• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

国民の声「希望、挑戦、オープンな機会を!」

ウィッシュリストの集計結果を報告します

  • 吉田鈴香

バックナンバー

2010年4月12日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前々回、読者の皆様に自由回答でご意見を願ったウィッシュリストは、3月31日で締め切った。非常に多くのご意見をいただいたことに、深く感謝したい。

 その集計をようやく終え、今回は、それを報告する。

「世論」ではない「声」を集めた

 前回末尾でお断りしたように、この試みは、本欄にお答えいただいた読者の皆様と私との協働で作り上げる1つの世論であって、決して、絶対的な「世論」だとは思っていない。

 国民と政府とのチャネルがないことをかんがみ、ならば、読者の皆様の声を集め、政府に届けてみようではないか、と提起したのが動機だ。

 「世論」といわないのは、1つには、本音を自らの言葉で述べていただきたいために、傾向が読めない自由回答にしたこと。もう1つは、回答者が本欄読者という一定の人々に限られ、しかも、年齢、性別にも何ら制限を設けなかったため、サンプル調査としては不十分だからである。

 今回の公募では、選択方式ではなく自由回答をお願いしたため、書き方は多様になった。長文回答を下さった方もあれば、キーワードを記入するだけの方もあれば、この試みの否定と記事への批判、政権批判を寄せてくださった方も数多く含まれていた。

世論調査の専門家の指導を受けて集計

 私はすべてを読み込み、設問と答えが符合しない場合でも、どの設問への答えとするのが適切かを判断し、取り上げるよう務めた。部分的に回答に空欄が生じたものもあったが、275の回答のうち、有効回答は246であった。

 集計にあたって、世論調査の専門家の指導を受け、その方法を決めた。

 まず、すべての回答からキーワードを抜き出す。1人で複数のキーワードを提示している場合は、それらすべてを取り上げる。

 次に、キーワードが似ている答えを類別して、グループを作る。

 最後に、傾向が似ていて同じグループに入れられるものは1つにし、項目数を減らす。

 データ分析は、すべて私が手作業で行った。

希望、安全、安心、チャレンジできる国に

 第1問は、「あなたは日本をどんな国にしたいですか(ビジョン)」である。回答をグラフにまとめた。

 トップを占めたのは、希望、チャレンジ、自由、オープンな機会、安全、安心な法治国家、次世代に負を残さない、という未来に希望が持てる国にしたい、という回答であった。

 次に多かったのは、世界貢献、世界のリーダー、世界の手本となる国、他国から信頼される、誇りを持てる国という回答であった。誇らしい国であってほしいという願いを感じさせる内容だ。上記2つで回答の3分の2を占めた。

 3番目には、かなり数値が下回って、暮らしに関係する回答が来た。すなわち、環境、豊かさ、持続可能な社会、高い生活水準を求める声である。

 4番目には勤勉な国民が働ける国でありたい、と読める国家像であった。

コメント9

「吉田鈴香の「世界の中のニッポン」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の未来は、男性と同じ程度、女性のリーダーが作っていくものだと確信している。

ビル・エモット 英エコノミスト誌元編集長