• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ロボット産業の“マイクロソフト”を目指せ!

オープンソースのOSを利用する動きも

  • Bloomberg Businessweek

バックナンバー

2010年11月18日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Joel Stonington(Bloomberg News記者)
米国時間2010年11月2日更新「 Becoming the Microsoft of the Robot World

 われわれが利用する自動車や電子機器は、ロボットが製造している。ロボットは楽々と品物を仕分けし、重たい荷物を持ち上げることもできる。また、小さすぎて人間の目では見えないような微細な手術も行える。アフガニスタンでは、ロボットが人間の代わりに戦地で戦っている。それでも、こうした各種のロボットにもできないことがある。それは基本ソフト(OS)の共有だ。

 国際ロボット連盟(IFR)の報告書『ワールド・ロボティクス』によれば、現在、世界中で約860万台のロボットが稼働している。この数は米ニュージャージー州の人口に匹敵する。その大半は一から独自に設計されたロボットだ。町工場の技術者や大学教授、企業の研究者らは長年、新型のロボットを作るたびに、事実上白紙の状態から開発を行ってきた。つまりハードウエアの設計と、動作させるソフトウエア両方を開発する。現在のロボット業界では、溶接用ロボットと掃除用ロボットには基本的に接点がない。

標準がない製品の市場は混乱する

 だが、こうした状況も近いうちに変わる可能性がある。ロボット業界で米マイクロソフト(MSFT)のような地位を確立できれば、膨大な利益が見込める。米スタンフォード大学インターネット社会研究センターの消費者プライバシー研究部門を統括するライアン・カロ氏は「ロボット用OSで主導権を獲得するための競争が繰り広げられている」と語る。

 技術の発展と普及にとって、標準化は重要だ。複数の規格が乱立している状態では、消費者は混乱し、技術の進歩も妨げられる。例えば、ソニー(SNE)の「ブルーレイ」と東芝(TOSYY:US)の「HD DVD」が次世代DVDの規格を争った。その間、どちらの規格の製品も売り上げが低迷した。2008年に東芝がHD DVDの生産を中止すると発表して、混乱は収束した。カロ氏は「業界標準となるロボット用OSを作ろうとしているグループがひしめきあっている。これは実に困った問題だ」と語る。

オープンソース化を目指す動きも

 人間の命令を受け、自ら判断し、直接命じられたこと以上の対応ができる高度なロボットは、きわめて複雑なソフトウエアによって動作する。コップをつかんだり、何か聞かれたときに笑うロボットを作るためだけでも、膨大なプログラムを組む必要がある。

 多くの企業が独自のロボット用OS(ROS)を開発している。マイクロソフトは2007年、ROSとソフト開発ツールを合わせたパッケージ製品「マイクロソフト・ロボティクス・スタジオ」を発売した。また床掃除ロボット「ミント」を開発した米エボリューションロボティックスは「エボリューション・ロボティクス・ソフトウエア・アーキテクチャ」というROSをつくっている。

 さらに、米グーグル(GOOG)出身のスコット・ハッサン氏が2006年に設立した米ウィローガレージ(本社:カリフォルニア州メンローパーク)は、オープンソースのROSを開発中だ。同社はオープンソースのソフトウエアを使って、プラットフォームロボット「PR2」を開発。同社は今年、400万ドル(約3億3000万円)を投じてPR2を11体製造し、研究機関や企業に無償で提供した。今年10月には、PR2を40万ドル(約3300万円)で発売した。さらにオープンソースプログラムの開発に貢献してきた企業や研究機関には、このロボットを割引価格の28万ドル(約2300万円)で販売している。

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長