• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

バフェット氏が次に目をつけるのはどの企業か?

  • Bloomberg Businessweek

バックナンバー

2011年3月10日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Rita Nazareth(Bloomberg News記者)
Michael Tsang(Bloomberg News記者)

米国時間2011年3月3日更新「 What Will Warren Buffett Buy Next?

 米投資大手バークシャー・ハザウェイ(BRK.A)を率いるウォーレン・バフェット会長(80歳)は、400億ドル(約3兆3000億円)近い投資資金を持ち、大型買収の標的にふさわしい企業を探している。バフェット会長は2月26日付の株主宛年次書簡で、「象を倒せる巨大な銃に銃弾を詰め直した。私の指は引き金を引きたくてウズウズしている」と述べた。

 バフェット会長は株主向けの報告で、「私が通常、投資先として好むのは、分かりやすい事業を営み、7500万ドル(約62億円)以上の税引き前利益と安定した収益力、良好な株主資本利益率(ROE)を誇り、なおかつ債務がほとんどない企業だ」と述べている。同会長をはじめとする投資家は、過去の水準から見て割安な企業の株式を買おうとする。

 このところ同会長は買収戦略を変え、バークシャーは発電会社や鉄道会社など、インフラや設備投資に多額の資金が必要な「資本集約型企業」への投資に力を注いでいる。同会長のような投資家が買いたがるのは、過去の水準から見て割安な企業の株式だ。同会長は2010年、米鉄道大手バーリントン・ノーザン・サンタフェを265億ドル(約2兆2000億円)で買収した。これは同会長にとって過去最大規模の買収案件だ。同会長はこの記事に関するコメント要請には応じなかった。

バフェット会長の投資条件を満たす企業をピックアップ

 米メディア・情報サービス大手ブルームバーグの調査によれば、バフェット会長が株主宛の年次書簡で挙げた買収条件を満たす企業は45社ある。ビジネスジェット機メーカーのガルフストリームを傘下に持ち、エイブラムス戦車を製造する米防衛大手ゼネラル・ダイナミクス(GD)や、米原子力発電最大手エクセロン(EXC)、穀物世界最大手の米アーチャー・ダニエル・ミッドランド(ADM)などだ。

 米資産運用会社ジェームズ・インベストメント・リサーチ(オハイオ州ジーニア)のバリー・ジェームズ社長は「バフェット会長はおそらく、こうした企業を投資先として狙っているだろう。今後、防衛やエネルギー、農業分野が投資対象になるのは明らかだ」と語る。ジェームズ社長は25億ドル(約2000億円)の投資ファンドを運用している。

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長