• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

北朝鮮による延坪島砲撃:私が見た仁川の光景

インスタントラーメンや水の価格が急騰

2010年12月1日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 頭が真っ白になるとはこういうことだったのか。

 ニュースを聞いた瞬間は何が何だか分からなかった。

 戦争が始まるのか?

 その恐怖だけでニュースに集中することもできないほどだった。

 まさか、北朝鮮が軍事的に攻撃してくるとは想像もしなかった。
 休戦状態ではあるが、韓国人の多くは「同じ民族同士で殺し合う戦争はもうしないだろう」と信じ、ずっと平和ボケしていた。しかし、北朝鮮にとって韓国は同じ民族ではなく、敵でしかなかった。世襲を守るため、体制を守るため、いつでも攻撃できる相手だったのか。「韓国は北朝鮮を攻撃することない。何があっても戦争を避ける」との確信から攻撃を決めたのか。

 北朝鮮の爆弾が韓国の領土内に落ちたのは朝鮮戦争以降これが初めてだという。だが、砲弾は、民家が集まっている住宅街の中に落ちた。畑や海で生業に励んでいた住民は、空から降ってくる砲弾に驚き、逃げ回った。海に落ちたものまで含めると100発以上の砲弾が打ち込まれた。1700人ほどが住んでいた延坪島は足の踏み場もないほど破壊され、山が燃えた。

午後2時34分 ソウル:いつもと変わらないソウルだった

 11月23日午後2時34分、北朝鮮が仁川の延坪島に向けて、海岸砲と曲射砲を1時間17分ほど発射し続けていた間、ソウル市内はいたって平和だった。漢江はいつになく緑色に輝き、遊覧船がゆっくり通り過ぎていった。空は晴れて真っ青、ソウルの北にある山が手に取れるほど近く見えた。

 日本人観光客や中国人観光客を乗せたバスが何台も光化門の免税店前に止まり、ガイドさんたちが一休みしていた。いつもの平穏な一日であった。延坪島はソウルから遠いとはいえ、韓国領土内である。韓国の領土が北朝鮮によって攻撃されているのに、緊迫した様子は全然なかった。

 私がそのニュースを聞いたのはタクシーの中だった。観光客でごった返す明洞の近くで取材を終えてタクシーに乗ると、運転手さんに「戦争が起きるかもしれないよ。早く家に帰ったほうがいい」と言われた。

 タクシーの中で地上波DMB(韓国のワンセグ)のニュースを聞きながら、何をどうしたらいいのか、頭がくらくらして手が震えた。黒い煙しか見えない映像。アナウンサーは「北朝鮮が砲撃してきた。しかし、何がどうなっているのか状況は把握できていない」と繰り返していた。その声を聞きながら窓をのぞくと、ソウル市内は何事もなく、人々の表情にも変化がない。みんなニュースを聞いてないのか?

仁川:インスタントラーメンやミネラルウォーターの価格が急騰

 仕事場のある仁川に着いたら、雰囲気は全然違っていた。ここは延坪島から近い。北朝鮮の海岸砲や曲射砲の射撃距離内に入る地域が多いだけに、不安も身近なものとなる。

 「仁川空港も狙われているのではないか」。
 「日が暮れるとまた攻撃が再開されるらしい」。
 「仁川市民に避難令が出るかもしれない。どこに行ったらいいのか?」。
 とあちこちで電話をする声が聞こえた。

 スーパーでは早速、インスタントラーメンとミネラルウォーターの値段が急騰し始めた。
 品切れになる店も続出した。

 大手流通スーパーマーケットの調査によると、インスタントラーメンとミネラルウォーターの23日の売り上げは、前週同曜日比でそれぞれ44%、31%増えたという。延坪島から近い仁川松島店(筆者の仕事場がある地域)はラーメンの売り上げが2倍、ミネラルウォーターも77%増えた。

コメント4件コメント/レビュー

日本人から見れば砲撃されたのは半島から離れた島であることであまり心配はしてなかったですね。「島」への攻撃が多少激しいものであっても「本土」の人たちへの心理的な影響は1枚壁を挟んでの火事のような物になるかと思います。延坪島の復讐を合言葉に韓国世論が過激化していくことがないとよいのですが。(2010/12/01)

「日本と韓国の交差点」のバックナンバー

一覧

「北朝鮮による延坪島砲撃:私が見た仁川の光景」の著者

趙 章恩

趙 章恩(ちょう・ちゃんうん)

ITジャーナリスト

研究者、ジャーナリスト。小学校~高校まで東京で育つ。ソウルの梨花女子大学卒業。東京大学学際情報学府博士課程に在学。日経新聞「ネット時評」、日経パソコン「Korea on the web」などを連載。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

日本人から見れば砲撃されたのは半島から離れた島であることであまり心配はしてなかったですね。「島」への攻撃が多少激しいものであっても「本土」の人たちへの心理的な影響は1枚壁を挟んでの火事のような物になるかと思います。延坪島の復讐を合言葉に韓国世論が過激化していくことがないとよいのですが。(2010/12/01)

「韓国が平和のために我慢してきた」のは、国家の安全保障と経済政策上、最も妥当な政策だったと思います。戦争になって失うものが大きいのは韓国です。安全が保障されていない国と分かれば、外国資本は全て即座に引き上げます。韓国でなければ出来ないことなんてほとんどなく、周辺国で代替できますからね。それに過去20年間の経済成長と発展による蓄積とインフラは、爆撃で一瞬にして失われます。北朝鮮に爆撃で失われるそういった価値のものはないでしょう。そういう意味でも、北朝鮮に援助をし、開発することで、韓国と同じ状況に北朝鮮を置き、ゆっくり統合するなり何なりしたかったのだろうなぁとおもいます。もちろん、すぐに大規模な軍事作戦を展開して相手が砲撃さえも打ち出せないほど即座に叩き潰すことが出来れば最良ですが、究極の兵器である核兵器を持っているといわれている国とそれだけ本気で交戦するのはやっぱり勇気が居るでしょう(アメリカだって核兵器保有国とは戦争しないように)。同じ民族でこれだけ敵対関係にある隣国が存在することは、外国資本にとって、やっぱりマイナスの要因ですね。今回の砲撃戦で、安全に対する潜在的な脅威を見せ付けられたので、私だったら韓国から撤退して、近隣のアジア諸国に移動すると思います。(2010/12/01)

「北の海岸砲の陣地を破壊して攻撃をやめさせる、という手荒い方法は取らなかった。」手洗い方法を取らなかったのではなくて取れなかったが正しい!なぜなら韓国軍の装備は対北朝鮮のものではなく仮想的である対日本の装備である。だからきたの海岸砲が洞窟の中にある以上韓国の砲撃でこれを無力化することは出来ない。海岸砲に対して無力であるが故、今回の北の砲撃に対して韓国の報復攻撃は兵員宿舎とそのテントと言うお粗末なもの。別途、航空機からの誘導爆弾等により洞窟の奥の砲も攻撃できると思われるが、これも韓国の報復攻撃規定により砲撃に対する報復は砲撃ときめられており、同時に出撃したF-15K、F-16Kは結局何もせずに帰ってきている。韓国はそろそろ現実に目を向け、日本に向けている軍備の矛先を北に向けるべきではないのか?(2010/12/01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長