• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

45歳で定年、56歳は盗賊という神話

雇用不安から若者中心に公務員試験が異常な競争に

2011年2月7日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「沙悟浄(サオジョン)」、「五六島(オリュクド)」。これは、韓国の労働市場を象徴する言葉として知られています。

 沙悟浄は西遊記に登場し、三蔵法師や孫悟空とともにインドに経典を求め旅したことで有名です。五六島は日本ではほとんど知られていませんが、釜山の海岸からほど近い島のことです。もともと5つの島ですが、満潮になると島の1つが2つに分かれ、島が6つに見えることから、五六島と言われています。

 この2つの言葉は、韓国語で同じ発音の「45定」、「56盗」とも書けます。「45定」とは定年が45歳、「56盗」とは56歳で職場に残っている人は盗賊という意味です。つまり冒頭の2つの言葉は、韓国の労働市場の特徴である、働き盛りで職場を追われる現象を掛詞(かけことば)で表現しているのです。

 この言葉は日本でも紹介されており、韓国の労働市場は「弱肉強食」で激しい「椅子取りゲーム」が繰り広げられており、弱い者はすぐに市場から退出させられるというイメージを持っている人も少なくありません。

 一方で、韓国の労働市場は硬直的であるというイメージも日本では一般的です。労働組合のデモの激しさをニュースなどで見て、韓国でのリストラは大変だと思った人も多いでしょう。この事実からは、韓国では労働市場から雇用者を退出させることは難しいという結論になります。

 このように、韓国の労働市場については、「雇用者が市場から退出させられることが日常的」、「雇用者を市場から退出されることが難しい」という、2つの相反するイメージが混在しています。今回は「45定」、「56盗」が、韓国の労働市場で本当に一般的なのかについてデータをもとに考えていきたいと思います。

45歳で常用職男性は会社を“追われて”いるのか?

 まず「45定」です。この言葉の妥当性を検証するため、まず2000年に40歳であった人について、常用職(※1)として雇用されている人の比率がどのように変化するか、1歳刻みで見ていきます(男性のみ。以下同様)。

 常用職は原則として定年までの雇用が期待されます。もし多くの雇用者の定年が実質的に45歳であれば、45歳を境にこの比率が下落するはずです。その結果を示したのが図1です。

 40歳で37.2%であった比率は、49歳でも37.5%と全く変化はありません。また常用職の中でもホワイトカラー(※2)に絞って見ると、40歳の9.7%から49歳には13.0%と若干高まっています。念のため前後の年代、すなわち2000年に39歳であった人、2000年に41歳であった人について見ても、同様な動きでした。

 つまりこの数値からは雇用者の定年が実質45歳であるとの証拠を得ることはできません。ただし、この数値だけでは、45歳が実質定年であることを否定することもできません。45歳で肩を叩かれる人が多くても、すぐに他の会社に常用職として再就職できれば、常用職として雇用される人の比率は変わらないからです。

 そこで次に一番長く勤めた職場(以下は単に「職場」とします)から何歳で退いたか、2010年に55歳であった人を対象にして見てみます(※3)。これによると8割は50代までは辞めておらず、45歳までに辞めた人は14%に過ぎません。もちろん45歳までに10%以上も辞めていたら「45定」は事実だと言えるという人もいるでしょう。では、45歳までに職場を退いた人についてその理由を見てみます。

※1 これは「経済活動人口調査」の常用職(「韓国は”非正規大国”って本当?」参照)。
※2 職業分類で事務職及び管理職をホワイトカラーとした。
※3 自営業も含まれた数字しかとれないので、雇用者の数値を正確には把握できなかったが、ある程度の感触はつかめる。なおこの分析は「経済活動人口調査:高齢者付加調査」(2010年5月調査)のマイクロデータを用いて行った。

コメント3

「知られざる韓国経済」のバックナンバー

一覧

「45歳で定年、56歳は盗賊という神話」の著者

高安 雄一

高安 雄一(たかやす・ゆういち)

大東文化大学経済学部教授

1990年一橋大学商学部卒、同年経済企画庁入庁、調査局、外務省、国民生活局、筑波大学システム情報工学研究科准教授などを経て現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長