• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

代替エネルギーによる発電も“巨人の国”流

クリーンテック先進国アメリカの実情(発電技術編)

2011年4月13日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本は今、東日本大震災に伴って起きた原子力発電所の事故によって、深刻な電力不足に陥っている。そのため、地球温暖化問題などで注目され始めていた太陽光や風力などの再生可能な代替エネルギーに対する関心が一段と高まり、原発に代わって安全な再生可能エネルギーによる発電を求める声も強まっていると聞く。

 ここアメリカでは日本よりも先に再生可能エネルギーが注目された。シリコンバレーでは2006年ごろから、いわゆるクリーンテックのベンチャー企業への投資が増え始め、2008年のピーク時の投資総額は20億ドル弱(約1700億円)に上った。石油で潤うテキサス州の出身でオイル業界に甘いと言われたブッシュからオバマに政権が代わって以降、再生可能エネルギー産業は全体的に勢いを増している。

クリーンテック:天然資源の消費や大気への温暖化ガス排出、廃棄物を減らすことができる、風力や太陽光といった再生可能な資源を生かした発電技術。さらにそれによって発電した電力を流すスマートグリッド(次世代電力網)や、住宅、ビル、新交通システム、さらには水や廃棄物処理までも含む一連の環境ビジネスを指す。

 しかし、技術的にもコスト的にも、太陽光などの再生可能エネルギーによる発電が従来の発電方式に取って代わるものなら、すでにそうなっているはず。なのに、いまだにちょっと石油や天然ガスの価格が下がると、勢いがすぐにしぼんでしまう。代替エネルギーとして「どれが良い・悪い」というイデオロギー的な是非論ではなく、「商売」の観点から見て、どう考えるべきなのだろうか。

 そこで、今回はシリコンバレーを中心とするアメリカの「電力問題への挑戦」について、シリコンバレーのクリーンテックベンチャーのコンサルタント会社、Cando Advisorsの安藤千春さんと阪口幸雄さん(ブログはこちら)のお2人にお話をうかがった。その模様を「代替発電技術編」と「節電・送電技術編」の2回に分けてリポートする。

アメリカの主役は風と太陽

 アメリカの現在の発電状況をエネルギーの種類別に見ると、石炭と天然ガスが7割を占め、原子力も2割に上る。「再生可能エネルギー」は少々増えているものの、まだ4%にすぎない。石油はもっぱら自動車のガソリンに回すためか、発電にはほとんど使われていない。

出典:EIA資料をもとに阪口幸雄さんが作成(阪口幸雄さんブログ
画像のクリックで拡大表示

 「自動車や飛行機を動かすための液体燃料としては、エタノールをはじめとするバイオ燃料などもありますが、実際には現在でも石油がほとんど唯一の有効な動力源です。それに対して、電気はその土地の特性に応じて、さまざまな材料から作ることができます」と安藤さんは語る。

Cando Advisorsの安藤千春さん(左)と阪口幸雄さん(写真:海部美知)

 アメリカでは、再生可能エネルギーの大部分を「風力」と「太陽」が占めている。バイオマスや海洋波、地熱などもあるが、そのウェートは小さい。「太陽」はさらに「太陽熱発電」と「太陽光発電」に分けられる。

 「現在商業化している発電技術のうち、技術革新のポテンシャルが最も高いのが太陽光発電でしょう。火力、水力、原子力、風力、太陽熱など、ほかのすべての発電技術が『タービンを回して電気を発生させる』というメカニカルな仕組みを持つのに対して、太陽光だけは、光起電力効果を使った可動部分のない仕組みです。そのため、半導体のように急速な技術革新でコストを下げることが期待できます」と安藤さんは続ける。

光起電力効果:物質に光 を照射することで起電力が発生する現象。

コメント10

「Tech MomのNew Wave from Silicon Valley」のバックナンバー

一覧

「代替エネルギーによる発電も“巨人の国”流」の著者

海部 美知

海部 美知(かいふ・みち)

エノテック・コンサルティングCEO

ホンダ、NTT、米ベンチャー企業を経て、1998年にエノテック・コンサルティングを設立。米国と日本の通信・IT(情報技術)・新技術に関する調査・戦略提案・提携斡旋などを手がける。シリコンバレー在住。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

高齢者に配るお金はあるが、少子化対策のお金はないと言うのは、おかしいでしょう。

小泉 進次郎 衆院議員