• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

金投資ブームに踊らされるな

長期的に見ると、金投資のリターンは芳しくない?

  • BusinessWeek

バックナンバー

2010年5月20日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Ben Steverman (Bloomberg Businessweek金融欄記者)
米国時間2010年5月13日更新 「The Gold Frenzy: Why Investors Should Resist

 金投資がかつてないほどの大ブームになっている。だが個人投資家にとっては、こうした人気の高さも危険な要素だ。

 金先物相場は5月12日の米ニューヨーク商品取引所(COMEX)で、取引の中心である6月物の終値が1トロイオンス(約31グラム)=1243.10ドルと過去最高値を更新。翌13日は反落し、前日比13.90ドル(1.1%)安の1229.20ドルで取引を終えた。

 過去3年間で、金の価格は84%上昇。金価格連動型ETF(上場投資信託)で最大規模の「SPDRゴールド・シェア(GLD)」の資産残高は481億ドル(約4兆4500億円)で、発行済口数は2008年9月以降、111%増加している。

 個人投資家は金投資の魅力を強調するテレビやラジオの広告に影響され、金買いに走っている。米金取引大手ゴールドライン・インターナショナルの顧客は過去3年間で推定5万人増えたという。

 金投資ブームは世界中に広がっている。5月13日、アラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビの高級ホテル「エミレーツ・パレス」には金塊の自動販売機がお目見えした(Bloomberg Businessweekの記事を参照:2010年5月13日「Abu Dhabi Opens Gold Bar Vending Machine in Emirates Palace」)。

 専門家らは、金投資の過熱は、金価格の天井が近づいている兆候だと警鐘を鳴らしている。米ファイナンシャルプランナー(FP)事務所ウッドワード・ファイナンシャル・アドバイザーズ(ノースカロライナ州チャペルヒル)のジェームズ・ミラー社長は、「今、金投資は一大ブームになっている。このようなブームは通常、バブルに陥っていることを示す警戒信号だ」と語る。

 一方、金投資の推奨派が主張するように、欧州の財政危機や米国の巨額財政赤字、インフレ懸念などを背景に、金価格はさらに上昇する可能性もある。

 シンガポールを拠点とする投資会社ロジャーズ・ホールディングスのジム・ロジャーズ会長は5月12日、米ブルームバーグテレビジョンの番組に出演し、金が最高値を更新したことについて、「各国通貨の価値が下がっている現状で、我々にできるのは実物資産への投資くらいだ」と語った。

金投資の問題点

 だがFPらは、金価格がさらに上昇を続けたとしても(金価格の過去の激しい相場変動を見る限りその可能性は低いが)、個人投資家にとって、金投資にはいくつかの問題点があると指摘する。

 米FP事務所エルサー・ファイナンシャル・プランニング(インディアナポリス)代表のスーザン・C・エルサー氏は、金を“安全資産”とする見方に対して、「この認識は全くの誤りだ」と語る。

コメント5件コメント/レビュー

『金に価値保存機能があるのは、人々がそう思い込んでいるからに過ぎない』その通り。だが『貨幣に価値保存機能があるのは、人々がそう思い込んでいるからに過ぎない』も真である。昨今の財政状況を鑑みるにスーパーインフレの可能性は否定できない。ついでに『工業的用途があるほかの相場商品に価値保存機能があるのは、人々がそう思い込んでいるからに過ぎない』も真である。工業的用途は、マテリアルブレイクスルーや、パラダイムシフトにより無価値に落ちることもある。要するに、なんでもバランスの問題だという、至極当たり前のことの、一部しか言ってないのではないか。金という「実物』には経済的価値を超越した価値を認めるのが人間だ、そんなのも大昔から当然の話。だから何?ということだ。(2010/05/20)

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

『金に価値保存機能があるのは、人々がそう思い込んでいるからに過ぎない』その通り。だが『貨幣に価値保存機能があるのは、人々がそう思い込んでいるからに過ぎない』も真である。昨今の財政状況を鑑みるにスーパーインフレの可能性は否定できない。ついでに『工業的用途があるほかの相場商品に価値保存機能があるのは、人々がそう思い込んでいるからに過ぎない』も真である。工業的用途は、マテリアルブレイクスルーや、パラダイムシフトにより無価値に落ちることもある。要するに、なんでもバランスの問題だという、至極当たり前のことの、一部しか言ってないのではないか。金という「実物』には経済的価値を超越した価値を認めるのが人間だ、そんなのも大昔から当然の話。だから何?ということだ。(2010/05/20)

中国とインドの需要増が続く限り金は安泰だと思う。多少の上下が有っても長期的に見れば下げたら買いだと思う。(2010/05/20)

>>「金はほかの相場商品とは違い、工業的用途がほとんどない。」とありますが、日本の都市鉱山(産業廃棄物に含まれる回収可能金属)資源の内、金は世界の現有埋蔵量の16%を占めています。(独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構)これは、工業用途としての金需要が膨大な量である事を示しています。(2010/05/20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長