• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「社長が大車輪の活躍」は正しいのか

「育たないから任せられない」ではなく「任せないから育たない」

2010年12月21日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「最近、社員とたくさん話をしていますか」。進出したばかりのある日系企業の総経理(社長)に尋ねました。

 進出前に経営や採用についての相談を受け、いろいろとアドバイスをさせていただいた会社です。中国現地法人の設立から数カ月が経ち、久しぶりにお会いして最近の状況を聞きたいと思って訪問しました。総経理の答えはこうでした。

 「いやー金さん、忙しすぎて社員と話す時間は取れていないですね。日本の本社とのやりとりは大変だし、財務も見ないといけない、立ち上げたばかりだから営業も自分でやっているでしょう。まだ採用もしていて面接も全部やっているからね。それから広告企画もですよ。時間はいくらあっても足りません」

 私は冗談交じりに「肝心の『総経理の仕事』をする時間がないんじゃないですか」と聞き返しました。総経理は笑いながら「本当にそうだね。忙しいと余裕もなくなるし、ずっとばたばたしているから、『私は一体何をしているのだろう』と自問自答することがあるよ」と答えました。その間も、かかってくる携帯電話に慌ただしく対応していました。

すべての職務を兼任する総経理

 これから中国進出をしようとしている企業から、中国事業の責任者の方が訪ねて来ることがあります。「今、市場調査をしていて、事業計画書を書いている」「現地を見ながらいろいろヒアリングをしている」。その状況は様々です。

 先日お会いしたのも、今後、中国で事業展開を考えている会社の担当者でした。日本では有名なサービス業の会社です。訪ねて来た方は、進出後に現地法人で総経理になることが決まっていました。

 中国の人材マーケットにおける採用方法などの話が一段落したところで、彼は私にこう言いました。「まず、通訳と会計担当者を採用して、その後、営業担当者を採用したいと思っています。営業部隊がないと商品が売れませんからね」。

 私はすかさず聞き返しました。「財務や人事、マーケティングはどうされるのですか」。その方の答はこうでした。「会計は日々の活動で必要なので採用しますが、財務は会計担当者に兼務させても最低限の業務はできるでしょう。人事は面接を含めて私が全部やります。マーケティングについては、私が日本のノウハウを持っているし、一番得意な分野でもあるので、とりあえず私がやります」。

では、『総経理の仕事』とは何なのですか

 私は「なるほど」と思いながらこう言いました。「でも総経理、それでは相当忙しくなりますよ。中国は価値観や感覚が日本とはずいぶん違います。会計も通訳も営業もとても大事な職種ですが、財務、人事、マーケティングは現地の人に任せればいいじゃないですか」。

 総経理候補の方は自信たっぷりにこう言いました。「金さん、そこは任せてください。忙しいのには慣れていますし、財務はお金にからむ重要な事なので最初は私が直接やります。少人数でスタートするから人事担当者も今はいりません。専任者をつけたらコストもかかるしね」。

 私は苦笑いしながら「では、『総経理の仕事』とは何なのですか」と聞き返してしまいました。答えは「まず、サービスや商品を売ることです」でした。

コメント4件コメント/レビュー

私の知り合いの総経理は担当者と一緒になって国内出張(中国)をしまくり、会うたびに忙しい忙しいと言っています。でも、私から言わせれば「そんなのはアンタの仕事じゃないだろう」と。言葉ができて直接交渉わけでもなく、顧客との取り決め事項について本社へ強力なバックアップを要求するわけでもない。ただ単に出張して酒を飲むだけ。中国人部下の不満も噴出し、私もよく愚痴を聞かされます。(2010/12/24)

「金鋭のなぜ日本企業は中国で勝てないのか」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私の知り合いの総経理は担当者と一緒になって国内出張(中国)をしまくり、会うたびに忙しい忙しいと言っています。でも、私から言わせれば「そんなのはアンタの仕事じゃないだろう」と。言葉ができて直接交渉わけでもなく、顧客との取り決め事項について本社へ強力なバックアップを要求するわけでもない。ただ単に出張して酒を飲むだけ。中国人部下の不満も噴出し、私もよく愚痴を聞かされます。(2010/12/24)

実のところ、中国への進出に限らず「海外進出してうまくいかない」最大の要因は、「現地化を怠る」ということですね。「本社の指示をいちいち仰がなくては何も出来ない日本企業」というのは、昔からジョークの種です。(2010/12/22)

任せられないから育たないはアリですね。当社も中国に出資しているが、そこの総経理はまさに孤軍奮闘。全てを管理し、海外出張中も電話で社内に指示だしまくり。なぜか?過去に部下が大金横領したからで、同じ中国人同士でも全面的に信用できないからだ。しかも、利益は下の方まで十分に配分されず、下の者はいつも不満を持っている。そのため、ちょっと仕事覚えると次々辞めて行き、人は育たない。一種の風土病だ。個人主義なのは誰でも知っている。それでも良いだろう。信頼できる人間であるならば。(2010/12/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授