• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「ジョン万次郎を救わなきゃ」

アジアの新興国で活躍した人に明確な人事施策で報いよ

  • 佐藤 紀泰

バックナンバー

2010年11月10日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本企業向けの社員研修などを請け負う人事コンサルティング大手アルー。同社の落合文四郎社長は中国上海市でも人材育成拠点を開設し、日本の現地法人で働く中国人の幹部研修などをしている。

 日本の有力企業から、アジアでの人材育成について相談されることも多い。そんな論客に、グローバル人材をうまく活用するための知恵を聞いてみた。

(聞き手は佐藤紀泰=日経ビジネス編集委員)

―― 日本企業の人材のグローバル化の必要性について、どのように考えておられますか。

「日本の人材鎖国状態を解き放て」と指摘するアルーの落合文四郎社長(写真:清水盟貴、以下同)

 落合 私が今、最も気になるのは日本人の海外での駐在者の処遇ですよね。今、アジアの新興国が日本企業の成長にとって重要になっています。しかし、そのアジアで長く苦労して、汗を流してきた人たちがしっかり処遇されていないのではないでしょうか。

 それこそ、「ジョン万次郎」のようになっていますよね。長い間、日本を離れていて、久しぶりに戻ってきたら、あまり活躍の舞台がなかった、ということでしょうか。

 ジョン万次郎は通訳などとして重要な役割を果たしたとは思いますが。日本企業でアジアに派遣された日本人幹部はその後に日本に戻ってきても、エリートとして大切にされていない人が多いように感じます。山崎豊子さんの小説である「沈まぬ太陽」ではないですが、新興国をたらいまわしにされているような人の話も良く聞きます。

―― そういう日本のアジア人材の処遇は何が必要だと思いますか。

 アジアの新興国で活躍したような人をすぐに取締役にするなど、明確に人事で報いることではないでしょうか。今、新興国事業が大切だと言っている企業がたくさんあります。そのためには急いで人材を投入する必要があるでしょう。であれば、そのためにまずは、アジアで活躍してきた人を役員として目立たせる。キャリアパスが明確に示されますから。

 そうすれば、若い人たちもアジアの新興国にもっと赴任したいと思うでしょうか。アジアこそが日本人社員にとってエリートコースである。その意識を持たせることが重要です。

インド人も「日本に行きたい」

―― アジアの新興国の人材を日本企業の幹部候補生として育てることについてはいかがですか。

 まずはインドの話をしましょうか。最近、インドに行ってきました。将来的にインドでも現地で研修事業を始めたいので、そのための準備です。インドのソフトウエアなどの学校を訪問し、現地の人たちの考えを聞いてみました。

 学生たちはだいたい半年ぐらい勉強します。そこでの卒業生の9割ぐらいがインフォシスなどインドの大手IT企業に就職するそうです。非常に優秀です。それは学費が半年で16万円ぐらい。物価を考えれば非常に高いのですが、それで家族とか親戚が投資をしてくれる。だから、学生たちは勉強に必死なのです。

コメント7件コメント/レビュー

1) ジョン万次郎のポストはたぶん作れません。日本の会社なんて相撲協会みたいな物で、所詮は順送り。年功序列の偉い人が長い長い行列を作って順番を待っています。貴乃花が来ようが、ジョン万次郎が来ようが、最後尾を指し示されてオシマイです。列を乱すような無礼を働けば、ホリエモンや朝青龍のように追放です。2) この行列は会社そのもので、列が崩れるときは会社が潰れる時です。この行列を守るために海外展開しようというのに、海外展開を上手く行うためにジョン万次郎を行列に割り込ませるなんて本末転倒です。(2010/11/10)

「うちのエースはアジア人」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

1) ジョン万次郎のポストはたぶん作れません。日本の会社なんて相撲協会みたいな物で、所詮は順送り。年功序列の偉い人が長い長い行列を作って順番を待っています。貴乃花が来ようが、ジョン万次郎が来ようが、最後尾を指し示されてオシマイです。列を乱すような無礼を働けば、ホリエモンや朝青龍のように追放です。2) この行列は会社そのもので、列が崩れるときは会社が潰れる時です。この行列を守るために海外展開しようというのに、海外展開を上手く行うためにジョン万次郎を行列に割り込ませるなんて本末転倒です。(2010/11/10)

周囲では、給与はともかく、日本に戻りたくない壮年日本人の駐在員が増加しています。拠点長級の方から、帰任命令を受けた途端に退職の相談を受けることも多く、政治、福祉、経済的に日本に希望を持つ40代が減少している事を肌で感じています。彼等は世界一景気の良い成長市場で、世界各国の強豪に揉まれつつ、遣り甲斐のある仕事に恵まれる機会の多い中国から、日本に戻る事に抵抗が大きい様です。今更、日本人でも戻りたくない日本国内企業、衰退してゆくのは仕方ない事ではないでしょうか。(上海から)(2010/11/10)

同様の経験をしており、内容的には良く分っているので、参考にはならなかった。大赤字続きの会社に赴任し、撤退する為に派遣されたとも言われたが、中国人の自主性を重んじた運営をし、2年で黒字の可能性が見えてきた。結果よりも本社を無視した会社運営が批判され、私は日本に戻り閑職になった。その後、日本式管理に戻し、成長率が非常に小さくなった。大きな権限を持たされていた中国人は日本式管理の下に入り、みんなやめてしまった。彼らは現在独立して中国で大きな成功を収めている。彼らとは現在も交流が続いている。当時は恨んだりしたが、現在は結果的に非常に良かったと思っている。中国では、本当に人と人のつながりが重要である。(2010/11/10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長