• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

受け身でなく、自らの意思で関係構築を

大事なのは信頼構築、普天間問題の解決の仕方だ

2010年5月20日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日米関係にすきま風が吹いている。
 安全保障面はもちろん、経済面でも強く結びついてきた両国関係は、今後どうあるべきか。日米関係に詳しい識者、財界人に聞いた。

 3回目は、外務省で80年代から日米貿易摩擦問題に取り組み、安全保障面でも1996年の日米安保共同宣言策定で日本側責任者を務めるなど、外交官として対米関係の最前線を担ってきた田中均氏。外務省の論客としても知られた田中氏に、あるべき日米関係の在り方を聞いた。

田中均(たなか・ひとし)氏
1947年京都府生まれ。69年京都大学法学部卒業、同年外務省に入省。72年オックスフォード大学修士課程修了。79年米大使館赴任。北米2課課長時代に日米半導体交渉を、北米審議官だった96年に在日米軍普天間基地返還交渉を担当するなど対米関係の専門家として知られる。2001年以降はアジア大洋州局長として小泉純一郎首相の訪朝などを含め北朝鮮との交渉を担当。2005年に外務審議官を最後に退官、現在は財団法人日本国際交流センターのシニア・フェローとして執筆活動をしている。

 ――  米普天間基地移設問題を巡り日米関係がぎくしゃくしています。この問題をどうご覧になりますか。

 田中 民主党が政権を取ったのだから、従来の自民党政権の中で合意されてきた普天間基地の移設問題を検証して見直すこと自体、私はおかしいことだとは思っていません。腰を据えて、その在り方を見直したいというのは1つの考え方として成立しうるでしょう。ただ、その進め方は非常に重要だと考えています。

 その意味で現在の鳩山政権のやり方は、米国の日本政府に対する不信感を生んでいます。昨年からの一連の対応には、米国に対する甘えみたいなものが感じられて仕方ありません。何の負担もせずに、米国に要求だけするのは責任放棄に映る。米国が一方的に日本を守るということはあり得ない。

 外交には相手があります。通常の人間関係や企業間の関係と同様に、国家同士も、冷静な利益とコストの計算をして、それらをお互い均衡させながら関係を構築、維持していくものです。普天間基地問題においては、沖縄県民の感情や世論というステークホルダーを重視しなければならない理由は分かります。しかし、そのツケを米国に持って行くことは控えるべきではないでしょうか。

自分の意思で自分の責任を果たす、それが危機の乗り越え方だ

 中国、インドといった新興国が台頭してくる一方で、米国の力は経済的にも、政治的にもイラク戦争などを通じて衰えてきている。余裕のないオバマ政権としては物事を現実的に見ざるをえない。だから、同盟国諸国と協力して物事を進め、負担を同盟国にも引き受けてもらいながら民主主義が支配する世界を築いていこうというのが基本方針です。

 よって日本にも、責任ある国家として応分の負担が求められているわけです。

 国防の問題だけではありません。経済も同じです。応分の負担をすることで日米はこれまでも様々な危機を乗り越えてきました。

 ―― 確かに日米経済摩擦など、これまで多くの問題が発生しました。具体的にはどのように危機を乗り越えてきたのでしょうか。

コメント12件コメント/レビュー

Bの一連のアメリカ追従に拘る理由が理解できない。経済記事では書くことができなから、旬な話題の政治記事でも書いて・・・最近、おっと思わせるものが見えない(少ない)のが、とても残念!一般の週刊誌と同じですなぁ。ただで読んでるんだから、贅沢言えないけど、主張にしても内容がぁ・・・それとも単なる話題提供???「米国に対する甘えみたいなものが感じられて仕方ありません。何の負担もせずに、米国に要求だけするのは責任放棄に映る。」⇒血を流すことも厭わないことを国是とする国と、血を流すことは非とする国なんだから、甘えと言おうが、無責任と言おうが、評論にはこと欠かない。「成熟した日米関係・・・」とよく聞くが、双方とも(EUほど)大人ではない国同志(同士)なんだから、望むとこ自体がない物ねだりなんですよね。でもそんな関係の中で生きてくんだから、いろんなことがあって当然でしょ!少しづつ大人になるんだよね。どうでも良いけど、経済関係の記事が早く見たい。(2010/05/23)

「日米関係、すきま風の行方」のバックナンバー

一覧

「受け身でなく、自らの意思で関係構築を」の著者

石黒 千賀子

石黒 千賀子(いしぐろ・ちかこ)

日経ビジネス編集委員

日経BPに入社後、英LSEに留学し修士取得。日経ビジネス、日経ナショナルジオグラフィック、日経ベンチャーを経て、2003年日経ビジネスに編集委員として戻る。主に、本誌の「世界鳥瞰」の欄を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

Bの一連のアメリカ追従に拘る理由が理解できない。経済記事では書くことができなから、旬な話題の政治記事でも書いて・・・最近、おっと思わせるものが見えない(少ない)のが、とても残念!一般の週刊誌と同じですなぁ。ただで読んでるんだから、贅沢言えないけど、主張にしても内容がぁ・・・それとも単なる話題提供???「米国に対する甘えみたいなものが感じられて仕方ありません。何の負担もせずに、米国に要求だけするのは責任放棄に映る。」⇒血を流すことも厭わないことを国是とする国と、血を流すことは非とする国なんだから、甘えと言おうが、無責任と言おうが、評論にはこと欠かない。「成熟した日米関係・・・」とよく聞くが、双方とも(EUほど)大人ではない国同志(同士)なんだから、望むとこ自体がない物ねだりなんですよね。でもそんな関係の中で生きてくんだから、いろんなことがあって当然でしょ!少しづつ大人になるんだよね。どうでも良いけど、経済関係の記事が早く見たい。(2010/05/23)

▼普天間の問題については現政権の対応がまずいことは明らかです。しかしもっと大きく日米同盟という観点からするとボールはやはり米国側にあると思います。現在“ジャパンパッシング”だとメディアがそれこそ動揺をあらわに騒いでいますが、そういう米国の姿勢が見え隠れしていたからこそ、日本も自分で考えなければならないと思うようになったのであり、それが普天間問題となって現れたとも言えるわけですから。▼田中氏だけでなく皆日米関係は日本側がきちんとケアしなければ米国はどんどん離れていきますよ、という意味のことを言っているわけですが、皮肉にもその事実はますます日本をより米国に頼らない独自の外交の道へと推し進めていくことになるのではないでしょうか。ざっくばらんに言ってしまえば日本が頼りにならなかったのは別に今に始まったことではなく、逆に米国が頼りにならないと思うようになってきたのがつい最近だ、ということです。その意味では米国側もきちんとケアしてこなければいけなかった責任があったはずなのに何もしてこなかったわけであり、米国の責任も重大だと思います。▼私は安保および利害関係の面からだけでなく“心情的”にも日米関係が重要だと考えてきたものであり、それだからこそ今回の米国政府の一連の対応には“大国の傲慢さ”がもろに表れていると感じており非常にがっかりしています。暴論を承知で書きますが、今回の普天間の問題では米国こそが譲歩するべきです。たとえ普天間が当初の案のとおりに収まったとしても、このままではそれによって米国が失ってしまうものの方がより大きいこともあり得るのを恐れています。(2010/05/22)

先ず、日本の政治家は日本の発展をどうして実現するかを良く考え、自発的にその方針に基ずく行動が求められている事は確かである。 防衛を日米同盟を中心に考える場合、どの範囲まで米国が動いてくれるのかを絶えず確認、要求していかなければならない。基地反対、沖縄の悲劇ばかりを国内的に取り上げても日米同盟はもとより他国との関係まで危うくする。外交官は他国がどのような戦略で動いているのかを理解出来なければ、行動も的外れになる。どの国も自国中心に行動している事は中国、韓国を始めロシア、北朝鮮も動きを見れば明白である。それを一般的言葉で博愛精神を唱えても他国には通じないどころか不思議な政治家であると思われる愛する事がどういうことなのか、相互主義を貫く事ができるのかを見極め首相を始め外交官は行動すべきだと思う。尤も大人になってから外国に留学してもピントはこないでKYの世界でサラリーマンをやっている人間が多い事が散見されるのが残念である。(2010/05/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長