• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

杭州の「ベンツ比率」は東京より高い

日中ネット通販、相互接続の衝撃[3]

2010年5月27日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ヤフーとタオバオ(淘宝)と言う日本と中国を代表するネット通販サイトが6月より相互利用できるようになる。これ自体は消費者に大きなメリットがある。ソフトバンクの孫正義社長が語るように商品の選択肢が劇的に増え、しかも価格が大幅に下がるからだ。

 記者の興味はむしろネット通販業者や日本の小売業界に与える影響だ。日本の業者が中国市場に進出する障壁が低くなると同時に、中国の業者が日本市場に参入しやすくなる。安い中国製品が大量に入り込むことで価格破壊が起きて、日本のデフレがさらに進むかもしれない。前々回の記事の読者コメント欄に「本当に焼け野原しか残らなくなるのではないか心配です」とあるが、記者の問題意識もそこにある。

 そこで中国浙江省の杭州にあるタオバオのオフィスを訪れた日本の通販事業者3社に、今回の提携がもたらすメリットとデメリットを尋ねた。

(聞き手は坂田 亮太郎=日経BP社北京支局)

[1]=前々回から読む
[2]=前回から読む

提携は日本にとって“諸刃の剣”
――三原利治・キャサリンコテージ取締役

 ―― 中国への進出を決めた経緯を教えて下さい。

キャサリンコテージの概要
自社でデザインした子供用のフォーマルドレスやタキシードのほか、フォーマルシューズやアクセサリーなどを扱う。生産は米国の協力工場などに依託しており、日本に輸入してネットで通信販売している。女児用ドレスの価格は数千円程度。本社は千葉県市川市
画像をクリックするとサイトにジャンプします

 三原 今から10年くらい前でしょうか、中国で市場参入の可能性を探ったことがあるんです。当時は商習慣があまりに異なるのと、中国で人を雇って管理することが思いのほか難しいと分かりまして、その時は時期尚早と判断しました。中小企業が大きな投資をしたとしても、回収するのはかなり難しいと思ったからです。

 仮に中国で製造した商品を中国で売るならば、まだメリットがあるかもしれません。ただ、日本で生産した製品を中国に持って来て売るのではコストが合わない。私どものように米国で生産した商品をいったん日本に輸入し、再度中国に輸出するのは2度関税を支払うことになりますから、これでは販売価格が高くなりすぎます。

 ところが10年経ったらまったく状況が変わりました。中国のインターネットの利用者は4億人を超え、そのうちの3割くらいの人がネットショッピングをした経験がある。ネット通販市場は現時点でも日本より中国の方が大きいくらいですから、あと5年もしたら市場が倍増する可能性だってある。先進国の例に習えば、ネットの普及が進むに連れてネット通販の利用率が上がるからです。

そんなことができるのかと、正直思った

 先日、ヤフーの担当者さんがうちの会社にやって来まして、中国のタオバオとヤフーショッピングを相互利用できるようにすると説明されました。

 最初聞いた時にはそんなことができるのかと、正直思いました。だってわれわれのような通販業者には追加の負担がほとんどかからないで、それでいて中国のお客さんにも商品が売れるようになると言うのです。

 コストを考えると、日本から中国に商品を輸出する際にかかる経費を誰がどのように負担するのかが、今ひとつ、はっきりしないのです。

コメント4件コメント/レビュー

昔、香港やソウルで背広の仕立て屋が服地の見本を持って採寸にきて帰国するまでには仕立てあがっているといったサービスがあった。確かに富裕層にはそれなりにプレステージという満足が得られるようなサービスがいいのかもしれない。今の日本では、生き残れないようなビジネスももしかすると中国では成長の余地すらあるのかもしれない。(2010/05/28)

「坂田亮太郎のチャイナ★スナップ」のバックナンバー

一覧

「杭州の「ベンツ比率」は東京より高い」の著者

坂田 亮太郎

坂田 亮太郎(さかた・りょうたろう)

日経ビジネス副編集長

東京工業大学大学院修了後、98年日経BP入社。「日経バイオテク」「日経ビジネス」を経て2009年から中国赴任。北京支局長、上海支局長を経て2014年4月から日経ビジネスに復帰

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

昔、香港やソウルで背広の仕立て屋が服地の見本を持って採寸にきて帰国するまでには仕立てあがっているといったサービスがあった。確かに富裕層にはそれなりにプレステージという満足が得られるようなサービスがいいのかもしれない。今の日本では、生き残れないようなビジネスももしかすると中国では成長の余地すらあるのかもしれない。(2010/05/28)

業者の立場からすれば、そりゃあビジネスチャンスの拡大になるし、トライする価値はあるでしょうな。だけど消費者の立場からすると、「日本からの直輸入品」に中国人が群がったとしても、日本人から見て中国製品で欲しいモノなんてありますか? それと、私は街を行くベンツの台数と豊かさは比例しないと思うがね。自国でマトモな車を作れないだけだよ。衣料品なんかコピー天国を増長させるだけだったりして。(2010/05/27)

私にとってこれはまさに近年まれに見る衝撃的な“事件”なのですが、メディアの反応もいまひとつなようで、あまり話題になっていないのでしょうか?ぜひ続けて追跡取材お願いします。▼皆ひょっとすると“そりゃ中国なんだし安いだろう”という程度にしか思っていないのではないでしょうか?でも本当に“価格破壊”という言葉があほらしくなるぐらい安いです。さすがの中国でもこの値段ではやっていけないんじゃないかというぐらい安いです。▼才気がある人はこれをチャンスと捉えるのでしょうが、私個人としては巨大な中国マーケットに呑みこまれてしまう恐怖のほうが先に来ます。ただ言えるのは座していては死を待つのみであり、自分達から行動を起こすことが今求められているはずです。(2010/05/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授