• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

テレビ、冷蔵庫、バイクが三種の神器。年収100万円の人々は何を買う?

  • インドビジネス研究会

バックナンバー

2010年8月3日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

登場人物:
田島春男社長 :インド進出を切望する情熱あふれるベンチャー社長。大阪出身。腰が低く、追い風には乗りたいタイプ。
鈴木秀一先生 :インド駐在歴20年を超える進出支援コンサルタント。自称“インドマスター”。
インディラ先生
(経営博士)
:出張中

田島社長:鈴木先生、まいどどうも。あれ、今日はインディラ先生はいらっしゃらないんですか?

鈴木先生:えぇ、インディラ先生はちょっとインドに戻っているんですよ。今日は私だけです。

田島社長:なんや…。

鈴木先生:何かご不満ですかな?

田島社長:いやいやそういうわけでは…コホン。今日はですね、「インドでビジネスをする上で中間層が消費のカギ」とよく聞くようになりましたけど、この「中間層」というもの、これがいまいちようわからんのです。この中間層がどういうものか、どれぐらいいるか、どんなものを買うのか、お伺いしたいんですわ~。

鈴木先生:インドが注目されているのは10億人を超えるマーケットの大きさでしょう。そして、その消費を今後支えていくであろう「中間層」がカギになるのは間違いないです。実は、出張にいったインディラ先生が、田島社長のために用意してくれた資料があります。こちらの図表1を見てください。

田島社長:ほうほう。年収で分けているわけですね。

鈴木先生:そうなんです。インドでは、以前からマーケティングを行う際に、SEC(Social Economic Class)という考え方を利用しているんです。昔から社会階層の分類の仕方はあったのですが、IT産業の拡大で従来の階層分類がきかなくなってきたんですね。

 図表1の分類は2005年に米国のコンサルティング会社マッキンゼーとインド政府系シンクタンクNCAER(国立応用経済研究所:National Council of Applied Economic Research)が共同で研究発表した、新しい社会分類です。ご覧の通り年収をベースに5つの社会階層に分けたんですね。SeekersとStrivers、年収でいえば20万ルピーから100万ルピーまでの人々を「中間層」と定義したんです。

コメント2

「熱い!インドビジネス実践講座 現地から日本から専門家がアドバイス」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長