• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

遠くのようで、実は近いアフリカと日本

織田信長には、最後まで仕えたアフリカ人がいた

  • 稲場 雅紀

バックナンバー

2010年5月13日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2010年は、アフリカにとって記念すべき年です。「アフリカの年」から、ちょうど50年に当たります。ナイジェリアやカメルーンなどアフリカ17カ国が独立、世界の歴史に「アフリカ新時代」を刻印したのが1960年の「アフリカの年」でした。そして、いよいよ6月には世界の一大イベントとも言えるサッカーの「FIFAワールドカップ」が、史上初めてアフリカ大陸で開催されることになりました

 日本でも変化が起こりつつあります。2008年秋のリーマンショック以降、日本企業も「新興国」「途上国」に熱い視線を注ぐようになりました。その“視線リスト”にアフリカが加わりつつあります。ここに来て、テレビや経済誌などで「アフリカ特集」が組まれるようになりました。アフリカを見る目が、大きく変わろうとしているのは間違いないでしょう。

画像のクリックで拡大表示

 一方で、首をかしげる人もまだ多いのではないでしょうか。「アフリカでビジネス?」と。1960年代に鉱山企業の経営者としてシエラレオネで2年間仕事をされた麻生太郎・前総理大臣のような人もいらっしゃいますが、鉱山など一部の業界を除いては、日本では「アフリカ」と「ビジネス」を結びつける発想はほとんどなかったのではないかと思います。

アフリカのイメージは人それぞれ

 私が働いているNGO(非政府組織)の「アフリカ日本協議会」は、アフリカと日本のNGOのネットワーキングを中心に取り組んでいます。アフリカ日本協議会は、1994年に設立されたNGOで、日本とアフリカの市民の対等なパートナーシップの構築を目的に活動しています。アフリカのHIV/エイズなど感染症、保健分野と食料安全保障の課題を中心に、調査研究と政策提言を行っています。また、日本に住むアフリカの人々やその家族との連携・サポートなども手掛けています。

画像のクリックで拡大表示
画像のクリックで拡大表示

 私は20歳の時から、横浜の日雇労働者の街・寿町で労働組合や住民グループなどとともに医療活動に従事しました。その後、日本のレズビアン・ゲイ・性的少数者の人権問題やHIV/エイズ問題などに取り組む中で、アフリカのHIV/エイズ問題の深刻さに触れる機会がありました。アフリカの人々の取り組みの真剣さにうたれ、2002年以降、アフリカを取り巻く様々な課題に携わるようになりました。

 さて、みなさんは「アフリカ」と聞いた時に、どんなイメージが頭に浮かびますか。ライオンやキリン、ゴリラなどに代表される手つかずの豊かな自然という「野生の王国」でしょうか。はたまた、深刻な貧困、飢餓、紛争に代表される悲惨な光景でしょうか。

 では、「アフリカの人」。こうなると、イメージが少し変わりませんか。ナイジェリア出身のボビー・オロゴンさんやベナン出身のゾフマンさんをはじめ、アフリカ人のテレビタレントは日本でも人気を博しています。ほかに、マラソンやサッカー、バスケットボールなどで活躍するアフリカのスポーツ選手を挙げる人もいるでしょう。

 要するに、「アフリカは遠くて、よく分からない」。これが今のところ、多くの日本人のアフリカに関する「相場観」だと言えます。本コラムでは、アフリカに関するいろいろなイメージをうまく結びつけ、2010年の日本における新しい「アフリカの相場観」を編み出してみたいと考えています。

アフリカの運転手は日本をベタ褒め

 アフリカを理解する第一歩として、アフリカの人々を身近に感じることができるエピソードを取り上げましょう。

コメント1

「BOP新大陸 ビジネスパーソンのためのアフリカの相場観」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員