• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

やっぱりキャバクラってないんですね・・・

第7回:出張編 インドのアフター5事情

  • インドビジネス研究会

バックナンバー

2010年9月14日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 氷の入った水を飲み、いわゆる「インドの洗礼」で下痢になってしまったインド出張中の田島社長。なんとか視察やミーティングもこなし、体調も少し回復してきました。そこで、本日は何やら鈴木先生とインドの夜の街へとくり出すようです。

登場人物:
イラスト:田島社長 田島春男社長
インド進出を切望する情熱あふれるベンチャー社長。大阪出身。腰が低く、追い風には乗りたいタイプ。
 
イラスト:鈴木先生 鈴木秀一先生
インド駐在歴20年を超える進出支援コンサルタント。自称“インドマスター”。

鈴木先生:そろそろ体調は回復してきたかな?

田島社長:はい、おかげさまで…。初日の氷のおかげで、すっかりトイレがお友達になってしまいました。これが、鈴木先生がおっしゃっていた「インドの洗礼」だったんですね。

鈴木先生:まぁそういうことだよ。最近は、インドに来る時は気をつける日本人が増えたから、一昔前ほどは、「インドといえばお腹をこわす」というのは少なくなってきたんだがね。

田島社長:なんとか工場見学などハードな視察は後回しにさせてもらえてよかったですわ。

鈴木先生:出張の前半戦も終了したので、ちょっと息抜きでもしようか。

田島社長:待ってました!

鈴木先生:これだから、君は…。まぁ、市場を観察するうえでは、その国にある娯楽も知っておかないとね。とはいえ、田島社長は病み上がりだから軽くね。

田島社長:そういえば、日本で話を聞いた日本人の皆さんは、揃って「インドは娯楽が…」と口を濁してましたけど、実際どうなんでしょうか。

鈴木先生:百聞は一見にしかず。いや、この場合は、一見ではなく「一験」かな。早速行こうか。

田島社長:どこまでもついてまいります~!

鈴木先生:(どこまでも調子のイイ奴だなぁ)

Swagath @Defence Colonyにて

鈴木先生:ここが日本人もよく来るインドのカレー屋さんだ。ここのバターチキンカレーは絶品だよ。食べて飲んで、1人1000ルピー(2000円程度)とインドでは若干高めだが、ここの骨なしバターチキンカレー(300ルピー=600円程度)は絶品だよ」

田島社長:確かにうまい!そしてインドにしてはなかなかきれいですね。けど日本人が好みそうな女性がいるお店とかはないんですか? いや、別に自分が行きたいとかそういうんじゃなくて、これからお客さんとかをお連れする時の後学のために…。

ホステスさんのなり手なし。州によっては禁酒も

鈴木先生:はいはい、分かっとるから。まぁ、そういう店をインドで期待するのは難しい。堅い話になるが、米印原子力協定の交渉の時、さしもの米国もこれではビジネスにならないというか、担当者がかわいそうと思ったんだろう。デリー市内でホステスを許可するようインド側に要求した。しかし、実際許可は出たものの、ホステスとして働く人がいなかった。

田島社長:え? インドってそんなに厳しいんですか?

鈴木先生:ホステスさんだけじゃない。いまだに選挙の前や国の定める休日がドライデー、つまり禁酒日となっている。かの有名なマハトマ・ガンディが禁酒運動を展開したことにならって、グジャラート州やその他一部の州ではドライ・ステーツといって、禁酒州となっておる。こういう州では一部の高級ホテルを除いてお酒が飲めない。

田島社長:あらら…。まぁ自分より若い世代はお酒を飲まない人も多いから、それでいいかもしれんけど。自分よりシニアな方は、どう接待したらええんやろう?

コメント2

「熱い!インドビジネス実践講座 現地から日本から専門家がアドバイス」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック