• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「デモ報道?」外国人記者を大量拘束

前代未聞、記者にも暴力、ウルムチ騒乱以来のマスコミ圧力

2011年3月9日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今年も、3月5日に北京で全人代(全国人民代表大会)が開幕した。私は2001年から2008年まで毎年、この中国の“国会もどき”を取材してきた。

 実際に政策の方向性は前年の党の中央委員会総会や各種工作会議などで決定済みなので、この場で新たに予想に反する大ニュースが明らかになる、ということはめったにない。せいぜい国防予算の伸び率が1ケタか2ケタか、というのが日本の新聞的に見出しが立つくらいだろう。

 しかし、それでも全国の指導者クラスが一堂に会し、会期中、毎日なんらかの会見やグループインタビューが行われ、普段接触できないような中央委員クラスの政治家たちにもぶら下がり取材ができるチャンスもあるので、北京に支局を置く外国の報道機関も総力を挙げて取材するのが慣例だ。

日本人記者8人含む15人以上を拘束

 だが、今年は少々趣が違う。各メディアとも、むしろ全人代そのものよりその周辺の警備の厳しさの方が、ニュース・バリューがあると見ているようだ。私が取材していた当時も、天安門広場周辺で発生する地方からの陳情者の抗議活動やそれを力づくで封じ込める公安警察の動きというのは、それなりに紙幅をもらった。全人代時期の治安は、2008年3月のラサ騒乱時の全人代のような例外的な年ももちろん過去にあった。

 だが、今年は何も起こってもいないのに、人民大会堂の外側がピリピリしている。フランス国際ラジオの華字サイトによれば、今年の中国の治安維持費予算はついに国防費予算(6011億元)を越えて6244億元(前年比24%増)に上るそうだが、この数字を裏付けるような厳戒体制が報道から伝わってくる。

 理由は言うまでもなく、2月20日以降、日曜ごとにネットで呼びかけられている「中国ジャスミン革命」集会である。6日の日曜日も全国30都市以上で集会が呼びかけられていたという。ドイツのワイヤーニュース・DPAが報じたところでは、この日、集会が呼びかけられた集合場所の1つとなった上海の映画館前では、日本人記者8人を含む15人以上の外国人記者らが一時拘束された。

 全人代期間中にそんなに大量の外国人記者が拘束されたのは前代未聞ではないか。しかも、例年なら上海の駐在記者は全人代取材応援のために北京に駆り出されているところだ。

 記者の拘束はその前の日曜の2月27日にも発生しており、上海と北京でDPA記者を含む16人が拘束され、王府井の集会を撮影しようとしたブルームバーグ記者が殴られるなどの事件も発生した。

日本の報道機関は圧力に対抗できるのか

 外国人記者がこのように次々拘束され、暴力を振るわれた事態は2009年新疆ウイグル自治区のウルムチの騒乱の取材以来だろう。ウルムチのケースは、犠牲者が多く出た騒乱が発生し事実上の戒厳令下にあったが、今回は繰り返すが、単なる集会の呼びかけであり、大陸で実際に集会が行われたという報道もない。

 さらに、中国外交部は今回、拘束された記者たちが所属する報道機関に対して、「今後も(起こっていない)集会の取材を続けるようであれば、ジャーナリスト・ビザ=通称Jビザ=更新を行わない」と圧力をかけてきたという。

コメント7件コメント/レビュー

ちょっと話はズレますが、「ニュースを取材するのではなくてニュースを作り出そうとするなら、それは記者ではない」という姿勢は、国内報道においても各マスコミさんで心して欲しいものです。(2011/03/09)

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「「デモ報道?」外国人記者を大量拘束」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ちょっと話はズレますが、「ニュースを取材するのではなくてニュースを作り出そうとするなら、それは記者ではない」という姿勢は、国内報道においても各マスコミさんで心して欲しいものです。(2011/03/09)

先日、ラサに行って警察国家化した中国の一端を目の当たりにした。報道の自由、国民の知る権利の確保は民主主義の基本原則である。民主主義を尊重せずに自由主義経済の国際的な果実のみを享受しようとしている中国には、国際的な対抗手段を講じなければならない時期にきているような気がする。余り手遅れにならないうちに。(2011/03/09)

先週の記者会をもっと詳しく書いてれば、中国の無茶苦茶さ加減が分かってもらえると思うんですが。姜姐さん、言うに事欠いて、法律持ち出して口実にするなとか、逆ギレ状態だったらしいじゃないですか?(2011/03/09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長