• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

今のチェルノブイリを歩いてみた

“レベル7”から25年、観光地化した惨劇の地

2011年4月18日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 福島原発事故の国際評価尺度が「レベル7」に引き上げられた。これで福島原発事故はその深刻さにおいて、これまで史上最悪とされてきたチェルノブイリ原発事故と並んだことになる。

 4月26日、チェルノブイリ原発事故は25周年を迎える。その1月前の3月26日、事故から25年が過ぎたチェルノブイリをこの目で見ようとウクライナを訪れた。そこには、今も事故の記憶を抱えながら原発と共存していかなければならない、苦悩する人々の姿があった。

観光バスで行くチェルノブイリツアー

 ウクライナの首都キエフを訪れる観光客の間で、ここ数年、ちょっとした人気を集めている観光ツアーがある。チェルノブイリ原発の事故現場を訪れる日帰りツアーだ。キエフからバスに揺られること約2時間半。原発施設内の食堂で食べるランチ込みで150~160ドルという手軽さが受けている。

 記者が訪れた日も、欧州各国から訪れた外国人観光客を中心に45人が2台のバスに分乗して、爆発を起こしたチェルノブイリ原発4号炉を目指した。雪が降る中、集合場所のホテル前に停車した車内で1時間ほど待たされ、バスが動き始めた時には歓声が上がった。

 車内に流れるビデオ映像には、白い防護服を着た男性2人が、放射線量を測定するガイガーカウンターを片手に、おどけながら事故現場を案内する姿が映し出されていた。その後には、事故の深刻さを伝える当時の映像を使った検証ビデオも放映された。このコントラストは、現場の復旧ぶりをアピールするための演出なのだろう。

ガイガーカウンターが売り切れ続出

 チェルノブイリ原発の事故現場を訪れるにあたり、やはり気になるのが放射線だ。

 事故現場を管理するウクライナ非常事態省のゲナーディ・ボブロー副局長は、「滞在時間やルートは限られているので安全だ。1日のツアーで浴びる放射線量は、せいぜい3マイクロシーベルト」と説明するが、やはりこの目で確認したい。そこで、放射線量を測定するガイガーカウンターをツアー会社に事前に発注し、バスに乗る前に受け取る約束をしていた。ところが、用意されていなかった。

 担当者に聞けば、サプライヤーに頼んでも、あと1週間は手に入らないほど品薄状態が続いているとのことだ。福島原発事故の後、在庫のほとんどが日本向けに出荷されているのだという。

 いつもなら、ガイガーカウンターはホームセンターで手に入るほど、ここキエフでは一般的な商品のようだ。あるキエフ在住の女性は、最近、部屋の模様替えで新たな棚を購入した際、そこで使われている木材が放射能に汚染されていないか、ガイガーカウンターで測定したという。チェルノブイリ原発事故の教訓から、キエフでは放射能の危険から身を守ろうと、自宅にガイガーカウンターを常備している市民も少なくないという。

現場まで18キロメートル、東京の放射線量とほぼ同じ

 仕方がないので、ガイガーカウンターは現地に到着した時に借りることにした。

 キエフ市内を出発してから約2時間、4号炉から30キロメートルの地点に到着した。ここから先は現在も立ち入り禁止区域に指定され、一般市民の居住は許されていない。つまり、先に進むには政府の許可が必要だ。といっても複雑な手続きは必要なく、事前に旅行会社に伝えておいたパスポート情報と照らして、本人確認を受けるだけで済む。

 昨年12月、政府はこうした観光ツアーを正式に許可した。それまでは、研究者やジャーナリスト、カメラマンなどにしか許可を与えていなかったが、既になし崩し的に観光ツアーが組まれるようになっており、事実上、政府が追認した格好だ。

コメント31件コメント/レビュー

はっきり言って、古い二番煎じ他の雑誌が既に殆ど同様の記事を1年以上前に掲載している。余りにも類似しすぎている。もっと記事を掲載する記者は過去の類似記事が無いかを充分にチェックすべき。(2011/05/10)

「大竹剛のロンドン万華鏡」のバックナンバー

一覧

「今のチェルノブイリを歩いてみた」の著者

大竹 剛

大竹 剛(おおたけ・つよし)

日経ビジネス記者

2008年9月から2014年3月までロンドン支局特派員。2014年4月から東京に戻り、流通・サービス業を中心に取材中

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

はっきり言って、古い二番煎じ他の雑誌が既に殆ど同様の記事を1年以上前に掲載している。余りにも類似しすぎている。もっと記事を掲載する記者は過去の類似記事が無いかを充分にチェックすべき。(2011/05/10)

>「現場まで18キロメートル、東京の放射線量とほぼ同じ」このような書き方は、チェルノブイリの周辺地区はそれほど放射線量は高くないという意味で著者の方は書かれたのでしょうが、センセーショナルな記事を好むメディアや海外翻訳家は、”東京の放射線量はチェルノブイリ周辺と同じ”というような訳文をつくります。影響力のあるライターの方々においては、つねに誤訳の標的にさらされているという意識のもとに、誤解の余地を与えないような書き方を心がけて欲しいです。またチェルノブイリの周辺地区の線量の低さを、平常時でない東京の数値と比較して表現するというやり方も納得いきません。0.12mS/hという数値がいつの時点の数値を参考にしているのか記事内において明確にして欲しかったです。(2011/04/23)

原発がコストパフォーマンスに優れるとは聞いて厭きれる。推進派の人々は事故は発生しないと言い続け、増やしてきたが、現に遠い外国ではなく、国内で発生してしまった。それでも推進を言明するタヌキ大臣もいるが…(もはや害悪でしかない)。建設コスト、燃料コスト、運用にかかるコスト、燃料の廃棄にかかるコスト、事故の場合にかかるコスト、補償コスト、廃炉にかかるコスト、そして何よりも通常運用時や事故時に発生する人命に関わるリスクの大きさ。電力の安定供給?それとのトレードオフでこれら全てを背負わなければならない。コスト部分は全て電気料金に転嫁。核燃料の廃棄など何万年レベル。財政赤字を将来のツケに回さないようにと言うのなら、この危険物質の廃棄処理のリスクを将来に回すのはどうなんだ?(2011/04/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長