• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

北京大学と清華大学、評価が高いのは?

「総合」「富豪数」の北京、「OBの寄付金」「政界人」は清華

2011年2月10日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本の最高学府の双璧と言えば、東京大学と京都大学ということになるが、中国の双璧はどこかと中国の人に尋ねれば、誰もが迷わずに、“北京大学”と“清華大学”と答える。その歴史は前者が1898年に設立された“京師大学堂”、後者が1911年に設立された“清華学堂”を原点としており、今年、2011年の4月24日は清華大学の創立100周年の記念日に当たる。それでは、両校が大学としてどれほどの実力を誇っているのか。2011年1月17日に、民間の著名な大学評価機構である「中国校友会ネット」と人材専門紙『21世紀人材報』が発表した「2011年中国大学評価研究報告」をベースに検証してみよう。

「中国の幸福をもたらす大学ランキング」

 「2011年中国大学評価研究報告」の主題は、中国の各大学を総合的に評価したランキングであり、そのトップ10を示すと<表1>の通りである。これは各大学を各種分野にわたって100点満点で評価したものを合計した総合評点で順位付けしたものである。第1位の栄冠に輝いたのは総合評点100点の北京大学であり、惜しくも第2位に甘んじたのは96.18点の清華大学であり、両校は中国の最高学府の双璧としてその地位を不動のものとしている。第3位以下の各大学はいずれも名立たる名門大学であるが、第2位の清華大学と第3位の浙江大学の総合評点の差は実に40点もあり、中国の大学の中で北京大学と清華大学が飛びぬけた存在であることが見て取れる。

<表1> 2011年中国大学ランキング・トップ10

順位 学校名 所在地 類型 総合評点
1 北京大学 北京市 総合 100点
2 清華大学 北京市 理工 96.18
3 浙江大学 浙江省 総合 56.10
4 復旦大学 上海市 総合 55.57
5 南京大学 江蘇省 総合 42.90
6 上海交通大学 上海市 総合 42.52
7 武漢大学 湖北省 総合 39.37
8 中国人民大学 北京市 総合 36.61
9 華中科技大学 湖北省 理工 34.56
10 中山大学 広東省 総合 33.77

 上述のような大学評価ランキングだけならばありきたりの代物で、別に大した興味も引かないのだが、この報告には“2011中国造富大学排行(2011年中国の幸福をもたらす大学ランキング)”という興味深い研究報告が含まれている。中国語で“造富”とは読んで字の如しで、「富を造る」ということから転じて「金持ちになる」ということを意味する。そこで、どうして大学が「金持ちになる」につながるのかということになるが、名門大学を卒業したという事実が個人の知的能力の高さを示すと同時に、同じ大学の同窓生であることによる相互扶助が、実業の世界で大きな飛躍を遂げて富豪になる原動力となっているということなのだろう。

 さて、何事でもランキング好きの中国には「富豪ランキング」が何種類も存在する。その中で、有名なのは“胡潤百富榜(フージワーフ100富豪ランキング)”、“南方週末中国人物創富榜(新聞「南方週末」富豪ランキング)”、“新財富500富人榜(雑誌「新財富」500富豪ランキング)”、“中国校友会網中国創業富豪榜(中国校友会ネット中国創業富豪ランキング)”などであるが、これらランキングにランクインした富豪2460人を最終学歴で分類してみると<表2>の通りである。

<表2> 富豪の学歴構成

順位 学歴名称 富豪数 比率 資産額100億元以上の人数(2010年時点) トップの資産額(2010年時点)
1 博士 94人 3.82% 7人 360億元
2 修士
(含MBA)
588(含MBA:323) 23.90% 28人 360億元
3 学士 376 15.73% 27人 400億元
4 大学専科卒 427 17.44% 16人 800億元
5 高専卒以下 975 39.11% 32人 290億元

出所:1999年~2010年中国富豪ランキングから作成

 中国で“高等教育”に分類される“大学専科”<注1>以上の学歴を持つ人の合計は1485人で、全体の60.89%を占める。これを逆に見ると、中国語で“中専”と呼ばれる“中等職業学校(高専)”以下の学歴しかなくても富豪になっている人が975人もいて、全体の39.11%を占めていることを意味しているのである。

<注1>高等専門学校、高等職業学校などを指し、卒業までの期間は2~3年。卒業しても大学本科とは異なり、学位は授与されない。

コメント2件コメント/レビュー

「我が国の大学も優秀な人材の育成に全力を挙げて努力することが望まれるのだが、現実はどうなのだろうか。」最後に耳の痛い言葉です。国立大学の状況しか分かりませんが、現時点で30代後半以降とそれよち若い世代の教員間に大きな格差が存在します。「任期」です。若手教員には任期中に一定上の成果を求めます。その成果とは、ほとんどの場合、研究上の成果であり教育上の成果ではありません。教育上の成果はそもそも測りにくいものであると思いますが、人事のシステムとして研究に極端に依りすぎています。任期付きの教員は、任期終了後は自己責任で次のポストを探します。任期が付いていない教員は、定年まで降格人事もありません。これが現状であり、世代間格差が存在しています。(2011/02/14)

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「北京大学と清華大学、評価が高いのは?」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「我が国の大学も優秀な人材の育成に全力を挙げて努力することが望まれるのだが、現実はどうなのだろうか。」最後に耳の痛い言葉です。国立大学の状況しか分かりませんが、現時点で30代後半以降とそれよち若い世代の教員間に大きな格差が存在します。「任期」です。若手教員には任期中に一定上の成果を求めます。その成果とは、ほとんどの場合、研究上の成果であり教育上の成果ではありません。教育上の成果はそもそも測りにくいものであると思いますが、人事のシステムとして研究に極端に依りすぎています。任期付きの教員は、任期終了後は自己責任で次のポストを探します。任期が付いていない教員は、定年まで降格人事もありません。これが現状であり、世代間格差が存在しています。(2011/02/14)

日本の大学は変われるのでしょうか。当分の間無理ではないかと思います。米国の大学では、先生は本当に学生の教育に必死でした。学生につまらないと言われたら、クビにつながりますから。未だに高度成長期の幻を信じて生きている日本の大学の多くの先生方に必要なのは、永久就職先でないことをなくすことです。ろくでもない教員をクビにできるようなシステムが無いと駄目でしょう。(旧)国立大学でさえ、いかにも、公募して人材を募集しているような形をとっていますが、採用される人材は、事前に決まっているのが多いです。極端な場合、採用予定者に合わせて、募集しているのさえあります。落日の国家にふさわしい、採用方法ですね。中国は、昇竜の勢いがあり、生き馬の目を抜かれる厳しさがあるようです。そこと喧嘩しても難しいのかも。(2011/02/13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授