• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

朝鮮半島の統一はありえるのか?

韓国が抱える統一の障害は「情報」(1)

2010年8月25日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 韓国にはこんなことわざがある――「もう遅い」と思った時がいちばん早い時。日本の「思い立ったが吉日」と同じ意味を持つ。その言葉を信じて私は、社会人になって10年目で日本への留学を決意した。私は小さいころから高校を卒業するまで東京に住んでいたが、歳をとってもう一度日本に来てみると、子供のころには気づかなかったいろんな日本が見えてくる。

 特に驚いたのは、朝鮮半島――韓国では「韓半島」と呼ぶ――を取り巻くニュースがとても豊富なこと。特に北朝鮮関連ニュースは、韓国でよりも早く詳しく報道される点である(韓国の芸能人情報も日本の週刊誌の方が詳しく報道しているのでびっくり!)。北朝鮮の街並みや生活を隠し撮りした映像は韓国ではなかなか見られない。後継者問題や金正日総書記の健康状態など、韓国ではどのマスコミも似たり寄ったりの報道しかしない。それに対して日本は、自由にモノが言えるせいか、中身が濃くて面白い。いろんな専門家がいろいろな意見を言っている。

 逆に韓国が、日本の報道を引用して報道しているほどだ。日本のマスコミの方が韓国以上に北朝鮮に敏感になっているのではないかと感じる。もちろん韓国でも、毎週北朝鮮の動向を報道するテレビ番組がある。北朝鮮研究も盛んだ。しかし、一般市民が肌で感じる北朝鮮はとても遠い。

 韓国にとって北朝鮮の動きは国家の国防・政治だけでなく株価や為替レート、企業の長期戦略など経済的にも多大な影響を及ぼす。しかし、休戦状態が60年も続いているせいか、もう北朝鮮は遠いどこかにある未知の国のような存在になってしまっている。鈍感になってしまった面もある。

2010年は朝鮮戦争の勃発から60年~いまだに続く休戦リスク

 韓国人と北朝鮮人――韓国では「北韓」(ブッハン)という――は同じ民族でありながら、 1950年6月25日に勃発した戦争のため、まだ休戦状態である。韓国にとって北朝鮮は、どの国よりも対立している敵であると同時に、助けるべき同胞なのだ。2010年は戦争開始から60年、「あの日のことを忘れてはならない」と朝鮮戦争――韓国では「韓国戦争」と呼ぶ――をテーマにした特別ドラマや映画が制作され、人気の韓流スターが大挙出演している。

 各種の国際イベントも続いている。例えば、朝鮮戦争に参戦した国連軍所属のアメリカ、フランス、カナダ、ギリシャ、オランダ、ニュージーランド、トルコ、南アフリカ、エチオピア、タイ、フィリピンなど16カ国の参戦兵士や青少年、記者などを韓国に招待し、世界でもっとも貧乏だった韓国の生まれ変わった姿を見せる恩返しイベントがあった。特に参戦国の中でも最近注目されているアフリカの新興国との関係は緊密だ。「兄弟の国」として大手企業のCSRやソーシャルビジネスの対象になっている。

 日本の友達によく言われるのは、「韓国はいつ行っても活気があって、人々は元気で、全然不景気に見えない」という感想である。軍事政権が終わった90年代以降かなり緩和されているが、韓国はまだ休戦というリスクを背負っている(軍事政権時代には、韓国人は海外旅行に行く自由はなかった。国外に行く際には北朝鮮の人と接触してはならないという教育もあったという)。

 外国人に人気の観光コースの一つが南北休戦線の上にある板門店の見学だ。しかしここは、韓国人にとっては気軽に足を運べる場所ではない。ハリーポッターの世界に「魔法省」があるように韓国には「統一部」――(韓国では「部」が「省」にあたる――がある。統一部が身分照会をして「問題ない」と判定された人だけで構成された団体でないと板門店は観光できない。

コメント9件コメント/レビュー

尻切れトンボで残念というコメントがあった.同感する.ところで,韓(朝鮮)半島の統一国家の可能性については十分に踏み込んではいないが,日本を除いて,周辺には,韓半島の統一国家を歓迎する国は一国もないのではないか.実際,韓半島の統一国家で(いろいろあるにもかかわらず)今より地域的に有利な状況になるのは日本だけである.つまり,南北の統一は国際情勢から中国やロシアから妨害を受けるだろう.しかも,南は近代民主主義国家,北は中世の神権統治型の古典的帝国,経済格差よりも,北を一挙に五世紀相当分くらい時間旅行させることは簡単ではあるまい.少なくとも,平和裏にできることではないということも現状維持で推移するだろうと思わせるに十分な理由である.(2010/08/25)

オススメ情報

「日本と韓国の交差点」のバックナンバー

一覧

「朝鮮半島の統一はありえるのか?」の著者

趙 章恩

趙 章恩(ちょう・ちゃんうん)

ITジャーナリスト

研究者、ジャーナリスト。小学校~高校まで東京で育つ。ソウルの梨花女子大学卒業。東京大学学際情報学府博士課程に在学。日経新聞「ネット時評」、日経パソコン「Korea on the web」などを連載。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

尻切れトンボで残念というコメントがあった.同感する.ところで,韓(朝鮮)半島の統一国家の可能性については十分に踏み込んではいないが,日本を除いて,周辺には,韓半島の統一国家を歓迎する国は一国もないのではないか.実際,韓半島の統一国家で(いろいろあるにもかかわらず)今より地域的に有利な状況になるのは日本だけである.つまり,南北の統一は国際情勢から中国やロシアから妨害を受けるだろう.しかも,南は近代民主主義国家,北は中世の神権統治型の古典的帝国,経済格差よりも,北を一挙に五世紀相当分くらい時間旅行させることは簡単ではあるまい.少なくとも,平和裏にできることではないということも現状維持で推移するだろうと思わせるに十分な理由である.(2010/08/25)

30代半ば。学校では隣国韓国についてあまりきちんと学べなかった。大人になって韓国にまつわる諸問題や日本との関係を勉強しようと思っても、韓国や中国、特に韓国について体験に基づいた冷静な意見を読もうとするとけっこう苦労する。ある程度までは仕方ないと思うが、極端に左右どちらかに傾いた意見が多いのだ。感情にまかせた好き嫌いのような意見も少なくない。筆者は高校までを日本、以後を韓国、そしてまた日本ということで両者の視線をもって記事を執筆できるものと期待する。(2010/08/25)

趙 章恩さんのコラム、PC Onlineでも楽しみに読んでいます。こちらでは、日本と韓国の交差点という興味深いタイトルで執筆され、第1回の内容も続きをが待ち遠しいと思わせるものでした。日本による植民地支配、その後の分断。歴史に翻弄された民族のそして個々人の思いを想像すると言葉には表せないほどです。この歴史を踏まえて統一に関して韓国民がどのように考えているのでしょう。国の政策として統一税の創設という話も出たようですが、どのような対策が考えられているのでしょう。東西ドイツの統一とは比較できないほどの困難があるように思われます。期待しています。(2010/08/25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

それで本当に勝てるのか。 ロマンとソロバンのはざまで葛藤しました。

金井 誠太 マツダ会長