• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

石炭産地で“石炭不足”の不思議

火力発電所の在庫が払底、大規模な停電のリスクも

  • 経済観察報

バックナンバー

2011年1月11日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

煤荒真相
 経済観察報記者 于華鵬 温淑萍

今週の読みどころ(ミニ解説)

 「中国発 経済観察報」はおかげさまで3年目を迎えました。本欄では現地紙ならではのディープな話題や、日本のメディアが伝えないニュースをセレクトしてお送りしていますが、「一読しただけでは要点がわかりにくい」とのご意見もいただいていました。そこで新年を機に、「今週の読みどころ」と題したミニ解説を併せてお届けします。

 今週取り上げるのは、山西省や陝西省など中国内陸部の火力発電所で起きている「石炭不足」の話題です。石炭市場全体では需給バランスが取れているのに、これらの発電所では石炭在庫が払底し、大規模な停電のリスクが高まっています。一体何が起きているのでしょうか。

 中国は石炭資源が豊富で、発電の7割以上を石炭火力が占めています。石炭市場は2006年に原則自由化され、エネルギー需要の増大で相場が高騰しています。ところが、電力価格は今も政府の統制が続いており、電力会社はその板挟みに悩んでいるのです。今回の記事は、発電所の石炭不足を手がかりに、中国エネルギー産業の「裏の姿」を垣間見せてくれます。

 安定した電力供給はビジネスに欠かせないインフラです。中国に進出している日本企業にとっても決して他人事ではありません。そんな視点からお読みいただけば、記事の面白さが倍加するのではないでしょうか。

(岩村 宏水=ジャーナリスト)

 2010年12月以降、山西省、陝西省、湖北省、河南省などの地方で発電用石炭の不足が深刻になっている。一部の発電所では石炭の在庫が底をつき、発電機の稼働を停止。他の発電所でも電力供給を絞っているとの情報が数多く伝わってきている。

 ところが、中国石炭工業協会の職員によると、全国の電力会社の石炭在庫量は15日分を維持しており、需給は安定しているという。石炭は足りているのか、それとも足りないのか、どちらが真相だろうか。

発電所の報告と統計データに落差

 石炭不足の状況は、各省の電力管理部門がまとめた報告書にはっきり表れている。本紙(経済観察報)が入手した山西省と陝西省の報告書によれば、両省では既に多数の石炭火力発電所で発電機の一部が停止している。石炭不足を速やかに解消しないと、このままでは大規模な停電が起きるリスクがあるという。

 例えば陝西省では、省政府の電力管理部門が統一管理している発電所の半数以上で、石炭在庫が7日分を切っている。このため、地域への安定した電力供給や熱供給、省外への送電などに影響が生じている。同省の主力石炭火力発電所14カ所の石炭在庫は、2010年11月1日の時点の213万8000トンから12月6日には88万4000トンに急減。さらに、石炭の質の低下が原因で発電機の出力も下がっている。

 山西省の状況も似たり寄ったりだ。同省では2010年10月以降、多くの火力発電所が電力供給を絞っている。湖北省や河南省でも、一部の発電所の石炭在庫が払底し、発電機が止まる例が出ている。

 発電所側の報告を見れば、石炭不足は明らかに思える。ところが、石炭の流通業界の統計データは正反対の状況を示している。浙江電力、上海電力、粤電集団、国電集団、大唐集団、華能集団の6大電力グループの石炭在庫は、大唐集団を除いていずれも10日分を上回っているのだ。このうち浙江電力、粤電集団、国電集団の在庫は20日分を超えているほどだ。

 火力発電所の石炭在庫は一般的に15日分が警戒ライン、7日分が最低ラインとされており、3日分を切るといつ操業停止に陥ってもおかしくない。しかし6大電力グループの在庫状況を見る限り、石炭不足は起きていない。資料の出所の違いにより、なぜこれほどの落差あるのか。

コメント0

「中国発 経済観察報」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員