシルヴェニア州フィラデルフィアで生まれ育った25歳のボクサーと向かい合っていた。彼の名はティム・ウィザスプーン・ジュニア。元世界ヘビー級チャンピオン、ティム・ウィザスプーン(52)の長男である。

 間もなく第2子が誕生するジュニアは、結婚を控えていた。第2子はボーイだそうだ。2006年12月に長男が生まれた時、ジュニアは息子を「ティム・ウィザスプーン3世」と名付けている。

 ジュニアは話した。

「初めてあなたに会った時、僕はまだ中学生でした。小学校の最後の学年だったかな? 時の流れは速いですね」
「そうだね。白髪が増えて、こちらは、すっかりオッサンになってしまったよ」
「あなたの息子さんは1年生ですよね」
「そう。娘は、まだ2歳」
「合衆国生まれだから、国籍はアメリカでしょう」
「うん」
「この間生まれたばかりだと思っていたのに、もう小学生だもんな。今度のバースディで7歳ですか?」
「あぁ、7月でね」
「信じられないなぁ」
「14歳だったキミがパパになったことだって、俺には信じられないよ。あの頃は170センチに満たなかったキミが、見上げるほどになっちゃって」
「ハハハ、今は183センチになりました。父ほどデカクはないですけれど」

 礼儀を弁えた好青年である。親の躾がよかったのだろうと、胸が温かくなる。

人生にあがくチャンピオンたち

 1996年の夏、私はアメリカに渡った。理由は「ボクシング・ノンフィクションを書くため」だった。日本ではなく、どうしても本場を舞台に取材したかった。

 自分がボクサーだった頃に憧れたチャンピオンたちとの絆を作りながら、まずは雑誌で記事を発表していった。煌びやかな現役スター選手をレポートすることも楽しかったが、何故か私は人生に足掻きながら拳を振るうタイプに惹かれた。ティム・ウィザスプーンと、この連載で1年前に記したアイラン・バークレー(「『勝つだけでは、拳だけでは、搾取から逃れられなかった』」)は、その典型である。

 付き合い始めた頃、ウィザスプーンに連絡を取るのは骨が折れた。半年近く使用料を滞納し、電話を止められてしまっていたのだ。世界ヘビー級王座に2度も就いた男が、こんな生活をしているのかと、現実に驚いた。

 ウィザスプーンにはジュニアの他に4人の娘がいる。子供はもうけたが、入籍はしていない。アメリカ人には、そんなタイプが多い。しかし、彼は全ての子供を引き取り、父親の義務を果たそうと奮闘していた。

「本音を言うなら、引退して指導者になりたい。でも、現役を続ける方がカネを得られるんだ。1試合で、2万ドルは稼げるからな」

 “元世界ヘビー級王者”という肩書きを買われ、ウィザスプーンは弛んだ身体でリングに上がった。派手なKO勝ちを見せたこともあるが、目を覆う内容でキャンバスに沈んだことも少なくない。

 当初私は記者として彼と接していたが、友人となり、仲間になり、しまいには肉親のような関係になった。セコンドの手伝いを任されたこともあるし、今はブラザーと呼び合っている。

コメント1

「ルポ:“弱者”として生きるアメリカ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官