• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「カラ帳簿」が膨らむ年金制度

高齢化社会が進行する中で必要とされる年金改革

2010年7月23日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2010年7月13日、北京で開催された「中国・ラテンアメリカ養老年金制度国際セミナー」の席上、中国社会科学院世界社会保障研究センター主任の鄭秉文は、中国の養老年金は1.3兆元(約17.6兆円)の資金不足に陥っていると述べた。各種資料を総合すると、養老年金の資金不足は1997年には140億元に過ぎなかったたが、その後は1998年:450億元、1999年:1000億元、2000年:1990億元、2002年:4800億元、2004年には7400億元、2005年:8000億元と推移し、2010年現在で1.3兆元となったのである。

都市部で約1億人が年金に加入していない

 中国の年金は“養老保険”と呼ばれ、都市部の“城鎮基本養老保険(都市基本養老保険)”と農村部の“農村養老保険”で構成されるが、後者は新制度が策定されて各地でテストが実施されている段階であり、上述の資金不足は前者に関するものである。本稿では特に断りのない限り、都市基本養老保険について述べる。

 中国の法定退職年齢は、男性が満60歳、女性が満50歳、女性管理職は満55歳であり、例外として、地下坑内、高温、高所などの作業や健康を害する労働に従事する人は、男性が満55歳、女性が満45歳となっている。従い、この退職年齢を超えれば定年となり、“養老保険”に加入していれば、“養老金(年金)”を受給することができるのである。なお、年金は都市基本養老保険を最低15年間払い込むことにより退職後の受領資格を得るものであり、15年間未満である場合は一時金を受領することになる。

 中国政府の「人力資源・社会保障部」が発表した「2009年度人力資源・社会保障事業発展統計公報」によれば、2009年末における“養老保険”の加入者および受給者は以下の通りとなっている:

■ 中国・年金加入/受給者数(2009年末)
種類 加入者数 受給者数
都市基本養老保険 1億7743万人 5807万人
(前年比増減) (1156万人増) (503万人増)
農村養老保険 8691万人 1556万人
(前年比増減) (3096万人増) (1044万人増)

 2009年末の都市部人口は6億2186万人で全人口13億3474万人の46.6%を占めている。一方、全人口に占める15~60歳の人口は6億8652万人で69%を占めるが、この年齢層の都市部人口は公表されていない。そこで単純に都市部人口の比率46.6%で計算すると、都市部の15~60歳の人口は3億2000万人となる。ところが、都市部の15歳以上で就業していない学生の人口を示す数字はないので、15歳から大学卒業の22歳までの年齢層には学生が1歳ごとに500万人いると仮定すると7年で3500万人。都市部15~60歳人口の3億2000万人から学生総数3500万人を差し引くと、都市部の労働人口2億8500万人が算出される。これらの数字はあくまで推定に過ぎないが、都市部労働人口が2億8500万人であるのに対して都市基本養老保険の加入者数は1億7743万人であるということは、都市部で約1億人が年金に加入していないことを意味している。

年金支給額が月額わずか3元(約41円)

 これに対して2009年末の農村部人口は7億1288万人であり、全人口に占める比率は53.4%である。上記と同様に農村部の15~60歳人口を計算してみると3億6660万人となるが、ここから15歳から22歳までの学生を1歳ごとに300万人いると仮定すると7年で2100万人。農村部15~60歳人口の3億6660万人から学生総数2100万人を差し引くと、農村部労働人口は3億4560万人となる。農村養老保険はまだテスト段階ではあるが、その加入者数は8691万人であるから農村労働人口全体から考えると加入率は約25%に過ぎないことになる。

 次に受給者数を見てみると、都市部基本養老保険が5807万人、農村養老保険が1556万人であり、これらの合計は7363万人となる。2009年末の60歳以上人口は1億6714万人であるから、年金受給者総数は全体の44%に過ぎないのである。ただし、2009年の農村養老保険の支給総額76億元(約1026億円)を受給者数1556万人で割ってみると、1人当たりの受給額は年間488元(約6600円)で、月額では40.7元(約550円)に過ぎない。ただし、ある中国語サイトに掲載された2009年4月付の“領取養老金通知書(養老年金受領通知書)”の写真には、1997年7月に(旧型)農村養老保険に加入し、2007年9月に受給開始となった人の年金支給額が月額わずか3元(約41円)とあり、支給額が雀の涙にも及んでいないケースもあるのである。

コメント1

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「「カラ帳簿」が膨らむ年金制度」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授