• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

米国が大物ロシア人武器商人の引き渡しを求める理由

2010年9月3日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ロシア武器商人の米国への引き渡し判決を下したタイ政府

 8月20日にタイの裁判所が世界的に有名な武器商人ビクトル・ブートの米国への引き渡しを命じる控訴審判決を下したことが、国際的な話題となっている。

 ブートは2008年3月にタイのバンコクでタイ警察により拘束されたものの、タイ国内法での容疑がないため、ブートを国際指名手配していた米国への送還をめぐる裁判が行われていた。そもそもブートは米麻薬取締局(DEA)とタイ警察の共同作戦で逮捕されたこともあり、米国は当然自国への引き渡しを主張。一方、ブートの国籍であるロシアも自国への引き渡しを求めてタイ政府に圧力をかけ、この大物武器商人の取り扱いについて、タイ政府は米露の板挟みにあっていた。

 2009年の一審では、「タイには引き渡しの権限がない」としていずれの国にも引き渡しはしないとの判決が出されていたが、今回の判決により3か月以内の米国への送還が決定、この裁判では上告がないため、判決は確定したとのこと。

 米露が国を挙げて獲得競争をするほどのビクトル・ブートとは一体何者か? 裏社会を知り尽くすこの大物武器商人は、国際テロリズム・犯罪ネットワークや、不正資金洗浄のルートなど、国際的なアンダーグランド情報の宝庫のような人物である。ポスト冷戦時代を代表するこの武器商人の、「輝かしい」過去の実績をみてみよう。

世界一のロジスティックス・ネットワークを誇るブート

 ビクトル・ブートがこの世に誕生したのは1967年となっているので、まだ40代前半、本来ならば働き盛りの頃である。彼のロシアの公式パスポートによれば、生まれはタジキスタンとなっているが、2002年にモスクワのラジオインタビューに出演したときにはトルクメニスタンの出身だと自身で語っており、2001年に南アフリカの情報機関が記した報告書ではウクライナ生まれになっているという。

 出生すら不明のこの謎多き武器商人は、80年代終わりにモスクワにある著名なソビエト外国語軍事研究所(Soviet Military Institute of Foreign Languages)を卒業し、英語、仏語、ポルトガル語、ウズベク語や複数のアフリカの言語を身につけ、その後アンゴラの平和維持部隊で通訳として働いたとされている。また英国と南アの情報機関の記録では、85年から89年までローマでKGBの職員として働いたと記されている。

 しかしソビエト帝国の崩壊と同時に、ソビエト空軍全体がメンテナンスのための費用も燃料もなくなり、古いアントノフやイリューシンの機体が廃品置き場に送られそうになる中、当時若干25歳だったブートは、三機の古いアントノフを購入して、当時ソ連邦各地の武器庫で置き去りにされていた武器や弾薬の取引とその運び屋を始めたという。有り余るほどの武器・弾薬が手に入ったちょうどその頃、冷戦秩序の崩壊により世界各地が不安定になり、民族・国境紛争や内戦が世界中で勃発し、そうした武器・弾薬に対する需要は急増。ブートのビジネスはメキメキと拡大した。

 米安全保障会議(NSC)のメンバーで90年代後半にブートの動向を追っていたリー・ウォロスキー氏は、「ブートのロジスティクスのネットワークは世界一である」と『フォーリン・ポリシー』誌の取材で述べている。

コメント0

「オバマと戦争」のバックナンバー

一覧

「米国が大物ロシア人武器商人の引き渡しを求める理由」の著者

菅原 出

菅原 出(すがわら・いずる)

ジャーナリスト/国際政治アナリスト

アムステルダム大学政治社会学部国際関係学科卒。在蘭日系企業勤務、ジャーナリスト、東京財団リサーチフェロー、英国危機管理会社役員などを経て、現在、国際政治アナリスト

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏