• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「物乞い子供」の写真が続々アップされている理由

根絶ほど遠い誘拐事件、始まった草の根救済運動

2011年2月16日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 北京の日本大使館や米国資本の高級ホテル「セント・レジス」などがある建国門街は心優しい金払いのいい外国人観光客が多いこともあってか、夕暮れには垢に汚れた子供の物乞いがいつも、何人かいた。

 しかし、私は彼らが近づくとひどくイライラして、焦った。一般に物乞いは組織化されていて、裏では黒社会的な人物が仕切っていることが多い。だから子供に同情して金をやっても、後ろで監視している「母親」役の大人か裏の物乞い組織のボスに吸い上げられるのは分かっている。かといって、か細い手を差し伸べてすがってくる子供を足蹴にすることもできない。どうしたらいいか分からなくなるからだ。

仲間の物乞いには身体障害者もいる

 それである日、「シーカイチェン(10元)、シーカイチェン」と声をあげて、まとわりつく男の子の垢だらけの腕をぐっと捕まえて、「あなたはいくつ? お父さんとお母さんはどこ?」と詰問したことがあった。2007年のクリスマスの頃だ。

 男の子はさすがに最初おびえていたが、そのあと、コンビニでアイスクリームを買ってやると、少し打ち解けて話すようになってきた。買い与えるものがアイスクリームだったのは理由がある。時間がたてば溶けてしまい、あとで物乞い組織の大人たちに巻き上げられることもないだろうから、と判断したからだ。ただ、今思えば凍えるような夕暮れ、もっと体の温まるものを買ってやればよかった。それでも彼は、白く霜のついたアイスクリームのカップに唇をくっつけるようなしぐさで喜びをにじませ、2、3の質問には答えてくれた。

 年齢を聞けば、5歳と答えた。故郷はどこかと聞けば河南(省)と答えた。とりあえず、そう答えろと教えられているのだろう。彼のなまりはどちらかと言えば、山東省なまりだ。私が彼と話しこんでいる様子を遠巻きに眺めている「母親」役について、「本当のお母さんか?」と聞けば違うと答えた。「なぜ、北京にきたの?」「おじさんが、北京で稼いでこいって」「おじさんって血がつながっているの?」「うん」「本当は学校に行く年じゃないの?」「…」

 そのあと、顔を見知りになって、会うたびに、アイスクリームやちょっとしたお菓子で釣って、聞き出したことを総合すると、彼は北京市内の撤去予定の空き家に大勢の仲間の物乞いたちと共同生活し、「老板(ラオバン=ボス)」と呼ばれる男の指示に従って、「母親」役とペアで建国門外界隈に物乞いに出ているのだという。

 彼は血のつながったおじさんから、家が貧乏だから両親を助けるために北京でお金を稼いでこいと言い含められて、その老板に預けられた。老板は「いい人」らしい。つまり虐待などはなく、可愛がってくれるようだ。彼は老板に褒められたくて、毎日物乞いしている。仲間の物乞いには身体障害者もいること、彼自身は農村の暮らしより、北京の暮らしを結構気に入っているようなことを言っていた。

 彼は意外に頭の回転がよく、おそらく本当は5歳より年を食っているだろう。外国人観光客にお菓子などをよく買ってもらっており、それが楽しいようだ。

 私はある時、遠巻きに私たちを見守っている「母親」役の女物乞いに聞こえないように、雅宝路の物乞い組織のアジトに案内してくれとか、老板に故郷から訪ねてきたおばさんといって会わせてくれないかとか、彼に交渉を持ちかけた。物乞い組織の正体を見極めたいと考えた。100元あげるよ、とささやくと、彼はその気になったようだが、結局その親子物乞いは春節前には姿を見かけなくなった。北京市が五輪に向けた市内の管理を強化し、ホームレスや物乞いたちは市外へと追い払われてしまったらしい。

コメント7

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「「物乞い子供」の写真が続々アップされている理由」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック