• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ジョブズに勝てない“ソニー的”弱点

王者ノキア、トップ交代に透ける携帯最大手の焦燥

2010年9月27日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント7件コメント/レビュー

アップルではデザインモデルといえばソフトまで完全に作り込まれた完全なプロトタイプの事を言うのだそうです。しかもそれを何十種類も作り検証する。(アップルのデザイナーのインタビュー)間違ってはいけませんよ。設計の試作品ではなくデザインモデルの話ですよ。コレこそ本当のものづくり。分業体制で自分の持ち分にしか責任を持てないような体制では モノ で勝つ事は容易でないと思う。開発の密度が全く違う。それがモノに現れている事は一目瞭然。独断先行でアンテナ問題のようなミスを侵す弱点もありますが。ただのアンチでは終わらず、相手の長所も短所も含めてちゃんとベンチマーク出来ないと駄目ですよね。日経の読者なら。(2010/09/28)

「大竹剛のロンドン万華鏡」のバックナンバー

一覧

「ジョブズに勝てない“ソニー的”弱点」の著者

大竹 剛

大竹 剛(おおたけ・つよし)

日経ビジネス記者

2008年9月から2014年3月までロンドン支局特派員。2014年4月から東京に戻り、流通・サービス業を中心に取材中

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

アップルではデザインモデルといえばソフトまで完全に作り込まれた完全なプロトタイプの事を言うのだそうです。しかもそれを何十種類も作り検証する。(アップルのデザイナーのインタビュー)間違ってはいけませんよ。設計の試作品ではなくデザインモデルの話ですよ。コレこそ本当のものづくり。分業体制で自分の持ち分にしか責任を持てないような体制では モノ で勝つ事は容易でないと思う。開発の密度が全く違う。それがモノに現れている事は一目瞭然。独断先行でアンテナ問題のようなミスを侵す弱点もありますが。ただのアンチでは終わらず、相手の長所も短所も含めてちゃんとベンチマーク出来ないと駄目ですよね。日経の読者なら。(2010/09/28)

アップルはメーカか?私は違うと思う。アップルは新興宗教教団、ジョブズ教団であると思う。ジョブズの言う"体験"に感動できる宗徒だけのもの。コンピュータでも携帯電話でも無い、ジョブズである。それ以上でもそれ以下でもない。一過性の物だと思う。基本的にアップルやMS-Windowsのようなクルーズドなものは、特別な条件が無ければ、一定の範囲(宗徒の範囲)を越えられないと思う。もはや、ゲイツ流のFUDマーケティングやジョブズ流"信ぜよ!されば救われん"マーケティングが、地球を覆う時代では無い(と信ずる^^;)。(愚痩子)(2010/09/27)

極端な話、ここ20年の間にマイクロソフトのおかげでアップル以外のPCメーカーはどこも単独でPCを作ることができないほど技術力に差をつけられたということでしょう。その技術力の差が今日のiPod,iPhone,iPadといった本質的にはPCの延長である商品にどのメーカーも対抗できない理由だと思います。ソニーですら、TVをインターネットにつなぐのにグーグルの技術に頼るしかないという現状ではインターネット端末に関してアップルは圧倒的な技術力を持っているといえるでしょう。アップルはwindows全盛の時代に地道に独自のPCを作ってきたいわばガラパゴス状態でした。しかし、iPod以降、そのことが逆に強みとなったのです。安易にwindowsに流れたものづくり企業を標榜する国内のPCメーカーは韓国や台湾の電機屋と大差ないということです。(2010/09/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授