• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

スマートフォンの普及で、韓国人の生活は「TGIF」に変わった

「Twitterをしない特別な理由があるのか?」

2011年2月2日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2010年に続いて2011年も、韓国を象徴するキーワードは「スマート」になりそうだ。サムスン経済研究所が実施した、「2011年にヒットしそうな商品」のアンケート調査では、圧倒的な支持で「スマートフォン」が選ばれた。続いて「タブレットPC」、「ソーシャルメディア」もトップ10入りした。この調査には、韓国のネットユーザー1万人以上が参加した。

 子供に「お父さん早く帰って来て!」と言われ、うれしくてお土産まで買って帰ったら、子供が待っていたのはお父さんではなく、お父さんのスマートフォンだった。

 こんな、落ち込むお父さんたちの話をあちこちで聞くようになった。スマートフォンは世代を超えて韓国人を魅了している。

 2009年11月にiPhoneが発売されたのを皮切りに、サムスン電子のGalaxyS、LG電子のOptimusなどが次々と登場した。市場は激しい競争となっている。

 韓国のスマートフォン加入者は、携帯電話キャリアの予想の3倍を超えるスピードで伸びている。キャリア各社は、2010年の加入者数を200万台前後と予想していた。放送通信委員会によると、スマートフォンユーザーが携帯電話加入者に占める割合は、2010年末には15%となった。これが、2011年の1年間に販売される携帯電話では60%に達する見込みだ。この結果、2011年末には、国民3人に1人はスマートフォンを使うことになる。

 韓国のモバイルインターネット利用率は2007年から年平均19%ずつ伸びていたが、2009年から2010年にかけては2倍近い35%も増えた(放送通信委員会)。

 それもそのはず。日本と違って韓国には携帯電話向けの勝手サイト(非公式サイトのこと。インターネットでは、URLを入力するだけでサイトを見られるのが当たり前だが、韓国ではキャリアが契約している公式サイトしか、携帯電話から閲覧することはできなかった)がなかったので、携帯電話からウェブサイトに自由にアクセスすること自体、韓国人にとっては新世界なのだ。スマートフォンの登場でこうした使い方が可能になった。

 スマートフォンを使えば料金の高い3Gデータ通信ではなく、無料のWifiでネットにアクセスできる点もうれしい。韓国ではパケット使い放題サービスが2010年8月に始まったが、それでも料金が高い。既にWifiスポットが充実しているので、パケット定額制といっても日本ほどのインパクトはなかった。

パソコンからスマートフォンへ
韓国系ポータルから世界標準ソーシャルメディアへ

 韓国人の生活はスマートフォンの影響で大きく変わった。「YahooやGoogleは使いづらい」としてNAVER、DAUM、NATE、Cyworldといった韓国企業が提供するサイトばかり好んでいたユーザーたちが、スマートフォンをきかっけにグローバルサービスであるTwitter、Google、Facebookに目を向け始めた。

 この変化を機に、韓国では、2010年以降の韓国人の生活を「TGIF」と表現するようになった。Twitter+Google+iPhone+Facebookの略で、韓国人のネット利用形態を象徴する言葉として使われている。本来は「Thanks God It’s Friday」の略で、週休2日制を象徴する言葉だが、これをもじったものだ。

 韓国で一番人気の検索ポータルサイトはNAVERで、検索では8割近いシェアを持っている。(韓国Metrixの調査、以下同)その次にDAUM、NATEが続き、Googleはいまだに1%前後シェアしかない。ところが、スマートフォンから利用する検索の場合は、NAVERのシェアが5割程度に落ち込み、その代わりGoogleが2割近くを占める。

 韓国では2000年ごろからソーシャルメディアの利用が活発になった。世界のどこよりも早く同窓会サイトが人気を集め、アバターの着せ替えチャット、簡単に個人ホームページをつくって友達とつながれるMINI HOMPYなどが人気を博した。それが今は、スマートフォンから利用しやすいメディアに人がシフトしている。韓国のソーシャルメディアもケータイやスマートフォンからアクセスできるのだが使い方が不便。ケータイやスマートフォンからは表示できないメニューもあるからだ。

 韓国の代表的なソーシャルメディアであるCyworldのページビューは2010年に33%ほど減少した。いっぽう、Facebookユーザーは3125%増加、Twitterのユーザーは1833%増加している。2010年の1月と12月のTweetの数を比較すると3400%も増加していた。

コメント1

「日本と韓国の交差点」のバックナンバー

一覧

「スマートフォンの普及で、韓国人の生活は「TGIF」に変わった」の著者

趙 章恩

趙 章恩(ちょう・ちゃんうん)

ITジャーナリスト

研究者、ジャーナリスト。小学校~高校まで東京で育つ。ソウルの梨花女子大学卒業。東京大学学際情報学府博士課程に在学。日経新聞「ネット時評」、日経パソコン「Korea on the web」などを連載。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の未来は、男性と同じ程度、女性のリーダーが作っていくものだと確信している。

ビル・エモット 英エコノミスト誌元編集長