• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日本食の「安心」が「恐怖」に変わるか?

中国、香港で広がる静かなパニック

  • 熊野 信一郎(香港支局)

バックナンバー

2011年3月21日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 地震から6日目の3月17日の夕方、香港のスーパーマーケットの様子がいつもと違う。売り場、そしてレジに並ぶ客の多さはまるで旧正月前のよう。溢れんばかりの商品をカートに詰め込んでいる客も目立つ。

 売り場にも異変があった。塩がない。隣の棚に山のように積まれた砂糖とは対照的だ。醤油も品薄になっている。米のコーナーには人だかりができている。目当ては日本米だ。「あきたこまち」などのブランド米が、次々にカートに放り込まれる。

 客に殺気立っている様子はないが、とにかく普段と客の数が違う。「マイルドなパニック」という表現が当てはまる。その発端は中国本土にあった。

 この日、中国では塩を求める客がスーパーなどに殺到する「パニック買い」が全土で見られた。ネットや口コミで「食塩中のヨウ素が放射性物質の健康被害を軽減する」「放射性物質で海が汚染されたため塩が不足する」といった科学的根拠のないデマが広がったためだ。塩分が多く含まれる醤油は、その連想として買われた模様だ。

 中国でも香港でも、店に殺到した消費者全てがデマを信じていたわけではないだろう。ただ、過去の経験からデマの威力をよく理解しているため、品不足や価格高騰を恐れとりあえず店に向かう。結果的に、それがパニックを増幅させる。

 塩の価格高騰を懸念する中国政府は、塩の充分な備蓄量をアピールし自制を求めている。自ずと、“塩騒動”はまもなく落ち着くだろう。ただ、日本にとって、さらに被災地にとっても深刻に考えなければならない問題が別に進行している。それが、日本の食に対する「恐怖」の広がりだ。

5ツ星ホテルが「日本の刺身は使わない」

 塩騒動の数日前から、香港では日本製の乳児向け粉ミルクを求める行列があちこちで生まれていた。日本製の乳幼児向製品を扱う専門店では連日の早朝からの行列が当たり前。便乗値上げも問題になっている。

香港の市街地にある日本製の乳幼児向け製品専門店。店内を見ると、粉ミルクの棚だけが空っぽになっていた

 中国、香港では日本製粉ミルクは圧倒的な人気を誇る。中国で粉ミルクのメラミン汚染事件があったこともあり、「安心・安全」「アジア人に向いている」といったイメージが定着している。

 信頼感があるからこそ、パニックを引き起こす。「放射性物質に汚染される」「日本製が入ってこなくなる」といったデマが広がったのだ。震災前に生産した製品を求めようとする消費者も多い。

 現時点では供給量や品質に問題がなく、デマが事実無根であるのは明白。ただ放っておけないのは、粉ミルクだけでなく「日本の食」全体に同じような反応が広がりつつあることだ。

コメント4件コメント/レビュー

廃油を下水からリサイクルして再度揚げ物に使っている中国人にしては滑稽です。報道も、「安全基準の300倍の検出」という報道はミスリードを招きやすい。安全基準の300倍=>危険が300倍とも受け取れる。安全基準はかなりのマージンを持って設定されているので(特に放射性物質については)、安全基準の定義をしっかり伝え、実質的に危険なレベルを伝えるべき。と言っても過去のデータは限られているが。こういうときこそ、菅さんが出てきて福島産のホウレン草や小松菜を食べ、牛乳を飲んで見せたらよいのでは。民主党政府の食事メニューに加えればよい。個人的には三陸産の海産物は好きなので、今後も食していくことに変わりはない。(2011/03/24)

「熊野信一郎のクロス・ボーダー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

廃油を下水からリサイクルして再度揚げ物に使っている中国人にしては滑稽です。報道も、「安全基準の300倍の検出」という報道はミスリードを招きやすい。安全基準の300倍=>危険が300倍とも受け取れる。安全基準はかなりのマージンを持って設定されているので(特に放射性物質については)、安全基準の定義をしっかり伝え、実質的に危険なレベルを伝えるべき。と言っても過去のデータは限られているが。こういうときこそ、菅さんが出てきて福島産のホウレン草や小松菜を食べ、牛乳を飲んで見せたらよいのでは。民主党政府の食事メニューに加えればよい。個人的には三陸産の海産物は好きなので、今後も食していくことに変わりはない。(2011/03/24)

コメントにも誤った風評に惑わされている方がいるようだが、少なくとも現時点で福島原発敷地での測定値をのぞき、健康に有為な影響を及ぼす測定結果は出ていない。飛行機の国際便に搭乗した時の被曝量が80μCv/h、ラジウム温泉の被曝量が1~15μCv/h、福島県各地での観測量より普通に多いのに、平気で海外旅行や温泉旅行を楽しんでいたのに、この程度の放射線量で何を騒ぐのかと苦笑するほかない■可能性はかなり低いが、今後思いもよらない致命的な現象で、原発から20km県内で1mCv/hが定常的に観測されるような事態でも起これば別だが、今の時点で福島産の食物による健康被害を気にするなら、交通事故を気にして車に載らない方がいい。事故率の方が健康被害の発生率より高い■というような内容を、具体的な数値を基にして、福島産農畜産物、海産物が寿命に影響することはない、普段通りの生活でもちょっとした不運で遭う被害の可能性を上回ることはないと、きちんとした記事を日経にはお願いしたい■以前と同じように日本の食材を買い、食べ、素晴らしさをアピールする――というより、以前の食生活をそのまま進め、報道の風評に踊らされないことは、復興支援にもなるだけでなく、日本人の冷静さによって更に海外からの賞賛を集めることにもなり、今後の日本にとって間違いなくプラスになると思う■少なくとも現状の、報道による風評被害の深刻さは、日本の報道関係者の無知と無能と、それを棚上げにして東電や政府をやり玉にあげて悦にいる姿勢によるものだ。強く非難したい。   …ただし、招聘された学者諸氏を除く。科学者とは可能性がゼロでない事象は断言できない人種であり、現象以上に強く意思をもって語れる人物は稀有にならざるを得ない職業なわけで。(2011/03/23)

私は関西在住で三陸の水産物を好んでみつけては買っていました。これからも買うつもりです。三陸の海は別に汚染されてません。問題は福島県ではないのですか。香港の人や本土の人達に間違えた情報ですと教えたい。それに原発コントロール不全といっても70年代の原子炉で傷が多いのはMSNニュースのイスラエルによると当たり前だそうだから、マグニチュウド9による津波被害であそこまで協力して修理しょうとしている姿は日本以外の国ではない。もっと汚染させる国は情報公開してないと思う。携帯の様に気軽に汚染度を測れる簡単で小さい携帯用汚染計測器をつくれば大ヒット間違いなし!日本の食糧の汚染度も買う時測って真実がわかるのだ!(2011/03/23)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長