• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

みんなの願いは、なぜ官邸、自民党に届かないか

みんなの党の渡辺喜美代表にインタビュー

  • 吉田鈴香

バックナンバー

2010年4月21日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回、誌上で募ったウィッシュリストの結果を発表した。この結果を、平野官房長官にお渡ししたいと、電話をした。

「郵送してください」

 官邸にある官房長官秘書官に電話をした。
 「どの秘書官ですか」と、電話に出た方。
 「お名前は分かりませんが」と前置きして、私は用件を述べた。
 「お待ちください」といわれてつながったのが、報道課だった。
 私はまた用件を述べた。
 「日経に書いたのでしたら、日経新聞の人に渡してください」と先方。
 「これは日経ビジネスオンラインという別のメディアで、個人名で行ったことなので新聞社の方針とは違います。だから、私個人でうかがいたいのです」と、私。
 「では郵送してください。来ても入れませんから」
 「どなた宛にお送りすればいいでしょうか」
 「誰でも。結果は同じですから」

 ということで、私は官房長官宛に、カラーでプリントした前回の記事を郵送した。

 また、野党の方にも、ひとつの民意ということで読んでいただきたいと思ったので、自民党の改革派、河野太郎議員と、みんなの党の渡辺喜美代表に電話をした。

 河野議員の秘書からは、ファクシミリで用件を書いて送付してほしいと言われたため、そのようにした。その後、手渡しで受け取っていただけるかどうかの確認の電話をしたが、「本人に聞いてみます」という答えであった。官房長官にも河野議員にも私はつてがない。正攻法で当たり、このような結果(4月18日)であるが、河野議員からの正式な返答を現在もまだ待っている状況である。

 一方、すばやく返事をくれたのは、みんなの党渡辺代表である。11月にインタビューしたことがあったため、私の名前を覚えていてくださったようだ。30分だけとの制限つきながらうかがうことができた。以下、そのインタビューである。

「オピニオンリーダーと言われる人の声」

 ―― 日経ビジネスオンラインでウィッシュリストを読者の皆様と作りましたので、コメントをいただきたいと思います。(と、前回記事と同じことを、グラフを指しながら説明)これは、みんなの願い、ということですが、官邸にも、自民党にも送っているのですが、どうも反応がなくて…。

 渡辺 たぶんこの調査は、日本のオピニオンリーダーといわれる人たちの声を集約しているものじゃなかろうか、と思うんですね。したがって、ある意味、時代の先行指標になっている可能性が高いと思います。

 まず、どんな国にしたいかというビジョンですが、今結果を見ると、私がかねがね申し上げてきた、「当たり前の自由社会」「一人前の国家」というビジョンに近いんじゃないかと思うんです。それは私が10年くらい言い続けてきたことなんですね。無謀にも、自民党総裁選に小泉さんと並んで立候補しようとして作ったキャッチコピーが、この2つだったんです。

 要するに、自由社会というのは、まさに国民が主役の、希望と安全と安心できる社会であり、自由社会の一番大切な倫理は、力の強い人がやりたい放題やってはいけませんということなんですね。強者がやりたい放題やる社会は、弱肉強食。自由社会はそれを超越した社会。だからですね。自由社会では困ったときには助け合うという互助の精神が隅々にまで張り巡らせられねばならない。

コメント23件コメント/レビュー

低学歴・ブルーカラーの私でもここに書き込み・ここで情報収集が出来る時代に、TVですらまともなプレゼンさえ出来ない議員はどうかと思いますね。誰かも書いていましたが、今の時代に経済媒体で意見を表明できない政治家はどうかと。フィナンシャル等にもバカにされてますよね、我が国の政治家は。(2010/04/22)

「吉田鈴香の「世界の中のニッポン」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

低学歴・ブルーカラーの私でもここに書き込み・ここで情報収集が出来る時代に、TVですらまともなプレゼンさえ出来ない議員はどうかと思いますね。誰かも書いていましたが、今の時代に経済媒体で意見を表明できない政治家はどうかと。フィナンシャル等にもバカにされてますよね、我が国の政治家は。(2010/04/22)

今回のインタヴュー記事は参考になりました。次期選挙まで新規の小政党がいくら連立しようと恐らくは去年の衆議院選挙に登場しなかった政党には全くと言って魅力を感じないでしょう。また、自民党は残念ながら二大政党制の一翼を担える様に思えず、民主党もまた国民の支持率が下がっているのは残念です。私的には、みんなの党さんには是非とも第2、第1を担う政党に成長して欲しいと思います。(2010/04/22)

是非、後日談を掲載していただきたいと思います。風通しの悪い政党は、結局は、民意と言う強風で倒れる運命にあるのは自明の理。今、有権者(今回はピンポイントで現役世代)が、政治に何を求めているのか理解する大事な機会であるにもかかわらず、(一応、)日本の2大政党はあまり関心がないようなので、その対応に非常にガッカリしました。(2010/04/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長