• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

国民の声「希望、挑戦、オープンな機会を!」

ウィッシュリストの集計結果を報告します

  • 吉田鈴香

バックナンバー

2010年4月12日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前々回、読者の皆様に自由回答でご意見を願ったウィッシュリストは、3月31日で締め切った。非常に多くのご意見をいただいたことに、深く感謝したい。

 その集計をようやく終え、今回は、それを報告する。

「世論」ではない「声」を集めた

 前回末尾でお断りしたように、この試みは、本欄にお答えいただいた読者の皆様と私との協働で作り上げる1つの世論であって、決して、絶対的な「世論」だとは思っていない。

 国民と政府とのチャネルがないことをかんがみ、ならば、読者の皆様の声を集め、政府に届けてみようではないか、と提起したのが動機だ。

 「世論」といわないのは、1つには、本音を自らの言葉で述べていただきたいために、傾向が読めない自由回答にしたこと。もう1つは、回答者が本欄読者という一定の人々に限られ、しかも、年齢、性別にも何ら制限を設けなかったため、サンプル調査としては不十分だからである。

 今回の公募では、選択方式ではなく自由回答をお願いしたため、書き方は多様になった。長文回答を下さった方もあれば、キーワードを記入するだけの方もあれば、この試みの否定と記事への批判、政権批判を寄せてくださった方も数多く含まれていた。

世論調査の専門家の指導を受けて集計

 私はすべてを読み込み、設問と答えが符合しない場合でも、どの設問への答えとするのが適切かを判断し、取り上げるよう務めた。部分的に回答に空欄が生じたものもあったが、275の回答のうち、有効回答は246であった。

 集計にあたって、世論調査の専門家の指導を受け、その方法を決めた。

 まず、すべての回答からキーワードを抜き出す。1人で複数のキーワードを提示している場合は、それらすべてを取り上げる。

 次に、キーワードが似ている答えを類別して、グループを作る。

 最後に、傾向が似ていて同じグループに入れられるものは1つにし、項目数を減らす。

 データ分析は、すべて私が手作業で行った。

希望、安全、安心、チャレンジできる国に

 第1問は、「あなたは日本をどんな国にしたいですか(ビジョン)」である。回答をグラフにまとめた。

 トップを占めたのは、希望、チャレンジ、自由、オープンな機会、安全、安心な法治国家、次世代に負を残さない、という未来に希望が持てる国にしたい、という回答であった。

 次に多かったのは、世界貢献、世界のリーダー、世界の手本となる国、他国から信頼される、誇りを持てる国という回答であった。誇らしい国であってほしいという願いを感じさせる内容だ。上記2つで回答の3分の2を占めた。

 3番目には、かなり数値が下回って、暮らしに関係する回答が来た。すなわち、環境、豊かさ、持続可能な社会、高い生活水準を求める声である。

 4番目には勤勉な国民が働ける国でありたい、と読める国家像であった。

コメント9件コメント/レビュー

耳当たりの良いキーワードを恣意的に拾い集めて統計処理しただけで大して意味がある結果には思えませんが…こんなものを持ちこまれても政治家のみなさんもお困りになるのでは。あと「教育」がキーワードになる、その気持ちはよく分かるのですが、それはつまり、みなさん実は他人事ですよね?「世の中が良くならないのは若いもんがダメだからで、若いもんがダメなのは教育が悪いからだ」と思っていませんか?「自分の身内は幸運にも良い教育を受けられた良い人間ばかりだが、世の中には良い教育を受けられなかった奴らが大勢いてそれが社会をダメにしている」とか思っていませんか?教育の問題はそこにはないのが分かっていて教育に言及された方はどれくらいおられるのでしょう?この分析からは分かりませんよね?結局、正しい設問と正しい結果分析がないウィッシュリストでは何も分からないと思いますが。(2010/04/15)

「吉田鈴香の「世界の中のニッポン」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

耳当たりの良いキーワードを恣意的に拾い集めて統計処理しただけで大して意味がある結果には思えませんが…こんなものを持ちこまれても政治家のみなさんもお困りになるのでは。あと「教育」がキーワードになる、その気持ちはよく分かるのですが、それはつまり、みなさん実は他人事ですよね?「世の中が良くならないのは若いもんがダメだからで、若いもんがダメなのは教育が悪いからだ」と思っていませんか?「自分の身内は幸運にも良い教育を受けられた良い人間ばかりだが、世の中には良い教育を受けられなかった奴らが大勢いてそれが社会をダメにしている」とか思っていませんか?教育の問題はそこにはないのが分かっていて教育に言及された方はどれくらいおられるのでしょう?この分析からは分かりませんよね?結局、正しい設問と正しい結果分析がないウィッシュリストでは何も分からないと思いますが。(2010/04/15)

「意外であったのは、第3位に「教育」が上がったことだ。」←吉田さんは現実を知らないんですね。今までのコラムに同意できるものが少なかったことが理解できました。私は小学生二人の父親ですが、現在の教育内容は一昔前(私の子供のころ30年前)のままで、今の生活に必要でかつ役に立つことが全く入っていません。最近は修学旅行でTDLやUSJに行って遊ばせるそうです。ここだけなぜか、現実に合わせています。子供&先生たちの行きたいとこのNo.1ですから。でも子供の教育になんの役に立つのでしょう?成功しているビジネスモデルの現場見学でしょうか?(2010/04/14)

日本人は本当に平和ボケしていますね。「希望、安全、安心、自由な法治国家」なんて現実的に出来る訳がないじゃないですか。安全・安心は現状は軍事力で守られる。自国で核を持つか、アメリカに核の持ち込みを認めて頼るしかない。「希望」は国家の人口の増加と経済の発展によって生まれる。経済を発展させるためには、発展途上国の外国人労働者や移民を受け入れて、最低賃金を見直し、安価な賃金で働かせてもよい法律を創らないといけない。輸出で経済が保たれている国で、人件費が高いのでは国際価格競争力がない。日本経済の衰退の根本的な原因がここにある。でも、発展途上国の外国人労働者や移民が日本に多く入ってくると、安全と安心を維持するのが難しくなる。要するに、安全と安心は経済発展と相反する関係にあることを理解しなければならない。日本人はもっと世界の中の日本を意識しなければいけない。政治も教育もそうならないといけない。(2010/04/13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長