• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

もう一度、天安門事件が起きたら中国はどうなる?

温家宝首相の夢は閉ざされたのか

2011年2月17日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「加藤さん、中国の民主化はいつ実現するんですか?」

 2010年9月、尖閣諸島沖で中国漁船衝突事件が発生して以来、拠点としている北京から、日本に帰国する機会が格段に増えた。テレビや新聞、雑誌やラジオの前で、チャイナイシュー、チャイナファクターに関して、お話させていただいている。日本社会の中国への関心が高まっている。可能な限り現地の状況、生の声を理解しようと努める国民の姿勢は、オールジャパンで対中外交・交流を展開していく時代において、武器になる。

 多くの日本国民が「中国」の対応に困惑したに違いない。レアアースの対日輸出を制限し、青少年交流を含めた数々の民間外交を自らストップさせた。中国共産党は一体何を考えているのか。西安、成都、鄭州、重慶など内陸都市で「反日」デモが立て続けに発生した。中国国民は、特にデモに参加した若者たちは日本をどう思っているのか。

 日本の記者やインテリ、政府関係者などと、中国について頻繁に語り合うようになった。最も頻繁に聞かれるのが、冒頭の問題である。

 「2020年から2025年の間くらいじゃないですか」

 中国各界の人間と議論するなかで、また北京を中心に、日ごろ筆者が埋没している現場の空気を察知するなかで、このように直感している。でも、実際のところはまるっきり分からない。根拠なんて無い。主観的観測でしかない。

 「中国の民主化がいつかなんて、胡錦濤さんに聞いてくれ。まあ国家主席である彼にだって、いつ、どのタイミングで民主化しようかなんて、分からないよ。そもそも、彼は2012年に、少なくとも形式上は第一線から退く。偉大な民主化のプロセスを推進する責任を、胡さんは負っていない。そしておそらく、次期リーダーに『内定』している習近平さんも同じ境遇を迎える。すなわち、民主化にむけてのロードマップを明言することなどできない」。

 以上は、筆者のささやかな内心である。そもそも、何をもって「中国が民主化した」とみなすのだろうか。国家主席を国民の直接選挙によって決めることなのか。日本の国会に当たる全国人民代表大会(全人代)に、国民の意思を反映するチェック機能を持たせ、議院内閣制のようなシステムを構築することなのか。報道・言論の自由を認め、プロパガンダ政策を廃止することなのか。司法の独立を確立し、政治や暴力が法律やルールの上にはびこる現状を覆すことなのか。それとも、出版や宗教、集会や結社の自由を保障することなのか。

 中国で蓄積してきた経験から自信を持って主張したい。首脳部の中にもコンセンサスはない。ましてや、具体的な手順・ロードマップ--中国共産党における最大級の機密ドキュメント――なんて存在しない。

中国共産党は党主導による民主化のソフトランディングを狙っている

 前回コラム「中国共産党にとって最大のタブーとは? それは。。。」の最後で、「天安門事件」が後世に残した意味を問うた。この史実が、何を意味し、その後の中国民主化プロセスにどう影響しているのだろうか、という問題提起であった。

コメント15件コメント/レビュー

中国人と結婚した者です。夫は若かりし頃天安門事件に参加し、大学を追われました。今は天安門事件の事をあたかも若い頃の過ちとして遠くから眺めているような感じです。その後中国を出ましたが、共産党への視線は「あやうさがある中での綱渡り状態だ」とよく言っています。今回のコラムでより一層きっかけつぶしに躍起になる共産党の姿が理解できました。以前日本人の識者と夫で会食した際、日本の政治体制はと夫が話しただけで「選挙もない国のくせに言う資格もない」と言われ、同席の私自身もショックを受けました。選挙があるというだけで民主主義を謳歌していると言えるのでしょうか。共産党は自己の存在を肯定させようとするが為に必死に国内を安定させようとする、日本は選挙ありきで当選してしまえばマニフェストも約束されない。ただここで私はだから中国がいい日本がダメと言っているわけではないので誤解無きようにお願いします。でないと選挙ないくせにと言った識者と同じゼロサム思考に陥りますね。次のコラムを楽しみにしています。(2011/02/21)

「加藤嘉一の「脱中国論」現代中国を読み解く56のテーゼ」のバックナンバー

一覧

「もう一度、天安門事件が起きたら中国はどうなる?」の著者

加藤 嘉一

加藤 嘉一(かとう・よしかず)

国際コラムニスト

現在米ハーバード大学アジアセンターフェロー。世界経済フォーラムGlobal Shapers Community(GSC)メンバー。中国版ツイッター(新浪微博)のフォロワー数は150万以上。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

中国人と結婚した者です。夫は若かりし頃天安門事件に参加し、大学を追われました。今は天安門事件の事をあたかも若い頃の過ちとして遠くから眺めているような感じです。その後中国を出ましたが、共産党への視線は「あやうさがある中での綱渡り状態だ」とよく言っています。今回のコラムでより一層きっかけつぶしに躍起になる共産党の姿が理解できました。以前日本人の識者と夫で会食した際、日本の政治体制はと夫が話しただけで「選挙もない国のくせに言う資格もない」と言われ、同席の私自身もショックを受けました。選挙があるというだけで民主主義を謳歌していると言えるのでしょうか。共産党は自己の存在を肯定させようとするが為に必死に国内を安定させようとする、日本は選挙ありきで当選してしまえばマニフェストも約束されない。ただここで私はだから中国がいい日本がダメと言っているわけではないので誤解無きようにお願いします。でないと選挙ないくせにと言った識者と同じゼロサム思考に陥りますね。次のコラムを楽しみにしています。(2011/02/21)

民主化には時間がかかると思われるが、第二の天安門事件は10年以内に起こりうる可能性が高い。その理由は中国国内のインフレと不動産バブルの崩壊による経済的混乱による貧困層の不満が爆発すること。そして、公害による深刻な健康被害の著しい増加が政府に対する極めて大きな不満になる。中国共産党は綱渡りの内政をしていかなくてはならないだろう。(2011/02/21)

たぶん週末北京で発生したデモの件もあり、週明けにはコメントが殺到しているかもしれませんが、私が述べたいのは加藤さんが以前のコラムでも振れた香港のフェニックステレビです。▼というのは今回の一連の中東でのデモに関しての報道、そしてもちろん今回中国国内での一連の出来事に関しての報道はどうなのでしょうか?▼加藤さんは以前のコラムで「香港のフェニックステレビでさえ政府に妥協せざるを得ない」と述べておられますが、私はこの一見すると自由な立場であるようでいて、実際は政府にべったりの報道しかしないこのフェニックステレビ、相当いやらしく(腐臭すら漂ってきます、まじで)思っているのですが、実際はどうなのでしょうか?加藤さんはフェニックステレビにも出演していますし、ブログも提供しているようですが、ぜひご自身の意見を伺いたいものです。(2011/02/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長