• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「500億ドルの男」の素顔

「フェイスブック 若き天才の野望」の著者に聞く

  • 水野 博泰

バックナンバー

2011年1月21日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

フェイスブック 若き天才の野望』(日経BP社、1800円+税)

 フェイスブックの企業価値は500億ドル──。

 年明け早々、米ゴールドマン・サックスが明らかにしたソーシャル・ネットワーク最大手に対する評価額は世界の度肝を抜いた。そんな価値があるのか、ないのかの議論は別にして、世界中に6億人ものユーザーを抱える最先端企業を創り出した創業者マーク・ザッカーバーグ氏に対する注目度が高まっている。日本ではザッカーバーグ氏を描いた映画「ソーシャル・ネットワーク」(ソニー・ピクチャーズ)も封切られた。

 ザッカーバーグ氏はメディア取材を受け付けないことで有名だが、その彼に数年間にわたって密着した米国人ジャーナリストがいた。デビッド・カークパトリック氏──。著書「The Facebook Effect」はベストセラーとなり、その日本語版「フェイスブック 若き天才の野望」が今月、日経BP社から発売された。

 フェイスブックを創った男の素顔を、カークパトリック氏に聞いた。

(聞き手は、ニューヨーク支局=水野 博泰)

── まずストレートに聞きたい。フェイスブック創業者「マーク・ザッカーバーグ」とはいったい何者なんですか。「今」という時代において何を意味するのですか。

デビッド・カークパトリック(David Kirkpatrick)氏
フォーチュン誌で長年にわたりインターネットおよびテクノロジー担当編集主任を務める。同誌では、アップル、IBM、インテル、マイクロソフト、サン・マイクロシステムズをはじめとする数多くのテクノロジー企業に関する特集記事を執筆した。2001年に「フォーチュン・ブレーンストーム会議」を創設し、2010年には人間のあらゆる活動のための技術革新をテーマとする「テコノミー会議」を立ち上げた。(写真:梨子田まゆみ、以下同)

 カークパトリック それは大きな質問だ。こう答えよう。

 マーク・ザッカーバーグとは、最も成功した起業家であり、ビル・ゲイツ(マイクロソフト創業者)やスティーブ・ジョブズ(アップル創業者)、ラリー・エリソン(オラクル創業者)、孫正義(ソフトバンク創業者)に匹敵するスケールを持った人物だ。

 フェイスブックのような巨大企業を作り上げた起業家は、ほんの数えるほどしかいない。ザッカーバーグは今26歳の若さだが、短い時間で目覚ましい成果を上げた。そんなことができたのは、彼が真のビジョナリー(先見の明がある人物)であり、ほかの起業家を超えているからだ。

 彼がユニークなのは「こんな事業を興してやろう」と思ってフェイスブックを始めたのではなくて、「世界を変えてやろう」という気持ちから入ったという点だ。ここは多くの起業家たちと決定的に違うところだ。起業センスに長けているだけでなく、優れたマネジャーでもある。

世界に革命を起こすハッカー

── あなたがザッカーバーグに「天性のCEO(最高経営責任者)だね」と言ったら、彼は不機嫌になった・・・。

 そう、お世辞のつもりだったんだが(笑)。あれは2006年9月に初めて会った時だった。

 僕は早くから「Why Facebook Matters?(フェイスブックに注目せよ)」という見出しの記事を書いたりしていたから、ザッカーバーグ・・・、マークと呼ぶよ、マークも僕のことを知っていた。そういう経緯で僕のところにフェイスブックの本を書かないかという話が持ちかけられたというわけ。

 話を戻すと、マークが「CEOなんかやりたくないんだ」と言うから、「だけど、生まれつきのCEOみたいだよ」と僕が言うと、真剣な顔つきになって「ビジネスはやりたいことをやるための道具に過ぎない。僕は自分がビジネスパーソンだなんて少しも思わない」と。

 マークは自分を「ハッカー」だと思っているんだ。フェイスブックはIBMやソニーみたいなエスタブリッシュメントの企業じゃない。どちらかと言えば、ウィキリークスに近い(笑)。ハッカーも世界を変えようとしているよね。たいていは世界をぶっ壊そうとしているわけだけど。マークがやりたいのは、その逆でクリエイティブな人間たちを集めて世界をもっと素晴らしいものに変えようとしている。だから、ハッカー文化が会社から無くならないように気をつけているし、彼自身は確信的ハッカーなんだ。

── ウィキリークスのジュリアン・アサンジと似ている?

 まあ、共通点はあるね。ザッカーバーグがアサンジをどう思っているかは知らないけど、どちらも現代を代表するハッカーだよ。ナップスター創業者のショーン・パーカーも、グーグルのラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンも皆広い意味でのハッカーだった。ビル・ゲイツだってそうだった。

コメント2

「水野博泰の「話題潜行」from NY」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長