• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

中国版ツイッターの「新浪微博」が中国を変える

2011年5月12日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2010年10月29日深夜、筆者は、広東省の南端、香港への入り口である深圳市にいた。何人かの仲間とグランドハイアットホテルの最上階にあるバーで、ウォッカを飲みまくっていた。

 数時間前、『新週刊(New Weekly Magazine)』――中国で最も影響力のある週刊誌――が「時代の騎士」を発表したばかりであった。同賞は、中国社会の長期的発展に知識・文化面で貢献した10人に贈る国民栄誉賞である。新週刊が毎年実施している。各界の著名人、専門家の推薦、そして国民投票によって受賞者を選ぶ。幸い、筆者も受賞することができた。

 中国における筆者の活動を、日ごろから見守ってくれている文化人、企業家、ジャーナリストたちがいる。彼らのエールなしには、筆者の声は中国人民には届かない。アウェーで闘うとはそういうものだ。

 そんな理解者の一人で、筆者とともに「時代の騎士」を受賞した曹国偉(Charles Chao)の姿もその場にあった。同氏は、中国最大のポータルサイト新浪SINAのCEOを務める。彼の受賞理由はまぎれもなく「新浪微博(シンランウェイボー)」つまり中国版ツイッターを開発し、普及させたことにあった。

 同席していたひとりの文化人がこう語った。「中国革命はウェイボーから始まるんだ。ウェイボーを使えば、いつでも、どこからでも、情報を発信しあい、共有しあえる。そのインパクトは、中国においてこそ最大となる。特に共産党当局のガバナンスにとっては脅威となる。政治的インパクトはすさまじい」

 筆者を含めた全員が酔っ払っていた。時間は午前3時を回っていた。

急速に拡大したウェイボーのユーザー

 新浪が2010年12月31日に公表した財務報告によれば、同社の純2010年の収入は4026億ドル、前年度比で12%の成長であった。その中で、ウェイボーのユーザー数は25倍に拡大し1億人を突破した。

 紆余曲折は予想されるが、ウェイボーのユーザー数は確実に増えていくであろう。その予備軍として、5億人を超えるインターネットユーザーと、9億人に迫る携帯電話ユーザーがいる。2011年5月現在、ウェイボーでつぶやくユーザーの約半分がiPhoneなど携帯電話から直接発信している、というデータもある。

 曹国偉は、ウェイボーをこうと説明する。「米国におけるTwitterとFacebookを組み合わせたようなソーシャルネットワークメディア。気軽につぶやきあう機能もあれば、身内の間の限られたネットワーキングも可能なスペースに設定してある」。

コメント2

「加藤嘉一の「脱中国論」現代中国を読み解く56のテーゼ」のバックナンバー

一覧

「中国版ツイッターの「新浪微博」が中国を変える」の著者

加藤 嘉一

加藤 嘉一(かとう・よしかず)

国際コラムニスト

現在米ハーバード大学アジアセンターフェロー。世界経済フォーラムGlobal Shapers Community(GSC)メンバー。中国版ツイッター(新浪微博)のフォロワー数は150万以上。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官