• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「Think Thin」で消費者を引きつける

家電メーカー各社、薄型化で需要喚起なるか?

  • BusinessWeek

バックナンバー

2010年4月28日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Cliff Edwards (BusinessWeek誌、サンフランシスコ支局記者)
米国時間2010年4月21日更新 「Consumer Electronics Makers Think Thin

 米新作映画「The Joneses(邦題未定)」は、架空のマーケティング会社が4人の人間を雇い、家族を装って高級住宅街に住まわせ、最先端の技術や製品を近所の人々にさりげなく宣伝させて売り込む、という内容の映画だ。

 家電メーカー各社が、そこまでなりふり構わず製品の売り込みを図っているわけではない。それでも、米国市場でテレビやステレオ機器、高級ブルーレイ再生機などの販売が伸び悩む中、デンマークの高級家電メーカー、バング&オルフセン(B&O)や韓国のサムスン電子パナソニック、ソニー(SNE)をはじめとする家電各社は、倹約志向の消費者に高額な新製品を購入してもらえるよう日夜懸命に模索している。

 テレビメーカー各社は3D(3次元)映像に対応した3Dテレビや、インターネットに接続して動画などのオンラインコンテンツをテレビで視聴できる新製品を売り込んでいる。メーカー各社はまた、より小さな筐体に様々な技術を満載した超薄型テレビを生産し、売り込みを図っている(BusinessWeek.comのスライドショーを参照:2010年4月21日「Thin and Stylish TVs」)。

 B&Oは4月15日、発光ダイオード(LED)バックライトを採用した奥行き6.4センチの超薄型テレビ「BeoVision 10(ベオビジョン10)」を6200ドル(約58万円)で発売すると発表。B&O幹部によれば、同社が新型のテレビを発売するには通常2年以上かかるが、ベオビジョン10の開発・量産化はわずか10カ月で達成したという。

より薄型、より高価格の製品を

 世界第1位のテレビメーカー、サムスンは、デザイン性の高い薄型液晶テレビで、より多くの消費者に従来の高精細液晶テレビよりも数百ドル(数万円)高い製品を購入してもらおうと目論んでいる。同社は新しい薄型液晶テレビに、部品コストの高いLEDバックライトを採用している。

 サムスンの液晶事業部門を統括するスコット・バーンバウム副社長は4月7日、米サンノゼで同社の新技術を紹介するプレゼンテーションを行い、「当社はテレビ市場の動向に対処し、高価格なテレビを消費者に購入してもらうには、製品の薄型化が不可欠だと見ている」と述べた。

 サムスンや米電子機器大手アップル(AAPL)など、製品デザインで業界をリードするメーカーは、「シノベーション(薄型技術革新)」という標語を掲げ、最新鋭の技術をこれまで以上に薄型化した製品筐体に搭載している。家電各社は改良した新製品を矢継ぎ早に発売することで、既に消費者が所有していて、問題なく使えている既存製品の買い替えを促している。また、3D技術などの最新機能を搭載した製品で、利益率の拡大も目論んでいる。

 ソニーの米国法人ソニー・エレクトロニクスのスタン・グラスゴー社長は、「ソニーをはじめとする各社で起こっている変化の1つは、消費者ニーズをますます重視するようになっていることだ」と語る。そして各社とも、消費者の要望に応えようと、製品のデザイン性や操作性の向上に努めているという。

テレビでオンライン交流サイトにアクセス

 高精細テレビ市場では、メーカー各社は、パソコンと同様の技術をテレビに搭載し始めている。パナソニックやシャープ、ソニーなどのメーカーは、テレビ電話のほか、米ミニブログ大手ツイッターや米SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)大手フェースブックの交流サイトを利用できるソフトウエアをテレビに組み込んでいる。

コメント0

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長