• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

食べ物までも中国産なしには生きられなくなる?

キムチ大乱がもたらした社会混乱と政治不信(2)

2010年11月10日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から続く

 9月末から10月にかけて、韓国では白菜が例年の20倍以上暴騰し、韓国人のソウルフードである「キムチ」が「金チ」になってしまうという大惨事が発生した。11月に入ってからも白菜の値段はまだ去年に比べて高い。でもキムチのない食生活は想像もできないので、他の出費を削ってでもキムチは必ず冷蔵庫に常備しておく。キムチのないラーメン、キムチのない焼き肉は想像しただけで胸やけがする。

 だめだ、想像してしまった。。。う。。。

 スーパーに行けば、同じように見える白菜キムチがたくさん並んでいる。しかし、味付けはバラエティーで、出身地や好みの辛さに応じて買えるようになっている。テレホンショッピングやインターネットショッピングでも常に人気商品の上位にキムチがある。芸能人のサイドビジネスとして人気が高いのもキムチで、料理上手と評判の女優や歌手らがこぞってキムチブランドを立ち上げた。

 白菜の塩加減から薬味までオーダーメイドできるキムチも増えている。海外輸出も好調で、日本や中国で製造された「キムチ」に対抗して、「本物のキムチ」を世界で売るためのマーケティングに力を入れている。韓国におけるキムチビジネスは一大産業であり、キムチ一筋で大手食品メーカーに成長したキムチ財閥も珍しくない。

 前回述べたようにキムジャンをしなくなったために、キムチビジネスはもっと大きくなっている。白菜価格の急騰によって自分で漬けるより買って食べる方が安くなったことから、キムチビジネスはさらに拡大しそうだ。どうして自分で漬けるより買って食べる方が安いのか、それは白菜の流通構造に理由があるという。

野菜取引の一形態「バッテギ」が価格高騰につながる

 韓国の野菜取引の一つに、「バッテギ」といって農家と産地仲介商人が畑単位で契約を結ぶ流通方式がある。収穫された野菜を取引するのではなく、この畑から収穫されたもの全部でいくら、と春ごろに契約をするものだ。農水産物流通公社によると、栽培面積の7割以上が「バッテギ」で契約されている。非常に一般的な取引形態なわけだ。

 この取引方式にすると、収穫された野菜を取引するのに比べて、農家の収入は断然少なくなる。いっぽうで、気象問題で収穫が見込み通りにいかない場合でも収入が確保できる、安心できるというメリットがある。野菜は産地仲介商人から問売競売、仲介商人、小売を経て消費者に売られる。仲介が多いほど野菜の値段は高くなるしかない。

 大手キムチメーカーや大手スーパーは産地仲介商人と取引することで安く白菜を手に入れるから、彼らがつくるキムチは私たちが自分で漬けるよりキムチも安くなる。畑ごとの取引をするようになってから、農家はより貧しくなり、都会の野菜物価はどんどん値上がりしている。当然のことであるが、営利がすべての中間仲介商人にとって、畑ごとの取引は野菜の価格を調整できる最高のチャンスである。

李大統領の4大川事業が野菜の作付面積を減らしている!?

 もう一つ、白菜価格急騰をきっかけに韓国で問題になっていることがある。それは李明博(イ・ミョンバク)政府が熱心に取り組んでいる「4大川事業」である。政府は、これからの気候変動に備え、水不足問題を解決し、生態環境を生かして地域経済も活性化させるための事業と説明している。韓国にある4つの大きな川を整備するために22兆ウォン(約2兆円)以上の予算を投入する。

 ネット上で「4大川を整備するためにその周辺を掘り起こしたりするので、農地が減り、野菜や米を育てる土地の面積が少なくなっている。これが白菜価格急騰につながった」という主張が広がった。

コメント4件コメント/レビュー

韓国のキムチ安保危機は、日本にとっても大きな教訓になると思います。FTAで韓国が先進国に立っていると、NHKは極めて好意的に報道していますが、安保の最大の目的である「国民にご飯を食べさせる」がなおざりになっては、いかがかと。(2010/11/10)

「日本と韓国の交差点」のバックナンバー

一覧

「食べ物までも中国産なしには生きられなくなる?」の著者

趙 章恩

趙 章恩(ちょう・ちゃんうん)

ITジャーナリスト

研究者、ジャーナリスト。小学校~高校まで東京で育つ。ソウルの梨花女子大学卒業。東京大学学際情報学府博士課程に在学。日経新聞「ネット時評」、日経パソコン「Korea on the web」などを連載。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

韓国のキムチ安保危機は、日本にとっても大きな教訓になると思います。FTAで韓国が先進国に立っていると、NHKは極めて好意的に報道していますが、安保の最大の目的である「国民にご飯を食べさせる」がなおざりになっては、いかがかと。(2010/11/10)

この話は他人事ではない。政府はTPPを推進しようと画策しているが、農業をどうするかキチンと答えを出す前にやってしまったら、農業は壊滅する。安い食料を輸入すれば良いと安易に言っている人達が以外と多いが、よく考えてもらいたい。世界的に人口が増え続け、必ず食料は不足すると言われており、正に食料安保の時代が、すぐ未来に来る事を忘れてはならない。どんなにお金を出しても売ってくれなくなった時を想定して、国内の農業をどう立て直すのか、国民全員で真剣に考える時が来たのだと思います。間違ってもこの問題がクリアになる前にTPPに加盟してはならないと思います。(2010/11/10)

中国産は、農薬が怖いから。韓国の国内法の規定がどうなっているかはわかりませんが。(2010/11/10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長