• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ロボットと人間の共存、新時代へ

職場にロボットがやって来ても、もう怖くない!

  • Bloomberg Businessweek

バックナンバー

2010年6月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Rachael King (Bloomberg Businessweek記者、サンフランシスコ)
米国時間2010年6月1日更新 「Soon, That Nearby Worker Might Be a Robot

 米シリコンバレー地域の民間医療機関エルカミノ病院(カリフォルニア州マウンテンビュー)で窓口業務を担当するリンダ・ムニスさんの新しい同僚は、配送用ロボットだ。つい先日の朝も、ナースステーションにこのロボットがやってきて、上品な女性の声で自らの到着をムニスさんに告げた。

 ムニスさんが「タグエット」という愛称で呼ぶこのロボットは、米ロボットメーカー、エイソンが開発した「タグ」という配送用ロボットで、病院内で食事や薬、検体などの運搬を担っている。女性的なのは声だけで、外見は巨大な掃除機に戸棚を付けたような姿だ。ムニスさんがタグエットの戸棚から自分宛の荷物を取り出し、緑色のボタンを押すと、タグエットは次の配送先に向かった。

 ロボットは数十年前から使われてきたが、もっぱら製造施設での利用で、人間が行うには危険な業務の代行に限られていた。

 産業用ロボットの利用拡大を促進する米業界団体、ロボット工業会(RIA、ミシガン州アナーバー)のジェフ・バーンスタイン専務理事は、「これまで、大型ロボットは隔離された環境で使用されることが多かった。だが現在では、人間と一緒の環境で働けるように、ロボットの基本的な安全性を強化する動きが広がっている」と語る。

 高度なセンサーや安全技術の向上により、人に危害を与えないように設計されたロボットが、工場以外の場所でも使われるようになってきている。ロボットと従業員が連携して働く場面が増える中(Bloomberg Businessweekの記事を参照:2007年8月20日「I, Robot」)、ロボットメーカーはロボットと一緒に働く従業員の不安に配慮し、ロボットに愛嬌を持たせて、従業員の抵抗感を和らげようとしている。

 米市場調査会社ABIリサーチのラリー・フィッシャー調査部長は、「米国には、職場へのロボット導入を拒もうとする風土がある」と指摘。ロボットと人の共存に抵抗感が少ない日本人と違い、米国人は米人気映画「ターミネーター」などの文化的影響で、ロボットに対して恐怖感を抱いているという。「誰も、ターミネーターのようなロボットに職場に入って来て欲しいとは思わない」(フィッシャー調査部長)。

暗闇でも働けるし、CO2排出削減にも貢献する

 ロボットの導入にあたって、さらにネックとなるのが価格だ。オフィス向けテレビ会議用ロボットは1体数十万円以上するが、企業にとって、それだけの金額に見合う投資効果があるかどうかはまだ不明だ。

 ロボットの安全性向上に伴い、多くの企業が、従来は使わなかった場所でのロボット活用に乗り出している。米インテリア雑貨チェーン大手クレート・アンド・バレルや米ベビー用品インターネット通販会社ダイパーズ・ドット・コム、米カジュアル衣料小売大手ギャップ(GAP、GPS)などは、倉庫で注文品を素早く運び出すために、米ロボット物流システム会社キーバ・システムズなどからロボットを導入している。

コメント2

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私の仕事は経営することではなく、リーダーであることです。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO