• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ジョブズに勝てない“ソニー的”弱点

王者ノキア、トップ交代に透ける携帯最大手の焦燥

2010年9月27日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 9月15日の朝、世界最大の携帯電話メーカー、ノキアの新CEO(最高経営責任者)となるスティーブン・エロップ氏(46)がロンドンに降り立った。携帯電話の開発者や取引先向けのイベント「ノキア・ワールド」の閉会セレモニーに、飛び入り参加するためである。予定外の新CEOの登場に、会場はどよめいた。

 「今、私は完全に失業中。先週、米マイクロソフトを辞めたばかりで、ノキアで働くのは来週(9月21日付で就任)からですから」と会場を沸かせた後、詰めかけた開発者たちにこう、訴えた。

 「本質的に、ノキアには優れた携帯電話を作り、市場に投入し、通信事業者と協力してサービスを展開する力がある。しかし、みなさんの協力なくして世界中で競争するための活力を生み出せません」

“ノキアのスティーブ・ジョブズ”も退任

 フィンランドのノキアが、オリペッカ・カラスブオ氏(57)からエロップ氏へのCEO交代を発表したのは9月10日のこと。米アップルの「iPhone(アイフォーン)」に代表されるスマートフォンで、有力な対抗製品を打ち出せず業績が低迷していることが主な要因だ。アップルがiPhoneを投入した2007年6月以降、株価は約3分の1になり、時価総額にして500億ユーロ(約5兆5000億円)も吹っ飛んでいる。

ノキアのCEOに9月21日付で就任したスティーブン・エロップ氏

 エロップ氏は、マイクロソフトで業務ソフト「オフィス」などのビジネス部門を率いてきた人物で、ノキアの携帯電話向けのソフト開発なども手掛けてきた。それ以前は、米アドビ・システムズや米マクロメディアで働いた経験もある。エロップ氏はカナダ人で、ノキアにとって外国人をトップに招聘するのは初めてのことだ。

 さらに、ノキアでスマートフォン戦略を牽引してきたアンシ・バンヨキ氏も、ノキア・ワールドの開催前日に退任を発表。バンヨキ氏は、次期CEO候補、もしくは「ノキアのスティーブ・ジョブズ」とも言われてきた人物で、エンジニアとしてノキアを世界最大の携帯電話メーカーに育て上げた功労者の1人でもある。トップ交代がノキアの顔の退任にまで発展しただけに、同社がスマートフォン戦略を巡り大揺れであることを社内外に印象付けた。

販売台数トップも収益力でアップルに抜かれる

 携帯電話の販売台数シェアで見れば、ノキアは依然として圧倒的な世界1位である。調査会社の米ガートナーによれば、2010年第2四半期のシェアではノキアが34.2%で、2位のサムスン電子(20.1%)を大きく引き離す。アップルは7位で2.7%に過ぎない。

 スマートフォンに限っても、基本ソフト(OS)別で見れば、ノキアのシンビアンOSは41.2%のシェアを持つ一方、カナダRIM(リサーチ・イン・モーション)の「ブラックベリー」が18.2%、米グーグルの「アンドロイド」が17.2%、アップルの「iOS」は14.2%だ。

 だが、量はトップでも、ノキアの収益力は急速に蝕まれている。スマートフォンではiPhoneのブランド力に太刀打ちできない上に、ブラックベリーやアンドロイド端末との激しい価格競争にさらされている。さらに、新興国で高いシェアを獲得してきた低価格端末の分野でも、ノキアをしのぐ安さで勝負してくる、中国メーカーなどの攻勢を受けているからだ。

 実際、2007年に20%以上あった携帯電話事業の営業利益率は、2010年第2四半期には10%を割り込んだ。スイスの大手金融機関クレディ・スイスは、世界の携帯電話事業の営業利益に占めるメーカー別シェアでは、今年、アップルはノキアを上回ると予測しているほどだ。

コメント7

「大竹剛のロンドン万華鏡」のバックナンバー

一覧

「ジョブズに勝てない“ソニー的”弱点」の著者

大竹 剛

大竹 剛(おおたけ・つよし)

日経ビジネス記者

2008年9月から2014年3月までロンドン支局特派員。2014年4月から東京に戻り、流通・サービス業を中心に取材中

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

社長に就任してずっと言っているのが ファンダメンタルズの強化。

安形 哲夫 ジェイテクト社長