• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

揺れ続ける中東情勢で、韓国が選んだカードは

第21回:トルコ市場にいち早く乗り込み橋頭保築く

2011年3月8日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 中東では、エジプトとチュニジアの政権が崩壊した。リビアやバーレーンなど14カ国でも反政府デモが起きており、民主化の嵐が吹き荒れている。中東情勢の険悪化を受けて中東経済は大混乱を招いており、現時点では先行きの予測が困難な状況である。

 日本では進出している日本企業の工場などに影響が出ていた。また、国内でもガソリン価格の高騰などの余波が、市民の生活にも及び始めている。では、韓国はどのような影響を受けているのだろうか。

 韓国と中東の経済関係を見てみよう。

 貿易では、2000年代以降、韓国製品の評価の高まりにより家電や自動車の対中東輸出が増えている。また、大型プロジェクトへの参画により鉄鋼も増加中だ。

 企業では、サムスン電子が、イランの携帯電話市場でトップシェアを握っている。ほかの中東諸国では首位のノキアに猛追する勢いだ。

 LG電子は、UAE(アラブ首長国連邦)、イラン、イラク、サウジアラビアの家電市場を席巻している。特にLCDテレビが好調で、イラク、レバノン、イスラエルでトップシェア。イスラム教の聖典コーランが朗読できる機能を追加したテレビも販売している。

 現代自動車は、ヨルダンとイスラエルでトップシェアを誇る。サウジアラビアとオマーンではトヨタに次ぐシェア2位。また、同グループ傘下の起亜が、シリアとイランでトップシェアである。

 一方、韓国が中東からの輸入に大きく依存しているのは、エネルギーだ。原油輸入総量の86.7%、LNG輸入総量の48.3%を中東に頼っている。

 投資面では、LG電子がサウジアラビアでエアコン工場(年産25万台)を運営している。同工場(リヤド)は、同国家電流通最大手イブラヒム・シャキル社との生産販売合弁法人(出資比率:LG49%)が建設した。LG電子は、サウジアラビアを拠点に中東エアコン市場のシェア拡大を図っている。

 また、イエメンにおいては、LGグループが5つの石油・ガス鉱区の権益を取得し、メジャー並みの探査・開発を行っている。

 しかし、中東民主化デモは、韓国と中東の経済関係にも悪影響を及ぼし始めている。

 例えば韓国の建設会社の中東での工事受注が、激減している。2011年1~2月の中東受注額は38億4079万ドルで、前年同期の211億1388万ドルの18%にしか過ぎない。海外受注額のうち中東が占める割合が2010年66%であることから、その影響は甚大といえる。

 そこで、韓国は中東での影響を最小限に抑えるべく、またリスクをチャンスに変えようとしてか、李明博(イ・ミョンバク)大統領が、3月12~14日にUAEを公式訪問する。UAEのハリファ・ビン・ザイド・ナハヤン大統領と首脳会談を行い、韓国企業の進出、エネルギー開発と原発建設、環境、保健など各分野の協力拡充プランを協議する予定だ。

中東市場のカギ握るトルコ

 こうした中東民主化ドミノ現象は、独裁に目をつぶることと引き換えに原油の安定確保を狙う米国と、「オスマン経済圏」構想を秘めるトルコの狙いを浮かび上がらせることとなった。

 これは、オスマントルコ帝国(1299年~1922年)を復活させるが如く、「オスマン経済圏」を構想するトルコの構想だ。オスマン帝国は、最盛期(1683年)には東西はアゼルバイジャンからモロッコに至り、南北はイエメンからウクライナ、ハンガリー、チェコスロバキア(1918年~1992年)に至る広大な領土を治めていた。

 トルコは、欧米やアラブ諸国としたたかな経済外交を展開している。一方、EU諸国や米国など世界各国は、トルコを中東と欧州の交差点として、経済拠点や外交拠点として注目し始めるようになった。

コメント0

「コリアン・グローバル・カンパニー ~韓国企業に学ぶな!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック