• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

米ディズニーが上海にテーマパークを開設へ

中国人の好みを取り入れる!

  • Bloomberg Businessweek

バックナンバー

2011年5月9日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Ronald Grover(Bloomberg Businessweekメディア・娯楽担当記者、ロサンゼルス)
Stephanie Wong(Bloomberg News記者)
Wendy Leung(Bloomberg News記者)

米国時間2011年4月14日更新「 Disney Gets a Second Chance in China

 中国・上海で4月8日、上海ディズニー・リゾートの着工式典が開催された。その光景は、従来のディズニー・リゾートとはずいぶん異なっていた。出席した上海の児童らが、ディズニー映画『ピノキオ』の主題歌「星に願いを」を標準中国語で歌い、ミッキーマウスが、幸運を表す赤い中国伝統服を着ていた。米ディズニー(DIS)は様々な面で、世界最大の人口を誇る中国人の好みに配慮したのだ。

 中国本土で初めてのディズニーのテーマパークを開設するに当たって、同社が中国人向けの趣向を凝らしているのにはわけがある。香港ディズニーランドの轍を踏まないようにしたかったのだ。開園した当初、予想以上の来園者が殺到。アトラクションや設備に加えて、飲食サービスも不十分で、来園した顧客は不満を募らせる結果となった。その時の悪影響が今も尾を引いている。

 ディズニーが47%の所有権を持つ香港ディズニーランドの事業は拡大しており、2010年10月期の入園者数は13%増えた。しかし、損益は9230万ドル(約76億円)の赤字となった。

中国の2000億ドル市場を取り込め

 ディズニーのロバート・A・アイガーCEO(最高経営責任者)は「当社は香港ディズニーランドから多くの教訓を得た。上海では、テーマパーク建設地から車で3時間の圏内に3億人が住んでおり、莫大な商機がある。我々は来園者の規模や動向を把握し、抜かりなく対応する必要がある」と語る。

 ディズニーは、上海ディズニーリゾートの運営会社の株式の43%を持つ。残りの株式は中国国営企業3社が保有する。ディズニーは「中国の中流階級の旅行レジャー需要は2015年までに、年間2000億ドル(約16兆5000億円)に拡大する」と見込んでいる。総面積963エーカーの上海ディズニーリゾートに19億ドル(約1600億円)を投資し、拡大する中国の中所得層の市場獲得を目指す。ディズニーは、同社のキャラクターの魅力とテーマパーク運営に関する55年の蓄積ノウハウが、中国文化圏でも通用すると期待している。

コメント1

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本全体として若い世代にもっと所得の分配をしていくべきだと思う。

川野 幸夫 ヤオコー 会長