• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

孫社長「誰にも『中国進出』のチャンスを」

日中ネット通販、相互接続の衝撃[2]

2010年5月20日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ヤフーショッピングと中国最大のネット通販サイトであるタオバオ(淘宝)が6月1日から相互利用できるようになる。日本の消費者はタオバオで販売されている商品を直接買えるようになり、中国の消費者もタオバオを介してヤフーショッピングの商品を購入できるようになる。

 通販事業者にとっても大きなビジネスチャンスとなる。とりわけ日本の業者にしてみれば、2億人以上のタオバオ利用者に販売できるメリットは大きい。

 そこで今回は、ヤフー会長でソフトバンク社長の孫正義氏のインタビューを掲載する。日本の小売り・流通業界に与えるインパクトやライバルとの差別化要因について聞いた。

(聞き手は坂田 亮太郎=日経BP社北京支局)

前回から読む)

  ――  今回の両社の提携が、日本の小売りや流通業に与えるインパクトはどうなりますか。

  日本経済は過去20年間、GDP(国内総生産)で見るとずっと横ばいが続いてきたしたよね。人口は増えないし、高齢化が進む。いろいろな意味で閉塞感が漂っています。

 一方でお隣の中国では人口も増えているし、世界一とも言うべき勢いで市場規模が拡大している。だから日本だけで見ると確かに市場は縮小しているけれど、お隣の中国市場も足して考えれば非常に大きなビジネスチャンスになるはずです。

ほぼ自動的に中国市場に進出できる

5月10日に中国浙江省の杭州で行われたヤフーとアリババの共同会見の様子。アリババのジャック・マー会長(左)とがっちり握手をした孫正義氏は「歴史的な1日」と上機嫌だった(杭州にて撮影)

 しかも日本企業のうち中国に進出している企業は全体の2%しかない。つまり98%の企業は中国に直接モノを売ったことがないのです。

 それが今後はヤフーショッピングに出店するだけで、ほぼ自動的に中国市場に進出できるということになります。しかも言葉だとか通関や配送といった、これまで中国市場を進出する上で障害となっていた手続き上の壁を我々が事実上取り払います。

 つまり、「中国進出」というビジネスチャンスが突然降ってわいたことになる。もちろん、そのチャンスをどれだけ生かせるかは出店している会社さん次第ですが…。

  ―― なるほど。人口減少が始まった日本は市場の縮小が止まらない。そんな悲観論が日本国内では渦巻いていますよね。けれど見方を変えて日本と中国の市場を併せれば、まだまだ成長は期待できると言うことですか。

 そう。世界中で一番急成長している。しかもボリュームもでかいマーケットと言えるんじゃないですか。

インターネットで商圏が中国にも拡大

  ――  今求められているのは、そのように考え方を変えるということなんでしょうね。しかも今まで壁となっていた言葉だとか貿易実務だとか、あるいは間に入っている商社への“高い”手数料だとか、そういう障壁はヤフーとアリババで取っ払う。だから日本の中小企業の皆さんは、どんどん中国市場に打って出てください。そういうことですね。

コメント2件コメント/レビュー

50代の主婦です。昔から 孫社長の大ファンです。孫社長の生き方には、いつも感嘆しています。今後も孫社長を応援し続けさせて頂きます。ガンバレ! 孫社長!(2010/05/20)

「坂田亮太郎のチャイナ★スナップ」のバックナンバー

一覧

「孫社長「誰にも『中国進出』のチャンスを」」の著者

坂田 亮太郎

坂田 亮太郎(さかた・りょうたろう)

日経ビジネス副編集長

東京工業大学大学院修了後、98年日経BP入社。「日経バイオテク」「日経ビジネス」を経て2009年から中国赴任。北京支局長、上海支局長を経て2014年4月から日経ビジネスに復帰

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

50代の主婦です。昔から 孫社長の大ファンです。孫社長の生き方には、いつも感嘆しています。今後も孫社長を応援し続けさせて頂きます。ガンバレ! 孫社長!(2010/05/20)

『消費者の方から見れば安くて、品揃えが一気に広がるというメリットがあります』。そして、そのメリットを受ける対価として、ワールドワイド、いや中国と同じレベルまで、日本も労働者のサラリーや社会保障、人権までも切り下げなければ、とうてい競争にはなりますまい。中国と融合が進み、ビジネスが拡大してウハウハするのは、経営者など、ほんの一部だけ。(2010/05/20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長